teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

宿題の丸写しを見つけられないのは誤診をするヤブ医者と同じだと思う

 普段の生徒の学力や様子を考えれば、宿題を丸写ししているか、適当にやっているか、だれかに尋ねたのかは、普通分かりますし、わからない方が不自然ですしおかしいですね。しかし、実際はとんでもないことがおこっているようです。数ヶ月以上もの間宿題の丸写しに気づかれずに放置されていたという話を聞いたことがあります。本当にその先生はボンクラというか、基本的に先生失格ですよね。医者の世界なら誤診を犯すようなとんでもないレベルの医者ですよね。生徒のノートを見たことがなかったのでしょうか…でもノートをみなくても、宿題をやっていないと肝心の内容が定着しないので普通はわかりますけどね。本当に理解に苦しみますね。やる気がないとしか思えませんね。で問題はですね、こういうことは先生個人の問題であればまだ良いのですが、その塾の風土である可能性があるのです。宿題の丸写しを見つけたり、指導しないという風土かもしれませんよ。塾には塾の空気や風土があります。同じ塾でも教室や校舎によっても違うものです。そこの代表が作り出す空気・風土がありますからね。一層具合が悪いですね。

 ということなんですよ。うまくまとめられませんが、無責任に終わります。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/とりみ通り/高校受験/小5~中3

現在、新入生を募集しています。お気軽にお問い合わせください。