teTsu

日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

Japanの語源を知らなくても問題はないですが…

 Japanという単語は英語ですが、誰でも知っているのでもはや日本語と言ってもいいくらいです。実際、スポーツでは「侍ジャパン」や「なでしこジャパン」とかよく言ってますよね。ですから実になじみのある単語なのです。勉強としては英語の授業で習いますが、つづりも平易ですからすぐに覚えられますよね。後はアクセントと発音に注意すればいいだけです。Japanの後ろの「a」はアとエの中間音であることを心得ておけばいいのです。(このへんをちゃんと教えない人もおおいですけどね。)ですから、普通はなんの解説もなく流されてしまう単語の一つですね。

 さて、このJapanの語源を知る人は意外に少ないのですよ。これは「日本」の読み方から来ていると言われています。「日本」を中国語で読んだとき、日本の「日」は「じつ」、「本」は「ぽん」ということで、「じつぽん」⇒「ジパング」⇒「ジャパン」と変化した言われています。辞書にもこう書かれていることが多いと思います。「へえ」っと言う感じですよね。さらに、Japanではなくjapanと小文字で書くと「漆」や「漆器」という別の意味になるのです。動詞で「漆を塗る」という使い方もできます。ちなみに、Chinaもchinaと小文字にすれば「磁器・磁気製品」という意味です。

 このJapanの語源を知らなくても日常生活にも勉強にも一切問題はありません。(小文字のjapanはテストに出る可能性は十分にありますよ。)何も困らないわけですよ。しかし、この語源を知れば突然に別の扉が開く可能性があるのです。「語源の扉」、そして、これは過去のことですから「歴史の扉」、もしかしたら、全く別の扉が開くかもしれません。これは生徒にもよりますし、もしかしたら開かないかもしれません。でも、ほんのちょっとしたことを知るだけで好奇心が爆発する可能性はあるわけですよ。聞かなければそのチャンスはないわけです。ですから、誰からな習うかは大事なのですよ。教えるべきことだけしか知らない、あるいは、教えるべきことしか教えないような先生に習っても、こういう話は聞くことができないのです。好奇心を爆発させ、新しい知の扉を開くチャンスはたいへん小さいものになってしまうのです。今後はAIが教えることも増えるでしょうが、AIがそこまで気が利かせるでしょうか…。それはわかりません。

 ということですから、誰に習うかは本当に大事なことなのです。好奇心を刺激してくれるだけでなく人生に大きな影響を与えてくれる可能性もあるのですからね。塾を選ぶ時期ですから値段や利便性だけで選ばないでより良い選択をして欲しいですね。また、強引な結末に持っていきましたが、そういうことです。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り

現在新入生を募集しています。

詳しくはHP↓↓↓でご確認ください。

=TOP= 進学塾teTsu of 進学塾teTsu

小学生英語のテキストには不定詞も出ますよ

 来年度から使う小学生英語の教材の見本を見ているのですが、相当なレベルですね。小学校で使われる予定の「We Can」という教材に合わせて作ってるようなので、いろいろなことが想像できます。小6用の本を見てみると、文法事項は過去形不定が普通に出ています。What do you want to be in the future?が普通に出ています。今のカリキュラムなら中2レベルですよ。この英文が高校入試にそのまま出ることも不思議ではないのですよ。単語も相当なレベルです。今の中学生が知らない語もかなりありますよ。calligraphy(書道)なんて普通は知らないですからね。

 でも、たくさんの文法事項や単語が出ると難しいと言えば難しいのですが、自然な表現が増えるのでむしろいいのですよ。しかし、小学生にこのレベルの内容を教えるとなればそれなりの苦労があるのです。基本的に文法は教えませんからね。文法を教えると短時間で教えることができます。そうじゃなければ、たくさんの例文を与えて反復の中で身につけていくことになりますから、時間がかかるのですよ。時間が十分にあれば不安も消えるのですが、時間がないですからね。本当に苦しいと思います。今までに十分に英語を教える経験を積んでいれば別ですけどね。とにかくがんばっていただきたいですね。私は授業のやり方は普通にイメージができているのですが、家庭学習をどうさせるかが悩みどころなのですよ。たいへん難しいです。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り

 

