TETSU JUKU

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

待たせることは時間を奪うこと

 最近母の世話をしているので頻繁に病院にお世話になることが多いのですが、昔と違って病院も随分と進化しています。特に昨年入院したときには進化の反面、手続きが煩雑でいろいろと説明も多くあって驚きましたね。やや過剰だと思える面もあるのですが、まあリスク回避と上質な医療サービスを提供する上では仕方がないのでしょうね。しかし、昔と変わらない面もあり、(もちろん、全ての病院であありません)驚くことがあります。それは「待たされる」ことですね。もちろん、医療の場ですから杓子定規に行くわけはないですし、何が起こるかも分かりませんからね、多少は待つことは覚悟してます。まあ、30分程度なら黙って待つつもりです。しかし、それ以上となるとね…。ちょっと穏やかではないわけですよ。実は先日、母を検診に連れて行ったのですが、全てが終わるのになんと1時間30分ほどかかったのですよ。(普通の検診です。特別な検査は何もありません。)待っている間、母も待ちくたびれたようで、いらいらしてましたね。いらいらし始めるとしゃべりだすので、それを抑えるのがたいへんで(笑)。まあ、苦労したわけですよ。しかも、このクリニックは完全予約制なんですよね。この日は12:00の予約でした。それで終わったのが13:30だったのですよ。飛び込みで診察をお願いしたのなら何もいいません。予約しているのですよ。これでは予約の意味がないのですよ。なんのための予約でしょうか…この時代に通用しないですよね。しかも、驚いたのは「すみません」の一言もなかったことです。その一言あれば留飲も下がります。ですから、丁重に抗議を申し上げたのですが、「本日は、飛び込みの患者さんがいまして…」と言い訳をしだしたのです。「えっ」ですよね。このクリニックは予約制なはず。本当のことでもそれは言ってはいけません。むしろ、特別対応していることは隠すべきだと思うんですけどね。さすがに驚きました。お世話になっているので必要以上の抗議は控えましたけどね。

 

 さて、人を待たせることはいったい何がいけないのでしょうか?

それは「時間を奪う」とうことです。待たされている間は何もできないし、どこへも行けない中途半端な時間です。ほぼ軟禁状態と変わらないですよね。もちろん、物を考えることはできます。しかし、それよりももっと優先すべきことがあれば落ち着いて考えることはできません。事前に1時間も2時間も待つことが分かっていれば優先すべき用事を済ません、関係各所にも連絡し、「さあ、待つぞ」という心構えを持って待つことができるのです。あるいは1時間もあれば短編小説なら余裕で読めるわけで、2時間あれば新書が読めますよ。事前に本を持ち込むこともできます。そうすればこの1時間・2時間は有意義な時間であり、余裕のある価値ある時間に変えることが可能なんですよ。しかし、なんの予告もなくただひたすら待たされると丸腰で診察に臨んだ者にとっては、それは穏やかではなく、もやもやとした時間を過ごすほかありません。本当に無駄な時間を過ごすしかないのですよ。これは耐えられない苦痛ですし、さらにこの苦痛は後に残ります。待たされたことで発生した不愉快な気分がかなり長く続いてしまうのです。場合によっては人に当たり散らしたり、冷静さを欠いて仕事でミスしたり、どんどん悪いことが続いていく危険性をはらんでいるのですよ。これはもうたいへんなことです。長時間一人の人間を待たせることはたいへん損失を引き起こすのですよね。でも、待たせた側は考えていません。気にもしていないでしょう。医療に携わる人間が意外とデリカシーがないのですよ。これにも驚きますよね。今後、どのように改善されるか見守りたいと思います。

 この時間感覚は人によっても異なりますから難しいところはあるのですが、どうか「待たせることは時間を奪うこと」という認識を持って欲しいですし、そう教育したいものです。久しぶりに文句を並べました。

