teTsu

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

無事見つかってよかった

 山口県で不明となっていた2歳児の理稀君が見つかって本当に良かったですね。2歳児ですからあらゆる能力が低いので見つかるまでよく生き抜いたと思います。正直、謎の部分も多いですが、無事見つかったことは素晴らしいですね。また、この理稀君を見つけたのがボランティアの尾畠さんというお年寄りというのも大きな話題になっています。かなりのベテランのボランティアとして有名な方で、若者からは「師匠」と呼ばれているらしいですね。テレビで記者からのインタビューを受けているところを見ましたが、芯の通った方という印象を受けます。家族方からの申し出もきっぱりと断っているところが尾畠さんの全てを表しているように思えましたね。

 さて、こんな素晴らしい方が今まで話題に上がらなかったことが不思議ですね。ネットも新聞ニュースやテレビ報道は犯罪やスキャンダルばかりです。こういう地味な人はよっぽどの手柄を上げないと注目されないのですよ。(尾畠さんは注目されたいとは思っていないでしょうが)売れる物・視聴率の取れる物しか売ろうとしないマスコミにはうんざりですね。本当に素晴らしいものを世間に伝えることができないマスコミには残念な限りです。しかし、尾畠さんが注目されるのはいいのですが、またこれ一色になっているのがダメですよ。富田林の逃走犯についてはまだ捕まっていないのにほとんど報道されていませんからね。ちゃんとしてバランスを取って欲しいものですね。

 ところで、こういう事件の時には必ず「親は何をしていたんだ!」的な親を攻撃する発言が異常に盛り上がります。まあ、確かにそうかもしれないんですが、詳しい事情も知らずに人を悪者に仕立て上げるような言動はどうなんでしょうか。まるで自分の憂さ晴らしをするように執拗に攻める人もいますよね。ネットに書き込むだけならまだしも、直接電話したりなど、よく分からない行動にでる人もいますから、たいへん面倒な世の中です。

 最近のマスコミの報道では犯罪者あるいは怪しい雰囲気のシニアの方が多く、「若者よし年寄りダメ」的な雰囲気がありましたが、かっこいいお爺さんの登場で嬉しくなりましたね。他にもかっこいい、すごいお年寄りがいるはずなんですよ。もっと注目するべきだと思います。

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

 

 

 

映画から刺激を受けることも大事

 お盆の休み中も映画を何本も見ているが、単なる娯楽ではなく刺激にもなるし、勉強にもなるし、別世界、非日常的な世界を覗くには映画というのはちょうどいいと思う。70年代や80年代の映画を見ると懐かしいだけでなく、当時の文化がよくわかるし、当時は気づかなかったことに気づかされてくれるし、当時の価値観を客観的にとらえる良い機会になるのである。本当にいい勉強になって面白い。

 さて、最近、見たのが、「バックトゥザフューチャー1と2」、と「スタートレック」と「スタートレック イントゥザダークネス」。バックトゥザフューチャーは誰もが知るSF娯楽映画の金字塔ともいえる名作。もちろん、昔に見たことがあるんだけど、久しぶりに見てみた。内容はタイムマシーンを使って過去や未来に行くといったもので当時はそのたぐいのものはたくさんあり、決して珍しくない。しかし、これが本当によくできている。作りこみが細かく抜かりがない、ハラハラ度も高いし、コミカルな部分も大変多く、脚本もいい。大人から子供まで安心して楽しめる作品だ。

 スタートレックはあのスタートレックアメリカではスターウオーズと人気を分ける一大ブランドだ。もともとはアメリカのテレビドラマからスタートしたものでかなり多くの作品が作られている。世界中にファンを持つこの作品は私も昔はよく楽しんだ。最近見たのはこのシリーズでは新しめの作品、2009年と2013年の制作である。なんと、この作品は初期のスタートレックの前の世界を描いていて昔からのファンにはたまらない。エンタープライズ号のキャプテンのカークとMR.スポックの出会いから友情を深めていく様子が、たいへん面白いのだ。「なるほど、そうだったのか…」と思える内容で、機動戦士ガンダムで言えば、一年戦争以前を描いたORIGINみたいな感じなのである。そんなことはともかく、新しいSF映画の映像表現は凄いのは言うまでもないのだが、物語も素晴らしい。スタートレックシリーズは単なる勧善懲悪物語ではなく、様々なテーマが詰まっている。戦争と平和というスタンダードなテーマはともかく、命の尊厳や家族愛や仲間愛、宗教や差別なども深く描かれている。そして、全体を通して優れた科学技術がいたるところに登場し、専門用語も相当なレベルなのだ。ただの娯楽映画ではなく相当な教養が必要とされるのが、スタートレックの魅力の一つだと言える。だから、普通の中学生では深く理解し楽しむのは難しいはず。ある程度の学力のある高校生以上ならこの世界観を堪能できるだろう。だから、中学生にはスターウオーズも面白いのだけど、スタートレックの面白さに気が付けるレベルになって欲しいと思う。まさに、学力が高ければ楽しみや感動が増えるという言葉につながる作品なのである。

