読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「◯◯点アップ!」って本当に信用できるの?

 中間考査真っ只中ですね。中間考査が終わるとそれぞれの塾では「5科目80点アップ!」「数学30点アップ」といった文言がチラシやHPに書かれます。それを見て世間の人たちは「◯◯塾は凄い」とか「◯◯塾は指導力がある」と思うのでしょうね。特にものを知らない子供は騙されますね。大人はそれほどバカじゃないですけどね。だいたい、試験の難易度は一定ではありません。問題数だって一定とは限りません。当然作成者だって同じ先生ではありません。とうことは、定期考査の問題の質はかなり不安定なのですよ。ですから、異常に平均点の高いときも低いときもありますからね。そんな難易度の不安定な試験の素点を比べるっておかしな話ですよね。

 

例えば、前回のテスト 50点/平均50点、

    今回のテスト 80点/平均80点

わかりやすくするために、少し極端に設定しましたが、素点は30点もあがりましたが、平均点も上がっています。これで本当に30点上がったと宣伝していいのでしょうか…おかしいですよね。本来なら平均点も併記すべきですよ。(そんなことをしたら宣伝になりませんけど)本来こういう難易度の違いをカバーするために偏差値を用います。その平均点を偏差値50としますから、難易度違っても比較できるのですよ。ですから、この場合だと、前回も今回も偏差値は50。ということは変化なし。上がってはいないのです。

 

 

 

 そしてもう一つはその生徒の元の成績です。つまり、前回50点だった生徒は頑張れば30点アップして80点は可能ですが、前回80点だった生徒はどうでしょうか…30点アップは理論的におかしいですし、残りの20点は難易度の高い問題や取りにくい問題ですらね。80点を90点にするのも至難なのですよ。そして、前回50点の生徒の基礎学力も様々です。極めて高い学力を持っているのに、サボりまくって50点だった生徒を縛り付けてやらせれば80点になるでしょう。これはやらせただけです。しかし、学力的課題を抱えた状況で50点だった生徒はそう簡単には30点あがりませんよ。普通は相当な期間を要します。しかし、そんなこともチラシには書きません。当然ですよね。宣伝になりませんからね。

 

 ということですから、チラシや広告にはウラもありますしごまかしもあります。極論嘘も100回言えば本当になると言いますから、そういったいい加減なチラシを頻繁に出す塾はそれを狙っているとも言えます。そしてチラシや宣伝の回数が多いということは根本的に商売であるということ、そして莫大な宣伝費は授業料やその他の費用に組み込まれているということを心得ておきたいものです。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/とりみ通り/0742-51ー6400

プログラミングって全員が学ぶ必要あるのだろうか…

 プログラミングを小学生に必修化するとか話題になっていますけど、本当に全員が学ぶ必要があるのでしょうかね。国としては多くのITエンジニアを育てたいということらしいですが。いつも思うのですが、もっと基礎的なことを勉強があるのですよ。例えば、理科ですね。自然の摂理・法則・メカニズムをもっとしっかり学習すればプログラミングを学ぶ土台になるでしょうし、エンジニアや科学者を育てることにつながるはずです。プログラミングのような専門性の高いことに低学年から絞り込むことに不自然なものを感じます。低学年は幅広く好奇心を刺激し興味を持たせることが必要なのですよ。理科の面白さや大切さをしっかりと教えてやれば将来プログラミングに進む子供も増えるでしょうか、もしかしたら、それ以上に素晴らしい道を開拓する人が育つかもしれません。

 国の偉い人は教育の現場を知りません。生徒の学力を把握していません。テスト結果を数値でしか見ることしかができないのです。それで、去年よりどうだとか、国際的にどうだとかを議論して自分たちの都合の良いように方針を立てるだけですからね。例えば、「太陽は東から昇る」というレベルの自然の当たり前の法則を知らない子供は多いですし、またどうでも良いと思っている生徒も多いです。また言葉としては知っていてもどういうことかを理解している生徒は少ないですね。中学生でも偏差値50程度生徒でもそんな様子ですよ。そんな現状も知らないで、プログラミング教育を推進するのはどうなんでしょうかね。

 ちなみに、小学生には理科の専門性の高い先生を配置するべきですね。理科実験みたいなことだけでなく、ちゃんと理科を教えられる先生を養成し配置して頂きたいものです。そして、夏休みなんて休ませるのではなくって、理科の特別教室を開いたらいいのですよ。一部の人と業者が儲かる体裁だけの教育改革はいい加減にしてもらいたいものです。

 

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu

角松敏生 SEA IS A LADY

 暑い日が続いています。梅雨に入ると少し涼しいときもあるでしょうが、日差しは完全に夏ですね。日中、車をに乗るとエアコンを入れないと厳しい状況です。しかし、これくらいの暑さなら、私は風を感じながら走るほうが気持ちいいですけどね。

 さて、暑くなると聞きたい音楽があります。専ら昔の音楽ですが、昔は夏らしい音楽が多かったような気がします。そして、その中にフュージョンと呼ばれるジャンルの音楽がありました。本当にこのフュージョンは80年代に流行ってましたね。フュージョンの定義は難しいのですが、短く言うとジャズの派生ですね。ロックやR&Bまたは電子音楽と融合された音楽です。基本的に歌詞はなくインストゥルメンタルです。よく天気予報などのBGMになっている心地よい曲です。