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

冬期講習生募集しています。

お気軽にお問い合わせください。

近鉄奈良線東生駒・菜畑・富雄・学園前

hatもhutも日本人には同じ

 少し前のことだが、ツイッター上で、hatとhutが話題になっていた。カー用品を扱うイエローハット宅配ピザピザハットにハットつながりで8月10日に一緒に記念日を作ろうと持ちかけたらしい。最近、こういう記念日は多くて、そんな風に思うのも自然なことだろう。しかし、しばらくして、問題が発覚。実は、イエローハットピザハットのハットは違ったのだ。イエローハットのハットは「hat」(帽子)一方、ピザハットのハットは「hut」(小屋)だったのだ。カタカナで書いたら同じだし、発音も日本語は「ハット」しかないから普通は分からない。hatのaは「ア」と「エ」の中間音(ǽ)で、hutのuは日本語とほぼ同じ「ア」だから全然違ったのだ。その後の顛末はどうなったかは知らないが誠にややこしい。

 

 昨日、高2の英語の授業で長文を読んでいるとこのhutが登場した。和訳をさせるていると、to find a small hut というフレーズがあって見事に引っかかったのだが、次にthe door of the hutというフレーズが出てきて、「あ、小屋の方や」と気が付いた。これで気が付いてくれたのでうちの生徒はまだまともである。

 

 さて、英語学習にはこういったややこしいものが非常に多い。fanとfunもその一つ。fanは扇風機や扇などの風を送るものを意味し、funは楽しみという抽象名詞だから意味は全くことなる。他にもquit quet quite、thought through though, these three there、など挙げればきりがない。この勘違いは一般的には無理もないと言えば無理もない。外国人だって、「間・聞・問」などは非常に難しく誰だって苦労するはずだ。日本人にとって英語は全然違う言語だ。それを学習するだけでも大変なのに、こんなややこしいスペリングをバシッと区別するには相当な力が要る。

 まあでも、しかし、英語とはそういうものだ。それを念頭に学習の工夫をすればいいのである。次の対戦相手が強ければ必死に練習するよように、相手に合わせて自分の取り組みを変えることは重要だ。こういう問題に対する正攻法は発音でしっかりと覚えることであり、スペルと発音を結び付けることである。というかこれができないと普通に単語暗記するだけでも非常にもしんどいし、英語を習得などは不可能である。quitはクイット、quietはクワイエット、quiteはクワイトと言う具合にスペルと音に繋がりがあることがわかる。もちろん、ここを抑えれば見間違うことはたまにあっても混乱はない。あらかじめ備えればいいだけの話だ。それを怠ると混乱しかない。そして、嫌になって勉強をしなくなってしまう。日本人の英語学習の弱点はここにもるのだ。

 それにしても日本人に英語はしんどいのは否定できない。

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

冬期講習生募集しています。

お気軽にお問い合わせください。

電話0742-51-6400

 

東生駒・菜畑・富雄・学園前

 

生徒の言葉を額面通りに受けとめてはいけない

問いかけに対しての生徒の返答は全面的に信じているようでは、先生業は務まらない。

かなり適当でいい加減な返答をする生徒はけっこういる。

 

【シーン1】

先生:「…だからこうなる。わかった?」

生徒:「だいたいわかりました」

 

 まずはこのケース。気になるのはこの「だいたい」いう言葉だ。

通常は「だいたい」とは大部分というう意味で8割程度を意識しているときに使う。

明鏡国語辞典(第二版)にも「全部ではないが、大部分。おおよそ。たいてい。あらまし。」と出ている。

 

 しかし、実際の生徒の「だいたい」は生徒によって様々なのである。成績上位の生徒はだいたい辞書通りだが、成績が中位以下になると2割~3割程度の理解(つまりほとんど分かっていない)で「だいたいわかりました」と言うケースが多い。こういう生徒には本当に分かっているかを確認しないといけない。ここをそのまま流してしまうと勉強した気で終わってしまうのだ。それくらい当てにならないのである。ひどい場合は生徒の「わかりました」は「聞こえました」くらいに思っておくべきである。

 

【シーン2】

先生:「あとどれくらいで終わりますか?」

生徒:「もうちょっとです」

 