 同時に、できる生徒にはこういう映画を見て将来科学者を目指して欲しいとも思う。科学者を育成する優れた教育はもちろん大事なのだが、きっかけはこういう映画作品だったりするもの。いかいに、刺激を受けるかが大事だと思う。

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

意外にばれている

「子供がこそこそやっていることのほとんどは親にばれているぞ」と言ったら、表情が変わった小学生がいましたね。子供はばれないように必至で知恵を使ってやっているんですが、残念ながらほとんどはわかってしまいます。よほど、巧みにやらない限りばれるものです。

 同じ観点でいうと、生徒のこそこそした行動も先生はだいたいお見通しです。教壇からはよく見るんですよね。机の下に何かを隠してみているような場面も即わかります。それとは知らずに、見ている生徒がいますけどね。まあ、かわいいものです。それと、不自然な動きもよくわかります。一人だけ動き方やスピードが違うとこれも「即ばれ」なわけですよ。そういう生徒に「どうかしかか?」と尋ねると「何もありません」と言いますが、表情がおかしいですからね、どんどん追及されます。

 もちろん、先生の視界に入らなことは無理ですよ。でも、変な空気は感じ取ることはできます。ですから、いじめがなかなか見つからないのはどうも理解できないのです。よく見ていれば、現場を押さえなくてもわかりますよ。

 ちなみに、夫のこそこそも妻にはばれているでしょうね。まあ、そういうものです。

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

goodには最低4つくらいの訳語を

 先日の中1の英語の授業ではgoodを教えました。「え、今頃goodですか?エライ遅いですね?」と思われる人がいるかもしれませんが、遅い早いの問題ではありません。goodが「良い」という意味であることは誰もが分かっています。ほとんど日本語になっているといっても言い過ぎではないくらいですからね。いちいち教える必要もないくらいです。しかし、一度goodを辞書で調べてみてください。それはもうたいへん多くの意味が出てきますよ。「良い、申し分ない、上等な、適した、望ましい、役立つ、立派な、親切な、行儀のよい、楽しい、愉快な、効く、新鮮な、味の良い、元気な、健康な、巧みな、熟達した、信頼できる、十分な…」他にもありますが、これほどあるわけですよ。もちろん、全て良い意味ですよね。プラスイメージの意味ばかりです。これだけあるのですから、文や文脈で適した意味を与えないといけないわけですよ。全部「良い」で済ませると(通じますけどね)言葉として不自然なのですよね。ですから、私はこの時期にgoodの意味をちゃんと教えて自然な日本語が作れるようにしておくのですよ。と言っても、中学レベルですからそれほどいろいろ出るわけではありません。高校入試では次のようなものが主流です。

 

①He is a good singer.                  良い歌手⇒上手な歌手  

②The cake was very good.          ケーキが良い⇒おいしい

③I had a good time at the party. 良い時間⇒楽しい時間

④He took good care of the dog. 良い世話⇒十分な世話

 

 中学生ならこれくらいがきっちりできると十分です。美しい自然な日本語になります。こういうことはきっちりと教えてやらないと無理なのですよ。学力がたかくても全部「良い」訳してしまう生徒がいるのですよ。これはかわいそうです。ちゃんと教えてあげないと。トップ校を目指す生徒が「良い」しか知らないなんて本当に恐ろしいですよ。 

 ここでの学びは単語は一語一義ではないということを知ることが大きいですよね。これが分かっていると不自然さを感じたら辞書を引きますからね。そして、言葉の感覚がどんどん研ぎ澄まされてくるようになります。「良い歌手」では不自然であることに中1で気づけるということは大変意義のあることです。しかし、一度授業をしたくらいでできるようになるほど簡単なことではありません。結構、時間はかかるのですよ。このあたりをご理解いただいた上でご家庭でもご指導いただけるとたいへん助かります。

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

 

 進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

 

そんな狭い教室だと長時間は無理だよ

 夏休みは普段より授業時間も長く塾で過ごす時間はたいへん長くなる。特に受験生は授業数が多いだけでなく、拘束時間も長く設定されている。授業以外に自習勉強やテスト時間が設定されるているからだ。うちの塾も同様で、たぶん、その辺の塾の中では一日の拘束時間は長い方だ。中3は週4または週5で塾に来て、ほぼ8時間は塾で過ごす。もちろん自習時間も含めての時間である。塾で過ごす8時間はかなりしんどいと思う。学校とは違い自由に動き回ることはできないし、当然運動もできない。塾によっては本当に狭い教室で長時間過ごすことになり、たいへんなストレスを抱えている生徒がいるはずである。

