TETSU JUKU

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

漢字を使えば良いことあるぞ

今年の中1は漢字を嫌う生徒が多いのですよ。漢字使うよに授業の度に指示しています。漢字を書こうとすれば思い出す必要があります。その時が大切で、思い出すときに記憶が強化されるのです。ですから間違えてもいいのです。思い出すことが大切です。思い出せ…

学校に提出する面倒くさい地図を意味のあるものに変える方法

毎年やってくる「自宅から学校までの略地図」もう皆さん提出されましたでしょうか。この地図を描くのは本当に面倒ですよね。実は僕は中学生の頃はこの地図を自分で描いていました。母は忙しいし町の様子が分からないということもあって、地図を描くことを大…

生徒を変える授業

随分と前のこと、TETSU塾を開く前に体験授業を開いた。無名の塾なのに割と各学年割と集まってもらって盛況だった。いろんな生徒がやって来た。転塾を考えている生徒、塾が初めての生徒、成績の良い生徒も悪い生徒もいた。その中に相当やんちゃ坊主の顔つきの…

心構えで差がついている

授業前「今日のテストは何点で合格ですか?」と中1の生徒が尋ねてきた。(ちにみに、確認テストは満点合格伝えている)正直なところ、この質問には腹がたつ。なぜか?それはこの一言に勉強に対するいい加減な姿勢が表れているからだ。満点なんかどうでもいい…

内申点の上げ方とは

今日、ツイッターで予備校の先生が次のようなツイートをしていました。 ①字はなるべく丁寧に書く ②授業中は姿勢良くし、うなずく ③先生の目をみて微笑む という三点を実践するだけで、内申は確実に上がります。 さて、みなさん、いかがでしょうか…。これは本…

次女が大学を卒業

今日の記事は極めて私的な内容ですが、次女が先日大学を卒業しました。大阪芸大の日本画コースを修了したのです。 昨日は、大学まで彼女の卒業制作やこれまでに描いた絵画を引き取りに行ってきました。自分自身は芸術とは程遠いことろで生きてきたのですが、…

桜を見て思ったこと

桜の花が開き始めています。早くも満開近い木もあれば、まだ蕾の段階の木もあります。不思議なことに、同じ場所に植わっているのに木によって咲くタイミングは違いますよね。微妙に日当たりや風の通りが違って温度が違うのでしょうね。あるいは木そのものの…

塾に行ったら知ってる先生が全然いなかった…

新しい学年が始まって塾に行くと「知ってる先生が全然いなくなっていた。」もしこんなことがあればどう思いますか?「好きな先生が一人いなくなった」ではないのです。ごそっと先生が変わってしまうのです。「そんなバカな」と思われるでしょうが、大手塾で…

吉野は相当魅力的

入試も全て終わり落ち着いたので、ぶらぶらと花見を兼ねて神社を巡って来た。お約束の御所市の九品寺から吉野へというルートを取った。 九品寺は葛城山のふもと葛城古道にある。境内はそれほど広くないが立派なお寺で桜も美しい。周辺の田畑には彼岸花も多く…

公立高校の合格発表、どうしてそんなにかかるんだ?

公立一般入試があったのは3月11日(木)4日前だ。発表は3月17日(水)明後日だ。入試から6日後である。どうしてこれほどまでにかかるのだろうか…。どこの府県もだいたい1週間前後はかかっているようだ。きっちりと丁寧な仕事をするためにはある程度の時間が…

参考書が使えると有利だ

参考書はあった方がいいし中学生のうちから慣れておくべきだと思う。成績が標準以上であれば是非活用してもらいたい。塾に通っていても家庭教師が付いていても、教えてもらう時間以外に自身で勉要する時間が必要だ。その時に頼りになるのが参考書だ。参考書…

風は参拝歓迎のサイン

私は通勤にはR168を利用している。富雄川沿いのルートもあるのだが、山の景色が好きなので、R168を走ることが多い。すると王寺町を通過することになるんだが、王寺町から少し西にそれると三郷町がある。5分ほど走ればよい。だから、出勤時に龍田大社に立ち寄…

「うっせいわ」を聞いてみた

話題の「うっせいわ」を聞いてみた。どうやらママたちが子供に聞かせたくないということで話題になっているようだ。それで興味が湧いてきた。 歌詞を聞いていると言いたいことはよくわかる。若い時には誰しも思うことだし、多くの共感を集めることもできるだ…

紙飛行機も折れないとは…

今日の小6の算数の授業で、折り紙を3回折った後で角をハサミで切ったときの面積を求める問題があり、なかなか難しいので実際に折り紙を使って解決をした。 せっかく折り紙を出したので、生徒たちに鶴を折るように指示をしてみたが、残念ながら、まったく折れ…

進学塾TETSU 新入生・春期講習生募集

現在、進学塾TETSUでは新入生および春期講習生を募集しております。実はホームページ作成ソフトの不具合でホームページを更新できなくなっております。ホームページを見ることはできますので基本情報を確認することはできるのですが、最新情報を上げることが…

