TETSU JUKU

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

君は何ができる?

・話すことができる

・書くことができる

・描くことができる

・歌うことができる

・奏でることができる

 

 いろんな力があるけれど、何をするにしても話すことができるのは非常に大きな力である。人を説得し、理解させ、動かすことさえできる。活躍している人の多くはこの「話すことができる」のである。書くことができることも大切。話すことが苦手でも、書くことができれば自分の考えを表明したり、物語を紡ぐこともできる。いろいろな人とも交流できる。話すことと書くことは似ているようで違う。両方が高い次元できると相当なレベルで活躍できるだろう。描くことができるや、歌うことができるや、奏でることができると他人を感動させることができる。他人を幸せにすることができるのである。場合によっては他人を救うことさえできるかもしれない。こんなに素晴らしいことはない。

 

 厳しい世の中を生きていく上で、どれか一つの力は手に入れたい。二つあれば相当に心強いものとなる。まず、迷わないだろう。どの力もなければ、自信を持って行動できないし、迷いと不安しかないだろう。

 教育の目標にはいろいろあるが、私は教育とはこのような力を手に入れる土台を作ることだと思う。そんなことを考えて授業をしている。そんなことを意識しながら生徒の前に立っている。

 

 

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り