 数あるフュージョン音楽の中でも私が最も好きなのが、角松敏生ですね。角松敏生は歌詞のある普通の歌も歌っています。昔はシティポップというようなジャンルで呼ばれていました。基本的に自ら作詞作曲をするいわゆるシンガーソングライター(古い響きですね)で、プロデューサーとしても活躍した音楽家です。特に中山美穂やANRIのプロデューサーとして有名ですね。その角松敏生が出したインストアルバムが1987年発表の「Sea is a lady」です。その後1990年にも「Legacy of you」というインストアルバムを出したのです。どちらも当時は話題になりましたね。しかし、私はどちらかというと1枚目の方が好きです。当時はバブル真っ只中ですから、どうしても高級リゾートな雰囲気と結びつきますが、たいへん心地よい音楽です。一度聞いてしまうと海が見たくなって仕方ないような曲なのです。メロディは美しく30年前の曲とは思えないのもいいですね。いまだに、いろんな場面で使われていますから、知っている曲も多いですよ。それにしも、この時期の角松敏生は「才能がほとばしる」というような紋切型の形容はふさわしくなく、まるで「水道管破裂」のような勢いがあったのですよ。

 

www.youtube.com

 

進学塾teTsu/奈良市鳥見町1丁目2-11/電話0742-51-6400

 

 

 

そないに怒りますか…

 私は中1くらいの頃、英語が全く出来なくってまともな点数を取っていませんでした。昔の定期考査ですから、簡単なんですよ。今の問題と比較するとアホみたいなテスだったのです。また地域的にも難しくはなかったのです。市販の教科書ワークみたいな問題集をきっちりするだけで80点以上は確実に取れたのです。特別な対策をすることもなく高得点が取れたのです。そんな時代でした。しかし、私は恥ずかしながら50点~60点程度しか取っていませんでした。ひどいでしょ。しかも中1ですからね。勉強もしていなかったですし、授業も聞いていなかったのです。

 

 さて、そんな状況ですから、間違い方もレベルが低く、(まあ、よくある間違いと言えばそうですけど…)Does he~とするところを、Do he~としたり、It's long.いいのに、It's a long.と言っていたことを覚えています。なぜ、そんな昔の間違いを覚えてるのかと思われるでしょうが、実はこれで、先生から怒られたのですよ。しかも、びっくりするほど怒られたのです。当時、近所のお兄さんに教えてもらってました。その先生に怒鳴りつけられて、「もう、試験受けるな!」と言われたのですよ。冠詞の有無だけでそこまで怒るとは思いませんでした。しかし、自分にとってはこれが転機になったのですよ。それまで、私は適当な中学生でしたから、「aなんかあってもなくても分かるやん…」「DoでもDoesでも疑問ややからええやん…」というふうに思ってました。典型的なできない子の思考だったのです。そこから、自分の中にいろいろな変化があり、中2の中頃には普通に高得点が取れるようになってました。勉強のコツやポイントが分かることも大事だったのですが、意識が変わったことが大きかったですね。勉強に対するいい加減な部分が消えたのです。どうでもいいとは思わなくなったのですよ。あの先生の怒鳴り声と、真剣な表情で「これではあかん」と思ったのです。

 

 こういった体験で目が覚める生徒は実際にいます。考えや行動が大きく転換する生徒もいます。しかし、全員ではないのですよね。ですから、少し間違えたくらいでは頻繁に怒鳴るわけにはいかないのですけど、一年に数回は怒鳴ります。大事さを伝えるために。間接的にそれを聞いて改める生徒もいますからね。まあ、バランスが大事だと思いますけど、「そないに怒るか…」と思うような体験は大事だと思っています。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400

小5~中3/高校受験/定期考査対策

「見る」と「見える」とか「した」と「していた」とか…

 驚くかもしれませんが、「見る」と「見える」の違いがはっきりとわかっていない生徒は多いのです。さらに、「見せる」が入ってくると混乱していますね。もちろん上位層にはほとんど見られせんが、偏差値50台以下の生徒は心配ですね。さらに、「~します。」と「~しています。」この両者の違いも難しく感じているようです。「~しています」は現在形でも現在進行形でもどちらでも解釈がありますから分からなくも無いのですけどね。そして、「する」と「される」、つまり能動と受動もたいへん難しいのです。英語が伸びない生徒、理解できない生徒の多くがこのレベルの日本語理解があまりにも乏しいということです。この状態で、英文を叩き込んでも意味がありません。暗記してもすぐに忘れてしまうのです。ですから、英語を教えるときには日本語の根本を学ぶことが必要で、授業のポイントもそこにあるのですよ。そして、生徒もその機会に日本語に対する認識を深める必要があります。それが出来た生徒は理解力が飛躍的に向上し英語の力を伸ばすことができるのです。しかし、こういう言葉の感覚はもっと日常の中で磨いてほしいですし、このレベルの生徒は日常の言葉遣いもかなりいい加減ですからね。

 最近は英語指導において「4技能」が話題になっていますね。大学入試の英語も英検に委託され、その方向で変わりつつあるようです。しかし、それはそれで改革すればいいですけれど、その前に、(同時でもいいですけど)手を付けなければならない問題が多くあるのです。偉いに人にはそれがわからんのですよ。(ガンダム風に締めました)

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/0742-51-6400