teTsu

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

小学校の英語がまずい

 完全に把握できているわけではないのですが、小学校の英語はあまりうまくいっていないようですね。一番の問題は移行措置期間のために今の小5小6は滅茶苦茶になっているのですよ。そこで用いられる教科書は「We Can」というものがメインなのですが、これはもういろいろなことがてんこ盛りなのです。うちの塾もその状況に合わせたテキストを採用したのですが、使いこなすには相当な先生のスキルが求められますし、生徒も相当努力しないといけませんよ。教材1本ではなく補助教材を上手く用いてやらないといけません。ですから、私はメインのテキストをゴリゴリ進めないように心がけています。そのあたりの判断はある程度の経験がないと難しいですし、英語を教えること必死になっている慣れない先生は大失敗をするでしょうね。「We Can」を使ってきっちりとやるのなら毎日英語の授業が必要です。週2回では無理です。学校によっては2回の授業が取れていないかもしれません。

 

 まあ、そういう状況ですから小学校の英語の授業は面白くないようですね。夏期講習で新しい生徒が何名か来たのですが、アンケートを取ると英語嫌い・英語苦手が多いのですよ。外国人の先生もそれほど評判が良いわけではなく、ゲームばかりという授業にも飽きていますし、あまり楽しんでいないようなのですよ。更に、残念なのはアルファベットがほとんど書けない生徒が多いことです。算数や国語は標準以上にできる生徒がアルファベットが書けないのです。もちろん、発音もダメです。Aを「エー」と読む生徒ばかりなのです。ということはZはもちろん「ズィー」ではなく「ゼット」と発音しますしね。せめて「ゼッド」と言えば褒めてやるのですが、そんな生徒はいるわけありません。アルファベットを軽視しすぎというか、アルファベットの重要性をわかっていない先生が多すぎるのが誠に遺憾です。というか、文科省が分かってないのですけどね。

 アルファベットを正しく発音する練習を通して英語の発音とはどういうものをかを学ぶのですよ。子音と母音の違い、舌を巻いたり下唇をかんだり、無声音や有声音などということを学び、日本語との違いを音声から学ぶのです。ですからアルファベットは極めて重要で時間をかけるところなのです。私ならアルファベットだけで4時間はかけますよ。場合によってはもっとかけてもいいくらいです。

 今の小5小6はカリキュラム的にもひどいですし、先生のスキルも低いですしねこの2年間で英語嫌いを大量に作ってしまう危険性があります。これは早めに手を打たないとダメですよ。ということですから、是非、進学塾TETSUへお越しください。

やっぱり宣伝に持ち込むパターンですね。笑

 

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

 

奈良の暑さをなめてはいけない。

連日、猛暑、酷暑、が続いています。

この表↓は気象庁のHPから取ってきました。平年差+6.9度(奈良市ナラ)ですよ。

日最高気温  地点順  値の高い順   簡易表示 詳細表示  20時00分現在
都道府県 市町村 地点 今日の最高気温 該当旬 備考
(℃) 起時 (平年差)
(℃)
(前日差)
(℃)
奈良県 奈良市 奈良(ナラ)* 38.1 ) 14:49) +6.9 +0.1 最も暑い時期を上回る 7月の観測史上最高今年最高
奈良県 奈良市 針(ハリ) 35.3 ) 14:20) +7.0 +0.6 最も暑い時期を上回る 観測史上最高今年最高
奈良県 宇陀市 大宇陀(オオウダ) 35.4 ) 15:04) +5.7 +0.4 最も暑い時期を上回る 7月の観測史上最高今年最高
奈良県 五條市 五條(ゴジョウ) 37.3 ) 15:44)   +0.9   観測史上最高今年最高
奈良県 上北山村 上北山(カミキタヤマ) 36.1 ) 12:56) +6.0 -0.2 最も暑い時期を上回る  
奈良県 十津川村 風屋(カゼヤ) 36.4 ) 12:46) +6.1 -1.6 最も暑い時期を上回る

で、この灼熱のような暑さの中、気になることは、次の二点です。

①小中学校のエアコン設置率

②部活の実施

 