 塾の教室は学校のそれと比べると相当狭い。(学校は広すぎると思うのだが…)ひどい塾は狭い教室に机が詰まりすぎていて、相当窮屈だ。先生が机間巡視ができない程である。ということは、生徒も隣りの生徒と肘がぶつかったりすることは頻繁にあるし、トイレに行こうと思って動くのも一苦労なのである。もう気を使いまくらないといけないし、仲の悪い生徒がいたりすると終わる。だから、当然カバンさえ置くスペースは十分でない。自分の座っている椅子の真下に置いたりするのだろう。こんな状況で長時間の授業は無理である。

 さすがに、昔と違ってこういう極端に窮屈な塾は減ってきているはず。でも、一度見ておいた方がよい。本当にちゃんとした環境で勉強ができているのかは分からない。特に大手はこのへんもダメ。ちなみに、うちは快適だ。「生徒が少ないからだ」突っ込まれそうだが、もともと大人数の塾にするつもりではない。だから、中3には十分な空間を与えている。カバンも置けるし、机も広い。隣の生徒と肘がぶつかってトラブルになることもない。トイレに行くのに異常なほど気を使わなくても済む。さすがに運動はできないが、手を伸ばして伸びをするくらいはできる。だから、長時間塾で過ごすことは楽ではないが、意外に快適な面もあり、過ごしやすい。だから、うちの中3の夏期特訓はこの長時間でできる。カバンを置く場所にも困るような空間では、よく耐えて3時間が限界だ。そんなものだ。ちなみに、長く塾で過ごすためには他にも配慮してあげないといけない。ここには、いちいち書かないがいろいろな配慮がいるのだ。ただ、申し訳ないのがエアコンが効きすぎること。ハイパワーなのはいいがコントロールがそれほど自在でないのだ。これ関してはマイナスである。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

相対性理論は知らなくても分からなくても問題ないけど…

 何でもいいんだけど、例えば、普通の人間はアインシュタインの「相対性理論」を知らなても分からなくても日常生活に全く差し支えない。普通に仕事も勉強もできるし友達と仲良くもできる。飯だってうまいし、音楽も普通に聞ける。しかし、何事にも興味を持つことは大変重要で、相対性理論を知ろうとして本を読むことには大きな意味がある。全く分からなくても本を読むことで物理学の扉を自ら開こうとしたのだから、たいへん意義深いことなのである。でも、たぶん相対性理論はわからないだろう。しかし、テストにも出ないこと、仕事にも関係ないことを必死になって考えることは大切である。そして、そういう本を読むことで様々な理論や専門的な語彙が入ってくる。意外と日常的な言葉もあるかも知れない。それらを知るだけでも相当な収穫なのだ。

さらには、自分の浅学さ無知さを教えてくれ、なんとなくだけど、がんばらないといけないと思わせてくれるのだから、大したものだ。相対性理論の本を読んだことがあるという事実もいつか自分に何かを与えてくれるかもしれないし、自分の書棚に相対性理論の本があれば、いつの日かまた挑戦してやろうと思うかもしれない。そんなことを繰り返しながら歳を重ね思考も深まり、物の見方にも深みが増すだろう。

 私は文系の人間だから数学も全くダメだったし、理科も中学程度が精いっぱいだから相対性理論には程遠い人間である。しかし、高校生くらいの頃から何度も挑戦している。相対性理論の本も読んだし、テレビ番組も見た。もちろん、なんとなくしかわかっていないけど、副産物は多かったので自分としては良い経験になっている。それ以上の発展がなかったのは残念だけど。人によって人生の分岐点になることもあるだろう。

 

 こういうことは、好奇心が旺盛で本を読むことができる力があれば別に難しいことでは無い。(この二つがそろうのが実はたいへんなのですが…)しかし、最も大事なことが「相対性理論」という言葉が聞こえてくる環境なのである。普通の家庭この言葉が飛び交うことはあり得ない。ということは学校である。先生や友達がどれだけ話題にするかということ。こういう言葉が話題になる学校は自然と偏差値も高くなる。そういうことなのですが、別にこれがすべてはありません。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

