teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

子供は誰を尊敬しているのか

 尊敬できる人の存在が子供の人格形成や将来の目標を設定する上で、たいへん重要である。やはり尊敬する人からの影響は絶大で、知らず知らずのうちに真似をするようになるものである。では、子供は一体だれを尊敬しているのだろうか…私はたまにこんなことを尋ねるためにアンケートをとったりすることもある。それくらい興味のあることなのである。

では、その結果はどうかというと(少し前の調査です)次のようなものとなる。

 1.スポーツ選手

 2.習い事の指導者や監督

 3.学校の先生

 4.友達

 5.親

 6.歴史上の人物

 7.アニメや漫画のキャラクター

 8.なし

 

 やはり自分がやっているスポーツの凄い選手は尊敬の対象となるのは当然のことである。そして、身近な指導者もやはり尊敬のされる。厳しいほど尊敬されるようだ。歴史上の人物だと織田信長が良く出てくるが、いうまでもなく男子の回答だ。残念なことに親を尊敬する子供は少なくなる。しかし、母を尊敬する女子はたいへん多いのである。問題は、尊敬する人がいない子供である。世の中を斜めに見てるかもしれないし、何も考えていないかもしれないし、何かと気になる。そして、こういう子供はけっこう高い確率で将来の夢もない。

 言うまでもなく、尊敬や憧れは成長する上でたいへん重要なものとなる。何も無いより尊敬したり憧れたりする人物がいるほうが成長は早いのである。だから別にころころっ変わっても良いが、常に尊敬できる人物が身近に存在してほしいものだ。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

 

奈良市富雄進学塾teTsu/塾長栗本博也

電話:0742-51-6400