まず①の奈良県の小中学校のエアコン設置率はなんと18.4%です。全国平均は41.7%。大幅に低いのです。奈良の暑さは本当におかしいくらいですからね。これでいいのでしょうか…いいはずがありませんよね。これについては、保護者を中心に声を上げるべきですよね。訳の分からないところに税金を使うのではなく、大事な教育現場に使って欲しいものです。

 

それともう一つは部活動ですね。

教育委員会からも部活動に関する通達が来ているはずなのですが、生徒に確認するとほぼ普通に部活動をやっている中学があるのですよ。更にはWBGT(暑さ指数)の計測をしているようですが、その数値も無視している学校もあるようですね。あれほど、熱中症が問題になり、先日は小学生が亡くなったというのに、なんと暢気なのですしょうか…命にかかわるというのに…。こんな危機感のないところに子供を預けるのは不安でしかたがないのですが。こういうことも黙っていてはいけないのです。だいたい、公立学校はお役所組織の一部ですから、とにかく鈍いのですよ。しかし、「公立学校ってそういうもんでしょ」と言って放置してはいけないのですよ。犠牲者が出てからでは遅いですからね。

f:id:kuri2013:20180625140324p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

 

塾の夏期合宿について

 夏休みには多くの塾で合宿が行われる。合宿の是非についてはいろいろな意見があるだろう。一番の問題は費用と費用対効果。夏休みは普通授業時間が増えるので授業料は上がる。さらに、合宿となると追加費用がかさむ。3万円程度ならまだしも6万円も7万円もかかれば、保護者としては「ちょっと待ってくれ」というのが普通の反応である。もちろん、その合宿で偏差値が5でもアップすれば保護者も惜しまない。十分な費用対効果があれば他で節約をしてでもその費用を捻出しようとするだろう。しかし、たかが3日4日程度で偏差値が5上がるほど受験勉強は甘くない。実際は弱点単元を一つでも克服できれば儲けものだろう。これは生徒の学力にもよるし、合宿の進め方にもよるし、合宿の運営の仕方によっても大きく結果は異なるのだが、それほどの費用対効果は期待できない。

 

 

 合宿の進め方にはいろいろある。朝から寝るまでひたすら授業やテストをするパターン。そして、ひたすら自習と質問を繰り返すパターン。その二つの間をとるようなパターンもあるだろう。どのやり方がベストかは正直なところ断定はできない。成績が中位以上の集団であれば授業よりも自習の方がよい。長い時間を自分で考えて弱点に取り組むのである。もちろんわからないことは先生に尋ねればいい。授業を受けることはいつも塾でやっている。しかし、長時間自分のペースで自分の弱点を克服するための勉強など普通はできない。やっても数時間が限界。数時間は単元の克服は無理だ。数問を解けるようになるのが関の山なのである。だから、せっかく合宿だから普段できないことに挑戦する方がよい。それで達成できたことは経験値として残り、何より自信となる。後々の受験勉強を牽引する大きな原動力となるのである。

 

 しかし、中学生は幼い。長時間の自学に耐えることができるほど精神は強健ではない。何度もくじけそうになるし、迷いもする。だから、先生は生徒の気持ちを十分に鼓舞しないといけない。方法や方向を示すのはもちろん、気持ちを支えてやらないといけない。それをできる力量のある先生がいないとこの形式は成り立たない。だからこの形式で合宿ができる塾は教師のレベルは相当高いと言える。

 

 そして、合宿を成功させるもう一つの大事なことは食事だろう。食事にどれだけ配慮できるかが合宿の全てを決めるといってもよいくらいである。誰がなんと言おうと、他の何よりも食事は大事なのである。勉強や仕事の後で「旨いものが食べられる」と思うだけでやる気も集中力も上がる。そんなもんである。また、それが健全であると思う。だから、食事をけちるような合宿はダメ。何もわかっていなし、金もうけが目的で合宿をやっているとしか思えない。

 ということで、私は自習型の合宿以外はそれほど効果がないという認識である。もちろん、偏差値が50を切る生徒であれば授業は必要。それでも、「授業+自学」の形式でないとダメだと思っている。一日中授業を受けるようなやり方では合宿の効果は半分以下だと思う。 

 

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

 

夏期講習の申し込みはまだまだ間に合います!

