勉強の終わり方

 例えば、塾内で勉強させているとき、終了時刻を告げると、すぐに勉強をやめて片づけを始める生徒もいれば、すぐには片付けないで、その時やってるところをきっちり終わらせる生徒もいる。どっちが良いのかは言うまでもないが、子供は、少しでも早く帰りたがるものである。別に責めるつもりはないが、もう少しキリの良いところで終わるべきだとは思う。答え合わせの途中でやめたり、数学の問題を解いている途中でやめるのは変だし、それを気持ち悪く思ってほしい。限りある時間のなかで勉強をする以上、どうしてもきっちり終われないこともある。しかし、変なところで勉強を終えるとそれまでの勉強が無駄になりかねない。だからできるだけきっちりと終わらせたい。あるいは、残り時間を意識して学習内容を考えるべきだ。それでも、途中で終わらざるをえないときは、続きをいつするのかを決め、また内容も忘れないように付箋などを使い工夫をするべきである。このような良い終わり方は、確実に次の勉強につながるのである。まあ、何事にも言えることですね。

 

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

奈良市鳥見町1丁目2-11

進学塾teTsu

とりみ通りにあります。