 この会話も頻繁になされる会話だが、問題は「もうちょっと」という言い方。

普通、「もうちょっと」はもう少しで終わるということだから、場面や事柄にもよるが

「あと5分から10分程度」あるいは「あと2、3ページ」くらいのものと捉えるのが普通である。しかし、これも確認しないと心配だ。実際に確認してみると10ページも20ページも残っていたり、1時間以上かかるようなケースもある。これはこの生徒の見積もりや把握のいい加減さもあるのだが、場合によってはごまかすためにわざと言い加減な言い方をしている場合もある。「もうちょっと」の言葉が持つ曖昧さに便乗してうまく嘘をつかないでいいように生徒なりに工夫しているのだ。まあ、これ自体は利口なのだが、全体的にはひどい内容となってしまう。印象も相当悪く信頼を損ねてしまう危険性さえある。

 というわけで生徒のことは信じてはいるが、生徒の全てを信じるわけにはいかない。信じてしまっているようでは生徒になめられてしまうのだ。

 

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

 進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

冬期講習募集始めました。

お気軽にお問合せください。

 

「かぎろひ」の立つ見えて

 今朝6:00くらいででしょうか、トイレに行こうと思って起きたのですが、外を見てみると美しい空が見えたので写真を撮りました。眠かったのですが、美しさに目が覚めましたね。こういう景色を見ると、いつも柿本人麻呂の有名な和歌を思い出します。本当に壮大ないい歌ですよね。私は中学生の時、初めてこの歌に触れてから大好きなんですよ。

東の 野にかぎろひの 立つ見えて

          かへり見すれば 月傾きぬ

画像

「かぎろひ」を調べてみると次のように出てました。

 

「かぎろひ」とは、冬の早朝、陽が上がる1時間ほど前に山際が染まっていく自然現象のことである。「陽炎」とも書く。空が少ししらけてき、徐々に黄、橙、赤と変化していくさまは幻想的である。

 

 ということですから、私が見たのは「かぎろひ」ではありませんし、今までも見たことがありません。どうやら、冬のもっと寒い時期に見られるようですし、実際、柿本人麻呂も1月頃にこの歌を詠んだとされています。

 この「かぎろひ」を巡ってはいろいろな行事も催されていますね。最近は知りませんが、かつて「かぎろひを見る会」というイベントが話題になってました。また、近鉄の団体貸し切り列車の名前が「かぎろひ」ですね。

f:id:kuri2013:20191113131421p:plain

クラブツーリズムのHPより)

 それにして本当に朝夕の冷え込みが本格的になって来ました。田んぼは刈り取られ収穫が終わり、竜田姫も機嫌がいいらしく街を歩いていても美しい葉を楽しむことができます。しかし、それは冬の到来がまもなくであることを意味し、つまり受験までのカウントダウンがはっきりと聞こえるようになったということでもあり、寒さもあって一層心身ともに引き締まるわけです。一番の踏ん張り時に差し掛かったわけで気合を入れたいと思います。

 

f:id:kuri2013:20180625140324p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

冬期講習情報はHPにアップしております。

お気軽にお問い合わせください。

電話:0742-51-6400

 

富雄・学園前・生駒・東生駒

奈良・畝傍・郡山・奈良北・一条

それは理由ではない

よくある生徒とのやり取りです。

 

【ケース1】

先生:どうしてmakeと書いたのですか?

生徒:makeかなと思いました。

先生:いや、だからどうしてmakeと書いたんですか?

生徒:...

 

【ケース2】

生徒:宿題を忘れました。

先生:どうして忘れたんですか?

生徒:やったんですが、机に置いたまま来てしまいました。

先生:では、なぜ置いておいたのですか?

生徒:…

 

これを読んでどう思われるでしょうか。

ケース1の方がひどいですが、どちらも返答としてはダメですね。先生が理由を尋ねているのに理由になっていませんからね。

 この場合「makeかなと思った」には何の根拠もなく、ただの思いつきなのですよ。いろいろな思考を巡らせた結果ではなく思いついただけなのです。解答には根拠が必要で根拠なしの解答には何の価値もありません。こんな状況で正解しても、次回も解答できる保証はどこにもありませんからね。

 

ケース2の「机の上に置いてきました」は生徒としては本当に理由として位置づけるケースがあるのですが、本来なら次のように考えるのが自然です。

「うっかりしていた⇒机に置いたまま⇒持ってくるのを忘れた」

だから、忘れた理由を尋ねられれば、「うっかりしていました」と答えるべきですよね。さらにこのうっかりしている理由が勉強に対する意識が低いことですけどね。私はそこまで追及します。(笑)