昔話を知らない生徒たち

様々なことが時代とともに変化しているので仕方がないのですが、残念に思ことも多いですね。最近の子供たてちは日本昔話を知らないのですよ。知っている昔話のタイトルを上げさせると、「浦島太郎」「桃太郎」「かぐや姫」、この辺はだれでもすぐに上げるの…

先生視点の傲慢なQ&A

先生視点の傲慢なQ&A Q1 先生、勉強の仕方がわからないのですが A1 それは勉強不足だね。勉強をたくさんすれば、自分に合った勉強方法が見つかるし、いい勉強とダメな勉強の違いも分かるようになる。そういうものだ。 Q2 先生、ややこしいことが区別でな…

全員合格は本当か?

奈良私立高校の入試は既に終わり、今日は京阪神私立高校の入試日です。 2月18日には公立特色選抜入試があり、そのうち高専入試もあり、3月11日は公立一般入試です。ということで高校入試は始まったばかりです。 さて、この時期はいろいろな塾が「私立高校全…

合格祈願に行ってきました

本日は1月31日(日)です。 奈良私立入試まであと6日となりました。僅か6日ですが、あと6日もあります。気持ちの持ちようで、時間の使い方も集中力も相当違いますから、とにかく前向きに過ごしてもらいたいものです。大切なのはNever GIve Up!!!これしかあり…

英語で高得点を取るために

定期考査や入試で高得点を取るためには、英作文系の問題がきっちりとできないといけない。だから、私は普段の授業で絶えず英作文をさせている。しかも、完全英作文が中心だ。基本文かた応用まで様々なレベルの英作文をさせる。しかし、英作文の問題も次の通…

「あつ森」がスタートでも良い

先日の小6の授業で深海魚の説明をしていたのですが、その時の会話です。 先生:リュウグウノツカイって知ってるか? 生徒:あつ森で釣った。*あつ森:ゲームソフト 今の生徒らしいですね。(笑) どうもこの「あつ森」というゲームはかなり詳しくいろいろな…

やる気スイッチとは…

忙しいので本日反応が多かったツイートをあげておきます。 やる気スイッチと言う前に、生活リズムを整えたり、正しい姿勢で座ったり、えんぴつをしっかり握るということが大切で、それがやる気スイッチかもしれない。 進学塾TETSU/奈良市鳥見町1-2-11/とり…

六等星の医師の話(再掲)

本日も再掲です。約1年ほど前の記事です。 ************************************** 手塚治虫の傑作「ブラックジャック」に『六等星』という物語がある。大きな病院に勤めるベテランの外科医だが、非常に地味で全く目…

入試前に親ができることは...(再掲)

以下3年前の記事です。同じことを書くのも勿体ないので、再掲しました。 ************************************** 奈良県内の私立高校入試まであと19日となりました。益々緊張感が高まる時期ですが、不安なのは生徒だ…

本当の難問などそれほどない

難しいのではなく、知らないだけ 難しいのではなく、ややこしいだけ 難しいのではなく、考えていないだけ 難しいのではなく、問題を読んでいないだけ 難しいのではなく、勘違いしているだけ 難しいのではなく、基礎が分かっていないだけ 難しいのではなく、…

This is a pen.から思うこと

This is a pen.などとは日常生活で言うことは無い。不自然だ。こんな不自然なことを教えているから日本の英語教育はダメなんだ。という論調あるいは似たような論調の意見によく出合います。そのへの文化人とか批判的なインテリの人が好むような意見ですが、…

雪の龍田大社

昨日の朝は久しぶりに雪でした。いつも見ている景色が少し雪が積もるだけでごろっと違って見えますから、面白いものです。せっかくなので出勤前に三郷町にある龍田大社に参り、雪の頂いたお社を写真に収めてきました。参道にも5センチほどは積もっていたと思…

危険な幼稚なユーモアセンス

先日「吉田沙保里もコロナには勝てない…」と言った内容のツイートを見てむしょうに腹が立ちました。しかも、どこかの塾の先生だから、更に腹が立ったのです。「あの強い吉田沙保里でさえコロナに勝てないのだから、誰もがかかる危険性があるので注意しましょ…

ブラックジャックから学ぶ仕事の仕方

ブラックジャック「はるかなる国から」 この話は打算的に患者を選ぶ医者の話である。心臓の難病を治療するためにスウェーデンから日本の大病院の大教授のもともに患者がやってくる。マスコミもこの手術には大注目で、成功すれば医者としての権威は更にが上が…

書店を歩き回ると刺激がある

誰にでもスランプがあり物事が上手くいかなかったり、頭も全く冴えずアイディアが全く浮かばずにもやもやすることがある。こんな時はじっとしていてはいけない。自室に閉じこもったり、いつもと同じ行動をとっていてもダメだ。いろいろと変化をつけ刺激を与…