進学塾TETSUの夏期講習の申し込みはまだまだ間に合います。基本的に夏期講習会が始まる直前まで受け付けています。

中学生の講習会は7月21日(土)・小5・小6は7月23日(月)開始です。

ですから、学校の懇談の内容で夏期講習を受けるかどうかを検討したいと思っておられる方も十分に間に合いますよ。

 

さて、進学塾TETSUの夏期講習会は次の通りです。

・小5基礎徹底コース :開始7月23日(月)

・小6基礎徹底コース :開始7月23日(月)

・中1英数コース   :開始7月23日(月)

・中1五科コース   :開始7月21日(土)

・中2英数コース   :開始7月24日(火)

・中2五科コース   :開始7月21日(土)

・中3入試特訓コース :開始7月21日(土)

・高1英語コース   :開始7月30日(月)

・高校生英語個別コース:***

・英検3級コース   :開始:7月24日(火)

・英検4級コース   :開始:7月24日(火)

・自習室コース     :***

小さい塾のくせにいろいろあります。

 

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

電話:0742-51-6400

HPはこのブログの右⇒にリンクがあります。

 

生徒の間違えた発言に対してできること

 授業でせっかく発言したのに間違えてしまうことがあります。発問内容によっては大きな恥をかくことになります。もちろん、恥と感じるかどうかは生徒の性格によります。明るい性格の人気者なら、その間違えたことを更に自分の人気に変えていくような場合もありますが、そんなすごい生徒ばかりではありません。やはり恥ずかしくて仕方がない生徒もいるわけです。また、その生徒を見てバカにする他の生徒もいるかもしれません。ですから、先生としては発問をして理解度を確認したいのですが、大きな恥をかかせないように配慮しないといけません。下手すると教室に入れなくなったり、塾に通えなく可能性もあるわけですから気を付けないといけないのですよ。(絶対にそんな状況にはしませんけどね)ですから、そういう生徒はなるべく当てないで、その生徒のそばにいきノートを確認します。ノートを見ればわかりますからね。十分に歩き回れる教室の広さがあれば先生は巡回した方がいいのです。しかし、授業中全く当てられないと、他の生徒がいろいろと思うわけですよ。「〇〇さんは全然当たらないのはおかしい」という具合になるわけです。そうなるとクラスの雰囲気もおかしくなりますから、やはりどの生徒にもある程度は当てないとダメなわけです。

 

 

 大切なのは間違えを恐れるものではなく、恥じるべきものではないということを日ごろから生徒に意識させることです。実際、間違えがきっかけとなって頑張ろうと思ったり、理解が深まるものですから、間違いというのは勉強のスタート地点なわけですよ。そういうことを踏まえて学びの空気を作っておくことが何よりも大事なのです。それでも、やはり間違えると、恥ずかしくつらいと思う生徒もいますから、生徒の間違いのあとは先生にちょっとした配慮が必要になるのです。ですから、間違えた生徒が恥ずかしがりすぎないように、また必要以上に恥をかかないように、私は少し言葉を添えてやります。

「ちょっと違うんねんけど、いい線いってるぞ。もう少し…」

「違うんだけど、そこに目を付けたのは素晴らしい。センスいいぞ。」

「ひっかかったな。実は先生も一瞬引っかかった…」

という具合です。

 まったく違うことを言っても、生徒によっては「ちょっと違うねん」と言ってあげることもあります。このあたりのやり方はは賛否が分かれるでしょうけどね。少しでも、恥ずかしさが和らげばいいと思っています。

 f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

 基本的に、私は授業中何度も発問します。生徒は何度も当てられます。様々な狙いをつけて当てるのです。授業に集中していない生徒にはもちろん発問します。発問することで全員が考えるように持っていきます。発問は授業のペースやリズムを作るのです。もちろん、緊張感も作ります。ですから、発問のない授業は退屈です。生徒も逆にしんどさを感じるでしょう。そういうものです。

 ちなみに、私が中学生のときは、その日の日付と同じ出席番号の生徒が当てられるというのが一般的だったのですが、今から思うとたいへん適当で笑います。

 

