something

 不定詞を学習するとsomethingが登場するが、抽象的な単語なので結構難しい。不定詞と同時に短い時間で教えるような語ではない。十分な時間を取るべき単語である。ということで、今日の中2の授業では、このsomething(もちろん、anything,nothingも含めて)の解説と演習に1時間使った。きっちりと定着までいけた。更に、英作の確認テストで完璧を目指す。これで、不定詞の導入が楽になる。形容詞用法の説明がスムーズになるのである。