teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

基本事項は即答でないとダメ

 漢字や英単語のテストを悩んで答えるというのはあり得ない。即答が基本である。瞬時に書けないと意味はない。まさに条件反射のように答えられなければ、分かっているとは言えない。もちろん、漢字や英単語だけではない。どの教科にも様々な基本事項がある。問題を解く上で知っていて当たり前、知らない方がおかしい知識である。学力を鍛える上で、受験を突破する上で、この即答できるレベルがどこまで高まるかがたいへん重要である。どこまで、基本事項として認識するかで入試のレベルは決まってくる。中位以上の高校を目指すのであれば、英語であれば、長文以外は全て即答できないとダメである。英作文や、同意文完成の文法系の問題、語彙、発音、アクセントなどの語彙系の問題。こういったレベルの問題は考えて答えるのではない。単語や漢字テストのように瞬間的に答えを出せないとダメなのである。そうすれば、長文に十分時間をかけれるし、むしろ余裕さえ感じるだろう。

 しかし、この力を身につけるためには数ヶ月レベルの訓練では無理である。少なくとも1年以上はしっかりとやらないとダメである。もちろん生徒もたいへんだが、その基準を追求するには先生の方にも力が必要である。指導力というか忍耐力が必要だ。

 さて、今年の中3はどうか…決して悪くはない。もうひと頑張りというレベルかな。