teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

トウモロコシの葉っぱは平行脈であることは日常生活で身につけて欲しい

 中1のこの時期の理科は植物の観察や分類などを学習します。テキストにはいろいろな植物が出てくるのですが、生徒はまあ、知らないですよね。知っている生徒は田舎に住んでいる生徒であったり、親の影響が強い生徒ですね。我々が子供の頃、約40年前と比べるとあらゆることが大きく変わってしまい、当たり前の事柄も昔とは違いますからね。知らないことは増えても無理はないのですが、あまりにも物を知らないことには危機感を覚えますね。標題のようにトウモロコシの葉っぱが並行脈であることは日常生活で知ることが理想ですが、一本まるごとを目にすること自体が少ないのですね。購入するときも、黄色い身の部分だけであったり、缶詰も多いですからね。しかし、親はこういうことを意識しておくべきですよね。後々全然違ってきますからね。できれば、学校がこういうことに敏感になって欲しいのですけどね。行事も大事ですけどね、農作物を真剣に育てるような授業を増やせばいいと思います。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/0742-51-6400