ホンマでっか?

 私は何事も疑ってかかるので、見聞きをすることは基本的に疑っている。最近、特に思ったのが、「子供にやらせたい習い事No.1はプログラミング」という文言だ。教材会社の営業の方が持ってきた資料に書いてあったのだが、どうも胡散臭い。特に、営業ツールだから営業に都合のよいデータや資料を持ってくるのは明らかだから尚更胡散臭く思う。そりゃ、プログラミングはマスコミで話題にはなっているし、世間話のネタにもなっている。しかし、多くの人が「プログラミングって何?」と思っているはず。ほとんどの人はプログラミングということばを聞いたことがある程度で、どういうものか、何に役立つのかはほとんど分かっていない。「まあ、コンピューターに関することやろな」程度の認識しかないはずだ。そんなどういうものかも分からないものを習わせたいと思うのだろうか…ちょっと、無理があるというか、我が子にさせたい習い事とは思わないだろう。資料には棒グラフもついており「◯◯◯研究所調べ」とは書いてあるが、それがどれほどの権威があるのかはわからなしい、グラフの度数を読み取るとわずか200人程度の調査である。そんな小さい調査でNo.1と言い切るのは強引すぎるし、そんな粗末なデータで騙そうとしているセコさが終わっていると思う。まあ、バカにしてるといっても言いすぎではない。

 他にも普段よく思うことが、「経済効果は◯◯億円と試算」とかいうやつ。何か新しいことや大きなイベントごとがあると必ず、この試算が発表される。どこかの◯◯総研だとか偉い経済学者さんが試算しているようだが、どんなデータを用いどんな手法で計算されたのかは我々は知らない。だから正しいのかもおかしいのかも何ともいえない。まあ、専門家の言うことだからそうだろうとは思わされているのだ。予想はともかく実際はどうだったのかは検証されていない。(発表されてないだけかもしれいけど)だから、これも「ホンマでっか」なのである。だいたい、この経済効果の試算を発表する必要があるのか?まあ、イベントを運営する側に試算は必要であろう。でも、一般の人々に知らせる必要はないようにも思える。ただ単に、経済が好転するかもしれないという淡い希望を抱かせるだけのものでしかないと思う。なんか無責任である。

 話は変わるが、天気予報を見ていて、「折りたたみの傘を持っていった方が良いでしょう」というアドバイスをよく聞くのだが、なんというおせっかいだろうか。傘をどうするのかは天気予報を聞いた個人の判断である。わざわざ言うことではないのである。天気予報だからデータに基づく専門家としての情報を伝えればいのである。傘をどうこうは専門家のコメントではない。

 なんか後半は酔っぱらって愚痴っている親父みたいで、話の筋がぐちゃぐちゃですね。まあこういう時もあります。こういうことを書いていると面倒くさい人だとと思われますが、全く気にしません。個人で塾をやっている人など面倒くさいに決まってますからね。

 

 

 

しっくりくる二人称とは

 一人称も二人称も日本語は豊富だから奥ゆかしい言葉遣いができることは素晴らしが、同時に難しさもある。その言葉のよってはその人ととの距離を決めてしまうので慎重にならざるを得ない。これについては日本人でも気を遣うのだから、日本語を学ぶ外国人は大変だろうと思う。

 さて、先生は生徒に対してどの二人称を用いるのが適切だろうか…学年にもよるし、教えている年数にもよるし、これがなかなか難しい。先生は生徒に対して上の立場であることは言うまでもないが、いきなり「おまえら」と呼ぶのはあまりにも傲慢だと思う。やはり、「きみたち」というのが無難である。でも、長い間教えているのに、いつまでも「きみたち」ではよそよそしく感じないこともない。ある程度の年数が経過して関係ができれば「おまえ」でもいいだろうと思う。ただ、このような言葉遣いは先生の全体の話し方やその先生がまとっている空気にもよるので、絶対的なものではない。私は慣れてくると「おまえ・おまえら」を用いるが、少し和らげるために「おまえさん・おまえさんたち」とう二人称をよく用いる。なんか時代劇みたいだけど。町人の妻が旦那に話しかけるときのシーンをつい思い出してしまいます。わたしはこの「おまえさん」という二人称を好むのは、マンガ「ブラックジャック」の影響がある。私はこの「おまえさん」という二人称を好んでつかっていたのだが、言われる生徒の方はどうやら、しっくりきてなかったようだ。卒業生がそういうことを言っていた。まあ、そんなもんでだろうね。ちなみに、怒るときは「おまえ」、呆れたときは「あなた」を用いる。関西では「あなた」は少し距離を感じる言葉だ。賢い生徒はこういう言葉遣いに気がついているものだ。

