teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

粘り強く指導を続けないと

 当然ですが、勉強するときは取り掛かる教材は机の中心に置くものです。しかし、たまに見かけるのですが、不思議と机の端っこに教材をおいている生徒がいます。当然、座る姿勢が崩れますから、書く文字が汚くなったり歪んだりします。もちろん、座り方もおかしくなりますから、集中力がすぐに途切れてしまいます。たぶんこのような生徒は学校でも、家でも何をするにしてもそういう不自然な状態や姿勢になっているはずです。本人にとっては癖になっていますから、気づいていないのですが、これは周りの大人が矯正してあげないといけません。目にするたびに注意し直してやらないと、いつまでたっても治りませんし、その弊害が益々大きくなってくるものです。もちろん、その弊害は学力に現れますから、放置してはいけないのです。でも、注意してもなかなか聞かないのですよね。折れずに何度も何度も注意し続けることが必要です。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾tetsu/奈良市富雄/0742-51-6400