  

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

夏期講習生募集しています。英検講座もあります。

詳しくはHPでご確認ください。→にリンクがあります。

お気軽にお問い合わせください。

いい消しゴムを使っていても、大きさが手に合っていないとダメ

 せっかくいい消しゴムを使っていても、その消しゴムの大きさが手の大きさに合っていない生徒がたまにいます。特に小学生に見られますが、小5小6でもまだまだ体は小さいですから、手も小さいものです。その小さいに手の大きさに消しゴムの大きさが合っていないので、持ちにくそうなのですよ。持ちにくいということは、当然消しにくいということになり、そのために、消すのに手間取ったり、ノートを破ってしまったり、ちゃんと文字が消えていないのに途中でやめたりするケースがあります。当然、思い通りにならないですからイライラします。結果、ストレスがたまりやすく、集中力がそがれますし、最悪、学力に悪い影響を与えてしまいます。一日ではわかりませんが、半年経過すると驚く程の影響が見えるでしょう。せっかくいい消しゴムを使っていても、これではいけませんよね。良い勉強ができるよう、どうか大きさまで配慮していただければと思います。

 

  

 ちなみに、最近の消しゴムはたいへん消しやすく折れにくくて優秀です。適度な力でストレスなく消すことができます。いろいろなタイプのものがありますね。最近、驚いたのが、「MONOsmart」↓という消しゴムです。名前が表している通り、細身なのです。大学ノートのA罫B罫より細く作られており一行をきれいに消せる優れものです。

f:id:kuri2013:20180709161647p:plain

普通の直方体の消しゴムとこの細身の消しゴムの両方を持っているといい勉強ができるでしょう。MONOの他にもAinやArchもいいですね。たいへん使いやすいです。 

f:id:kuri2013:20180709162326p:plain

「小学生学習字消し」

これもいいですよ。2Bのような濃い鉛筆で書いたものでも軽い力で消すことができます。これはサクラクレパスというメーカーですから、Archと同じですね。他にもたくさんありますが、性能はどこのメーカーも大きくは変わらないでしょう。無名のメーカーやデザイン重視の物を避ければ失敗はないと思います。いろいろなものを与えて子供に感想を聞くといいですよ。そして、わが子に合うものを見つけてあげるといいでしょう。中学生でも、何も考えないで文具を使う生徒は多いですから、配慮してあげるといいと思います。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

夏期講習生募集しています。

お気軽にお問い合わせください。

TEL:0742-51-6400

=TOP= 進学塾teTsu of 進学塾teTsu

 

 

 

7月7日(土)は通常通り授業をします。

7月7日(土)本日の中1~中3の授業は通常通り行います。

連日、大量の雨が降っていますので、くれぐれも気を付けてお越し下しさい。

万一、自宅周辺・通塾経路に重大な危険がある場合は安全第一としていただき、欠席していただいてもかまいません。

f:id:kuri2013:20180625140324p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

電話0742-51-6400

夏期英検コース募集

 進学塾TETSUでは夏休みに「英検コース」を開講します。大学入試の変更に伴い益々英検が注文されていますが、早いうちから慣れておくといいと思います。開講コースは3級と4級です。主に中学生を対象とします。当然ですが、英検の問題を徹底的に解説をしますが、出題頻度の高い問題をたくさん解くことで、パターンをつかむような学習ではなく、根本をしっかりと理解するための勉強をします。過去問主体の学習ではたとえ合格できたとしても、実は学力が定着していない場合もありますので、重要事項をきっちりと学習します。4級は中学2年生レベル、3級は中学卒業レベルですから英語の基礎基本となるわけです。ですから中途半端に学習するのではなく根本を深く理解しておきたいものです。得意な英語を更に伸ばしたい人、今は英語が苦手だけれど英語力を高めたいという人は、英検を活用するといいと思います。

 授業は級別で小グループで行います。授業は夏休み中全8回です。夏休みにしっかりとやっておけば10月の試験には十分間に合います。

f:id:kuri2013:20180625140324p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

TEL:0742-51-6400

 

詳しくはHPでご確認ください。

リンクはこのブログの右側にあります。