夏に関する言葉を書かせてみると

 先日の小6の授業で、夏に関する言葉を何でもいいから20個ほど書かせるということをやった。食べもの、生き物、植物、行事…で思いつくものを書かせてみた。真っ先にでるのは、海、プール、水泳、スイカ、虫取り、かき氷…というレベルの言葉。一般的というか普通過ぎて面白くないのだが、進んでくると、エアコン、熱中症などが出た。世相を表していると思いながら、眺めているとどの生徒もほぼ同じことばが出てくるのだ。同じような価値観で、同じような生活をしていることがよくわかった。しかし、しばらくすると、一人の生徒が「ポケモン」と書いたのだ。びっくりしてその生徒になぜ、ポケモンが夏なのかを尋ねると、ポケモンは毎年の夏休みに映画の上映があるとのことだった。なるほど、そう言えばそうだ。毎年、夏休みに映画をやっているのだ。それならば、この解答は正解である。個人によって感覚は異なるが、この生徒にとっては間違いではない。さて、この「ポケモン」の解答に対して、どう対応するかが問題だ。頭ごなしに「ふざけるな」とか「真剣に書け」などと言ってしまってはダメなのである。「えっ」と思うようなことにも子供なりに筋が通っていることがある。(もちろん、とんでもない思い付きもあるが)そのあたりを踏まえて接しないと先生は務まらない。

 さて、もう一つ気になったのが、「おばけ」や「怪談」といった解答がなかったことだ。このあたりは昔とは違うんだろうね。我々の子供の頃は夏休みといえばオカルト一色の雰囲気だったもんだが。時代は大きく違っていることを痛感した次第。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

 

夏休みの学校の宿題って...

そろばんのもりもと先生がこんな記事を書かれてました。

基本的には私の考えと似ている部分が多いですね。

blog.goo.ne.jp

ということで、私も学校の夏休みの宿題について書いておきます。

だいたい、学校のj夏休みの宿題には疑問が多いのですよ。

気になるのは次の点

 ①多すぎる

 ②指導がほとんどなし

 ③謎の形式

 

まずは①、宿題の量。

これは学校によるのですが、びっくりする量の宿題がありますね。もちろん長い夏休みですから、できる量なのですが、自己管理能力の低い生徒にはたいへんな量に見えているのではないでしょうか。多いと生徒は手を抜きます。でたらめなことや適当なことをしようとします。(もちろん、それを学ぶことも大事ですが)宿題の狙いなど理解せず、ただ面倒なものとして位置づけるだけなのです。

 

②指導がほとんどなし

 問題集をやる程度なら説明は要りませんけど、自由研究にしても、ポスターを描くにしても、作文を書くにせよ、きっちりとした指導をしないといけないはずです。普段の授業ではほとんど指導されていないはずでよね。にも拘わらず宿題を課すのはひどいですよ。利口な生徒は別になんでもそつなくやってのけますが、そんな生徒はごく一部。多くの生徒はうまくできなくて、どうしていいか分からなくて困るのです。親が協力してくれるところはまだいいですが、忙しい親が増えている現在は期待はできません。ということで、多くの生徒はついつい適当なことをしてしまうのですよ。

 

③謎の形式

 以前から不思議に思っていたのですが、どういうわけか「新聞形式」の宿題が多いのですよ。調べたことを新聞紙面ようにまとめる上げものです。職業インタービューを新聞風にまとめたり、家庭の出来事を新聞風にまとめるというものですが、この「新聞形式」の狙いはいったい何なのでしょうか…新聞形式でまとめるこでどんな力が付くというのでしょうか…学校って新聞が好きなようですね。何かあれば新聞を作らせるイメージがあるのですが、それだけこだわるのであれば、やはりきっちりと方法を指導し、狙いを明らかにし、生徒のモチベーションを上げないとダメですよ。ポンと与えるだけでは大切なものであっても大切さは伝わりません。意味のない作業をさせることになりかねないのですよ。

 手前味噌ですが私の長女は成績は優秀な方でなんでもきっちりとやる方でしたが、新聞形式の宿題は嫌いだったし、意味を感じなかったと先日言ってました。そんなもんなのですよ。よかれと思って出している夏休みの宿題など大した意味はないのですよ。もちろん、意味のわからないことや、無駄と分かっていてもやらなければならないことを経験することも必要ですよ。でも、先生はそんなふうには思っていないですよね。そこがダメなところなのですよ。

 

 他にもいろいろつっこみどころがあり書ききれません。多くの学校は夏休みの宿題がリスト化されているのですが、似ていると本当に疑問が多く浮かんできます。子供のためにしっかりと考えられた宿題ならいいのですが、「去年もやったから今年も…」という感覚で出しているような宿題が多いように思えます。学校の先生の中にもこの夏休みの宿題に疑問を感じている先生はいるはずです。勇気を出して「宿題なし」を宣言して欲しいものです。

 

 去年にも書いたのですが、夏休みは長いです。本当に長いですよ。エアコンが完備し暑さ問題をクリアできれば、3週間にくらいに縮めても問題ないと思います。いや2週間でもいいかもしれませんね。これが実現するとカリキュラム問題もクリアできますよ。もちろん、夏は特別授業に切り替えてもいいわけで理想的なことを追求できそうな気がするんですよね。(まあ、塾的にはまずいのですが…)

kuri2013.hatenablog.com

 

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り