なるほど、そのやり方はいいですね

 期末テストが迫っていますが、先ほど、中1の生徒が教科書を何ページかコピーして欲しいと言ってきました。社会と理科で数ページずつあり、コピーをしてやりました。何をするのかと尋ねると、教科書には書き込まずにコピーしたものに書き込んだり、大事なところを消して勉強に使うということでした。なるほど。いいやり方ですよね。教科書に書き込むとたいへん汚くなりますし、また見にくくなりますからね。これだと教科書はきれいなままでいけますよ。そして、教科書をまとめたり、自分で問題を一から作ることを思えば時間短縮にもなりますからね。なかなか利口なやり方だと思います。暗記系の科目や実技教科では成果を上げそうですね。できれば、今後このやり方を発展させて欲しいですよね。さらに工夫ができるはずです。別のアイディアと結び付ければもしかしたら、最強の方法が生まれるかもしれませんからね、この生徒が今後、どのように発展させるかが楽しみですし、私自身この方法の可能性を探りたいと思っています。なんかワクワクしてきましたね。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り

現在、新入塾生募集しています。

お気軽にお問合せください。

 

騒がしい自習室は自習室ではない

 騒がしい自習室の話がたまに聞こえてきますけど、それでは自習室とは言えないですよね。自習室というのは怖いくらい静かなもので普通ですよ。本当に、扉を開ける音や、本をめくる音にも気を使うくらいの静けさが普通だと思います。自習室で不必要な物音をたてるだけで人格が疑われるくらいであるべきなのです。そうやって一人一人が自習室の空気を作り上げるのです。自分たちの大切な勉強の場、いや特別な空間を作り上げるのです。そうなると家庭学習をするよりも数倍の効果をもたらすことができるのですよ。しかし、残念ながら自習室で私語をする生徒や、平気で物音をたてる生徒もいます。これは、明らかに先生の指導が足りませんね。私語をやめない生徒は自習室を使わせてはいけません。徹底的にやらないとダメなのですよ。しかし、それができない先生もいるのですよ。そんな意味のない自習室は早くやめてしまうべきだと思います。

 それにしても、何度注意しても喋る生徒がいますね。こういう生徒は基本的に幼いのでしょうね。沈黙にも耐えられないほどの幼い精神年齢なのでしょうね。もしかしたら医学的にも何かあるかもしれないですけどね。いずれにせよ、中学生になってもこれでは悲しいことです。

 まあ、そういうことですから、自習室がうるさいような塾は感覚がおかしいですし、うるさい自習室を放置してしまうということは、他にとんでもないことを放置していたり、ありえない指導があるかもしれないので気を付けた方がいいでしょう。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/0742-51-6400

小5~中3/高校受験/小学生英語

新入生募集しています。

アホですか...

音楽や映画のCDやDVDなどに関しては次のことがよく言われまよね。

        海賊版を売る

          ↓

       正規の商品が売れない

          ↓

       作家にお金が入らない

          ↓

       創作活動ができない

          ↓  

         終わり

これは残念ですよ。素晴らしい作品が創作されなくなるのですからね。

絶対に海賊版や不正な方法で作品を手に入れてはいけないのですよ。

 

 

しかし、別の業界にもこれとよく似たことがあります。

 

  授業料を下げる・無料講座をする・各種費用を費用を免除する

             ↓

          塾にお金が入らない

             ↓

         先生に十分な給料が払えない

             ↓ 

          良い先生が辞める

             ↓

        ダメな先生しかいなくなる

             ↓

        生徒の成績が上がらない

             ↓

        その塾の評判は下がる

             ↓

            終わり

 

 いやあ、ダメですよね。これはまずいですよ。一時的に生徒が集まってもこれでは何にもならないですよね。しかもおかしなですね、DVDの海賊版は別の世界の悪い人たちがやっているのですが、この「無料・免除」は自らがやっていることですから驚きますね。自分で自分たちの業界をぶっ壊しているのですからね、国会議員の足立さんならきっと「アホですか…」と言うでしょうね。教育に従事し、将来を担う子供に影響を与えるべきところが、何をしているのでしょうかね。現場の先生は一生懸命にやっているのですよ。こういうことを決めるのは本部の経営陣です。経営陣がこれではもう先はないのですよ。本当にもう終わっています。足立さんでなくてもだれもは「アホですか…」と言うでしょうね。ほんと深刻です。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り