teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

「こじつけも」大事

right(右)とlight(光)を間違える生徒は多いです、また覚えてもすぐに混乱する生徒もいます。このrlの間違いや混乱は他の単語でも頻繁に見られます。このパターンはrlの形を何かのイメージに結びつけたりすることで解決できます。

 

例えば、

rはご覧の通り上の部分が右に曲がっています。ですから、rightは右なのです。

lはまっすぐ立っています。光はまっすぐに飛びます。だからlightは光となるのです。

 

 このように、どうしても覚えられないときは「こじつけ」を使うといいですよね。だれしも、いくつかは「こじつけ」をもっているものです。「こじつけ」を否定する人もいますが、印象が強くなり覚えられるのですから、価値があると思います。また、「こじつけ」をたくさん持っているということはたくさん勉強をしているということであり、こじつける力も学力の一部なのです。

 先日、中2の授業ではこの「こじつけ」の大切さを語り、私が持っている上記のような「こじつけ」をいろいろ披露しました。「こじつけ」

 

にもいろいろなパターンがあるということがわかり、なかなか良い刺激になったのではないでしょうか。

 

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/電話0742-51-6400

現在、入塾生募集しています。お気軽にお問い合わせください。