 しかし、この宿題忘れの場合はこの理由であって理由でないことよりも、宿題をやっていない場合も結構あるということなんですよね。せっかくやった宿題をそんなに簡単に忘れる方がおかしいですからね。そこを踏まえてとことん指導しないといけません。

 

 私はこういうときに適当に対応はしません。理由は二つあって一つは生徒になめられるからです。「あの先生はちょろい」と思われたら終わりなんですよね。生徒は、結構そういうところをしっかりと見ていますからね。

 もう一つは、原因と結果をきっちりとつなぐことができないと、筋道を立てた思考ができるようにならないからです。つまりここを疎かにすると、論理的な思考を育てるうえで大きな障害になるのですよ。ですから、学校でも家でも日常生活の何気ない会話ですが、きっちりとしないといけませんし、大人は責任を持って対応しないといけないのですよね。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

HPに冬期講習募集情報をアップしています。

短所に救われることもある

 私の自宅(大和高田市)から5kmほど西の方に二上山という山がある。美しい山の形が二つ並んでいて、向かって右の方が高くて雄岳と呼ばれ左が雌岳と呼ばれてる。標高は500メートルほどなので比較的登りやすく多くのハイキング客が訪れる。この辺りでは有名な山である。しかし、この美しい形が見れるのは限られた角度だけである。少し緯度が上がったり下がったりすると見る角度が異なり、美しい二上山の形は一瞬で崩れ去る。二上山ではなく普通の山になってしまうのだ。ちなみに、ほぼ同じ緯度で大阪側から見るとちゃんと「フタコブ」は見えるのだが、奈良側から見るほどの美しさはない。むしろ不細工だともいえる。本当に見る角度によって全然違う顔を見せる。しかし、これは山だけではない。何事も同じである。物事にも人にもそれぞれいろいろな顔があるし、我々は普段その一面しか見ていないのだ。自分のことでさえも。

 

 人の長所も短所も同じだ。自分が長所や短所と思っている部分にも別の面があるはずだ。長所と思っている部分にも弱点はあるかもしれないし、短所だと思っている部分も強みが隠れているかもしれない。だから、コンプレックスの塊で自分には短所しかないと思っていても、その短所の中にも強みがあるのだ、短所の数だけ長所が隠れているかもしれないのだ。

 

 そんなことをはっきりと教えてくれる物語が、「泉のほとりの鹿とライオン」というイソップ寓話だ。次にあらすじを紹介する。

 

【あらすじ】

 立派な大きな角を持つ牡鹿がいた。彼は水に映る自分の姿を見て誇らしげに思う。あまりにも立派な角に自身でもうっとりするほどのかっこよさなのである。しかし、脚はどうも細くてみすぼらしい。彼は自分の大きくて立派な角は大好きだが、ヒョロヒョロのに見える脚はは嫌いだ。大嫌いなのである。格好悪い自らの脚に軽蔑さえしている。そんなことを思ってじっとしていると、ライオンが現れ牡鹿に襲い掛かる。牡鹿は必至で逃げる。足の速い牡鹿にライオンは追いつかない。十分に逃げ切ることができる速さなのである。牡鹿は逃げ切ったところで森に入る。すると立派な誇らしげな角が木の枝に絡まるではないか。角と枝が絡まってしまい動きたくても動けない。身動きが取れないところへライオンが追いつき牡鹿を捕まえる。そこで、鹿は思う。「軽蔑していた脚で救われたのに、誇らしく思っていた角が原因で命を奪われることになるとは何て皮肉な…」

 

 物語はこれで終わる。まさに長所が自分を危機に追い込み、短所が自分を救うのだから、見事なまでにもう一つの側面が現れている。普段、考えもしなかった面である。これは鹿自身が最も驚いただろう。これはもちろん極端な例だが、自身の長所や短所、強みや弱みというものをしっかりと見つめなおしてみたい。何かが見つかるかもしれないし、すぐに見つからなくても意識しておくだけもいいのではないか。自己肯定感の低い人は特に意識して欲しいものである。

 

 それにしても、この物語は本当に多くのことを示唆している。もちろん子供にも読んでもらいたいが、大人にも読んでもらい。スランプに陥ったときはこの観点で自分を見つめればいいのではないか。

f:id:kuri2013:20180526111414p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

