teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

指示や説明だけではだめ、実際に体験させてやることが大事

 塾用教材は一般に市販される問題集よりも問題数が多く、たいへんありがたいのだが、更にすごいのが解答である。普通は別冊の解答冊子はついているが、これがまたすごい。たいへん充実しているのである。教科にもよるのだが、解説が非常に丁寧なのである。数学は計算問題に対して途中式も全部書いてあるし、英語の場合は英文に対する意味や和訳が丁寧に書いてある。だからこの別冊解答が異常に分厚いのである。あまりに分厚いので本体に収まり切らない。そんなテキストもある。

 さて、そんなテキストだから問題を解いた後で、きっちりと解説を読めばよい勉強ができるのである。なぜ、間違えたのかどこがポイントだったのかを先生に指摘されなくてもある程度わかるだ。しかし、何の指導もなければこの解説をちゃんと活かせるのは極一部の生徒になってしまう。答え合わせをする時には解説を読むものであるとうこを、きっちりと教えてやらないとできないのである。下手すると、解説の存在にさえ気がつかない生徒もいるかもしれないのだ。だから、この時期の中1には解説を読むことを指導する。でも、指導するだけではダメである。授業中に体験させるのである。実際に問題を解き、答え合わせをして、解説を読む、授業ノートを確認するといった基本的な勉強の流れを体験させるのである。実際に体験して、その行為の目的や価値がはっきりと分かり、納得もできる。

 指示や説明だけで子供を動かすのはたいへん難しい。実際に体験させるとが大事だし、その体験する時間を惜しんではいけない。分かりやすく教えても肝心のことが不十分だとダメなのである。いろいろなことを教えないといけないが、単に教えるだけでもダメである。

 

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11

電話:0742-51-6400

http://tetsujuku.sakura.ne.jp/index.html