自分の成績を覚えているかどうか

 近いうちに(と言っても半年~1年程度)に成績が伸びるかどうかが確実に分かる目安がある。それは、自分の成績を完璧に覚えているかどうかということである。言うまでもなく、成績をきっちりと覚えている生徒は、常に自分の勉強を気にしているし、次の目標も明らかなになっている。一方、覚えてない生徒は、勉強に関することが全ていい加減ででたらめなのである。もちろん、真剣さもない。それではまず成績は上がらない。そういうものである。何事も同じで、どれだけ気にしているか、どれだけ興味を持っているかで伸びは決まる。だから、塾ではわざわざ書かせたりして、自分の成績を意識させる機会を多く持つ。自分の成績や点数をしっかりと見つめることが大事なのである。厳しい現実をきっちりと認識することが大事なのである。勉強はそこからである。そういうことがなしで、勉強は進まないしやる気も変化はしない。是非、心得ておおいて欲しいものである。

f:id:kuri2013:20130720123932j:plain

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11

体験授業を受け付けています。

ご遠慮なくご相談ください。

電話0742-51-6400