新入生募集しております。体験授業もあります。

お気軽にお問い合わせください。

 

富雄・学園前・東生駒・生駒・高校受験

奈良・畝傍・郡山・奈良北・一条

おかんが怖いのは健全

 生徒たちに怖いものは何かと尋ねるとほとんどの生徒が「おばけ・幽霊」と答えてくれるのは大変かわいいのだが、中には「俺は、おばけなんか怖くない、俺が怖いのは、おかん」と答えた中2の男子がいた。クラスは爆笑していたが、その時の男子の表情は真剣そのもので、冗談ではなく本当に怖れていることがよくわかった。なかなかおもしろかった。やはり怖い人がいるというのは大事なことだ。中高生は怖い人がいないと歯止めがきかない。もちろん生徒にもよるが、驚くほど暴走するケースもある。父か母かどちらでよい、どちらかが怖いとたいがいうまくいく。両親が怖くなければ祖父母が怖いというのでもよい(実際、たまにありますが、あまり好ましくありません)。でも、両親とも怖いというのは子供にとってはしんどい。怖いのはどちらか一方でいい。一般的には母が怖くて、普段は優しい父がいざというときは驚くほど怖くなる家庭が多いと思われる。とにかく上手く役割を分担するといいのである。

 しかし、最近は両親がそろっていないケースもある、というか以前よりも多くなっている気もする。そうなるとなかなか難しい。一人で父親の役とお母親の役も両方こなすのは至難の業である(実際、うまくこなしておられる方はおられすが)。もし、一人で上手くできなくてもあきらめる必要はない。もう片方の役割を祖父母やおじ・おば、あるいは、先生に担当してもらえるといいと思う。別に身内でなくてもいい。信頼出来る人を見つけておくといいだろう。

 でも、おかんが怖いというのはある意味安心できる。私もつい最近はまではおかんは怖い存在だった。常に父が怖いと息がつまるような殺伐とした雰囲気があるのだが、母が怖い場合は、暖かさや愛情を感じるものである。だから、おかんが怖いというのは健全だと思う。しかし、四六時中口うるさいおかんはいけない。うるさすぎるのはいけないのだ。このへんの「さじ加減」ができるおかんは凄いのだ。

 ちなみに、小中学生に尊敬する人はだれかと尋ねると「母」と答える生徒が最も多い。何やかんや言ってもおかんはすごいのだ。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

現在、新入生を募集しています。

 お気軽にお問い合わせください。

電話:0742-51-6400

ホームページからも申し込みできます。 

読書の力

 以前にも書きましたが私は子供頃から漫画ブラックジャックを愛読しています。子供の頃に親しんだものは大人になるとつまらなくなるものも多いのですが、手塚治虫作品は別格で特にブラックジャックは読めば読むほど味わい深く、人生のテキストとしても非常に価値があるものに感じることができるのです。そんなブラックジャックの作品には名作が多いのですが、最近改めていろいろなことを考えさせてくれる作品があります。

 難病を患う死刑囚がいるのですが、彼は今読書をしており、どうしてもその本を最後まで読みたいと思っています。投獄されてから読書に目覚め、読書をすることに人生で最高の充実を感じているのです。しかし、病状は深刻で本を読みきる前に命が尽きてしまいそうなのです。でも、彼はどうしてもその本を読みきりたい。そこで彼は本を読みきるためにブラックジャックに手術を依頼します。死刑囚は十分に手術料もなく、普通は手術などしてもらえないのですが、どういう訳かブラックジャックはこの依頼を受けて(こういう展開はけっこうあるのですが)無事手術は成功しまます。そしてこの死刑囚は無事本を読みきり、刑が執行されるのです。実は、この部分は物語の一部でテーマは別のところにあるのです。しかし、延命してまで読書をする姿勢、延命してまでも読みきりたいと思える本があるということ、どちらも素晴らしいじゃないですか。本の魅力、読書の力を嫌という程感じさせるエピソードなんですよ。久しぶりに読み返してみて読書っていいなと思いましたね。命の限り読書をする。死ぬ間際まで読書したいものですね。そんなことを思った物語でした。

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り