teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

変な問題

 問題集ではあまり見かけない変な問題がある。先生でさえ、一瞬悩んでしまうたいへん奇妙な問題がある。その変な問題の中には、十分に練られた素晴らしい問題もあれば、どうしようもない駄作もある。(はっきりと悪問と呼ぶほうがよいものもある)そのような問題は学校で行われる中間・期末考査では良く見られる。業者が作成するある程度信頼のおける実力試験にも見られることもある。本当に、驚くほどひどい問題に出会うこともあるのだ。しかし、そういう問題を解く経験はたいへん重要である。「何を使って解けばいいのか…この問題は何を求めているのか…こんな解答でいいのか、いや、こんな解答はありえない…」いろんなことを考えながら、あの手この手を使う。そして答えを見て更に驚いたり、がっかりしたり、腹が立ったり…と、思考が鍛えられるだけでなく、感情までも大きく揺れ動く。そうすると強烈な印象となりしっかり脳裏に焼き付くことになる。だから、次に出会う時はばっちり解答できるようになっている。最初から変な問題ばかりだと厳しいが、ある程度問題が解けるようになれば、たくさんの問題に挑戦することで、変な問題や悪問と出会うべきである。そうやって学力を鍛えていくべきである。でも、これって人間関係と同じですよね。

 

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

進学塾teTsu

 奈良・郡山・平城・奈良北・一条

 君の志望校を目指す塾

 

奈良市鳥見町1丁目2-11