読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

声の大きさで思うこと

 声の大きさに気を遣えることは大人にとって大事なことだと思っています。声の大きさに注意を払うためには、場所の性質や場の空気を読むということです。とうことは、冷静に落ち着いて行動することでもあります。結果として、周りに迷惑をかけないということになります。でも、大人でもこれができていない人が多すぎます。日本人は比較的民度が高いと言われていますが、二極化していますね。最近は、ダメな人が増えたような気がします。大人は子供を教育しなければなりません。教育と言うのは口で説明することばかりではありません。子供の目の前で模範を示すことも立派な教育です。説明よりむしろ、示してやる方が分かりやすいですよね。もちろん両方必要ですが。

 まあ、そういう大人が多いですからね、子供も無頓着なままです。場をわきまえないで大声で話す子供は多いです。子供だからではないですね。明らかに教育されていないのです。もちろん、理解力の乏しい子供もいますが、教育によっていくらでも変わりますからね。やっぱり、教育力が低下していると言わざるを得ないですね。我々大人がしっかりとしないといけないのです。英語や数学を教える以前の問題です。f:id:kuri2013:20160322131023p:plain