 しかし、さっきも言ったが、まだ関係が熟していなのに「おまえ」と言ってしまう無神経な先生は残念極まりない。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400

小5~中3/高校受験

夏期講習受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

 

中1は目の前でやらせてみないと怖いわ

 勉強の仕方や手順を授業中に教えて、場合によっては説明だけではなくて、実際にやらせてみて、「この順番でこの方法でやりなさい」と言っているですが、そんなことはきれいに忘れてしまい、独自の方法で勉強を進めてしまう生徒がこの時期の中1には多いですね。そして、大失敗をしてしまってあたふたする場面がよくあります。もちろん、失敗から学ぶことも大事なのですが、誰もが失敗から学べるわけではないのですよ。あるレベルの学力や意識に達しないと、それは無理なのですよ。だから、この時期に中1の失敗は小さくしておくべきだと思っています。

 さて、先日、私の目の前で英単語を練習させてみたのですが、やっぱりいい加減な生徒がいましたね。私が単語練習の際に口うるさく言っているのが、「3回~5回ほど書いたらお手本と照合しなさい」ということです。たくさん書いている間にスペルが変化することがありますよね。雑な男子に多く見られますが、aがuに変わったり、nがhに変わっていまうのですよ。私が注意するまで気が付いていないのです。だいたい、こういう生徒は覚えるのことではなく早く終わらせることを目標にしてしまいますからね。

 そして、単語練習で、もう一つ気になるのが、練習の回数です。本当の最初の方だけ個数は指定するのですが、本当に最初だけです。基本的には覚えるまで練習するべきですから、単語によって練習回数などバラバラでいいのですよ。5回で覚えたらそれでいいし、30回でも覚えられなければ、それ以上書けばいいのですからね。こういうことも何度も伝えているのですが、練習の様子を見ているとどの単語も同じ回数で練習する生徒が多いのですよね。Mrとかhiとか1行も書くことないですよ。でも、根がまじめなのでしょうね、びしっと1行書いている生徒がいるのです。わずかな時間ですけど、無駄は無駄ですからね。指導することになります。ちなみに、学校の先生は回数指定の練習をさせたがる人がいて困るのですよ。中1ならまだしも中2に対してそのような宿題を課してますからね。素人のような指導にあきれます。

 ということですから、この時期の中1は教えたことや指導したことがどれほど再現できるかを確認することは大変重要なのです。もちろん、問題を解く様子を見るのも同じことです。とにかく、生徒のやることをしっかりと見ることが何よりも重要ということです。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400

高校受験/小5~中3

夏期講習受け付けています!

 

 

 

 

佐野元春の曲を聞いていると…

 佐野元春の曲はメッセージ性が強く、聞けば聞くほどいろいろなことに気付かされる曲がたくさんあります。成人してから聞くと中学高校のときには気づけなかったことに気が付きます。もちろん、解釈は聞き手に任される部分もあるでしょうが、佐野元春はいろいろなことを考えさせてくれる偉大なミュージシャンの一人ですね。

 

 1986年リリースのアルバム「カフェ・ボヘミア」に収録されている、「ワイルドハーツー冒険者たち」も様々なことを考えさせてくれる曲です。その一節に次の歌詞があります。

 

「仲間の一人は口を閉じて清らかにあるいている、仲間の一人は瞳を閉じて偽りをゆるしてる」

 

 ある意味、諦念を感じることができる曲ですが、このフレーズを聞き、「自分はどっちなんだ」と思いますし、「正しいのはどっちだ」とも思います。厳しい実社会を生き抜くためには、偽りをゆるさなければならない状況があることも事実ですからね。自分もいいおっちゃんになっていますが、この曲を聞きながら、自分の人生を振り返り、いろいろなことを考えています。

 

大和弁

 生徒に「いぬまわりをしなさい」と言うと教室はフリーズしてしまいす。誰一人に理解できないのです。それもそのはず、この言葉は大和弁の一つ奥吉野方言だからです。奈良盆地でも、中和地域つまり大和高田、橿原、桜井当たりでは通用しますけど、それより緯度が高くなると通用しないですね。特に、奈良市、生駒は他府県からの流入も多く、純粋な奈良の人間は少なくなっていますから無理もないのです。ちなみに、「いぬまわり」とは「帰る準備」という意味です。「いぬ」は「往ぬ」ということです。古語が残っているのですよ。

 言葉も変化するものですが、こういう言葉が失われていくは寂しいと思っています。ですから、私は日常生活の中で意識して大和弁を使いますし、時間があるときは生徒にこういった言葉を説明をしてあげるのです。意外と興味を持って聞いてくれるんですけど、言語そのものに興味を持って欲しいと思いが根幹にあります。

ところで、7月の小学生総合の授業のテーマは大和弁です。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11

0742-51-6400

 

小5~中3

高校受験