TETSU JUKU

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

「漢字の呼び飛ばし」は意外にある

 随分と前に低学力の生徒を教えたとき、驚くべきことを口にした。

「僕は漢字をほとんど読み飛ばしている」

 その生徒は中3だった。単に学力は低いというだけでなく、中3の割には語彙力は低く、思考力も弱い。そして、漢字をほとんど知らない。小学生の低学年並みの漢字力だった。絶望的である。集団塾に通ってる場合ではない。彼は夏期講習会に来たのだが、入塾はお断りした。

 

 さて、ここまで極端な生徒は珍しいが、「漢字を読み飛ばしている」生徒は少なくない。偏差値50程度の生徒の中には意外に多くいる。偏差値50を下回るとたいへん多くいる。読めない漢字を調べるのは面倒くさいというのもあるし、そもそも漢字なんてどうでもいいと思っているかもしれないし、漢字に何の価値も感じていないということだろう。しかし、漢字だけの問題で済めばいいのだが、この呼び飛ばし問題は他教科にも影響する大問題となる。漢字力が低いということは専門的な言葉は理解できない。理科や社会の専門的なことは理解できない。

 そして、読み飛ばすだけならいいが、読めない漢字を自分が思うまま適当に読んでいるという可能性もある。ということは単に知らない、読めないだけでなく、間違った情報がどんどん積み重ねられているということでもある。これが長年続くと本当に矯正できない。どうにもならなくなるのである。単に低学力というだけの問題では済まないのだ。

 だから親や先生やこの辺りには目を光らせておく必要がある。特に小学校中学年くらいから勉強に対するいい加減さを感じたら「読み飛ばし」あるいは「でたらめ読み」があるかどうかを確認しておくべきだろう。書き順がおかしいのも絶対に見逃してはいけないのだ。極端な話として他人事にしてはいけないと思う。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

 

羽生結弦選手の「俺は三倍やる」は他人事ではない

 フィギュアスケート羽生結弦選手は後輩たちへのアドバイスとして

「俺は三倍やる、三倍やったら絶対上手くなる」と言った。

この様子をテレビやネットで多くの人が見たことだろうと思う。おそらく、多くの人が「さすが、羽生結弦!」と感嘆したに違いない。そして、「私にはそんなことは無理だ」「羽生結弦だからできるんだ」などとと思った人も多くいたことだと思う。それはもちろん間違えていないと思うし、素直な気持ちだ。三倍の練習量を普通にこなせる気力と体力は尋常とは言えない。しかし、世界トップの選手なのだから別に不思議ではない。口にするかしないかは人にもよるがトップ選手と言うのはそういうものだ。

 

 さて、この「三倍やる」はトップの世界の特別なこととして位置づけいいのだろか。他人事にしてもいいのだろうか。私はそうは思わない。三倍とまではいかなくても羽生結弦選手のような考えの持ち主はどの世界にも意外にいる。「自分は人の倍をやらないといけない」という考えの人は一人二人ではないし、「次の対戦相手は強豪だから練習を増やすぞ」と考えることも一般的だ。クラスメイトにも部活のメンバーにもこういうふうに考える人は必ずいる。意外に身近にいるのである。珍しことではないのだ。

 しかし、基本的にはそういった努力を公言はしないものである。だから気が付かないことが多い。「まさか、アイツがそんなにやっていたんて…」と思ったときは大敗を喫することになる。

 

 受験勉強で大切なことは目標の学力を身につけることであることは言うまでもない。しかし、もう一つ大切なことはライバルに負けないことだ。自分が目標の学力を手に入れたとしても、周りも同等の力を手に入れていれば勝てない。更に努力が必要となる。だからできる人は必ず周りと自分を比べている。自分は勝っているのか負けているのかに敏感なのである。勝っていれば、更に引き離すことを考え、負けていれば追いつくことを考える。その考えの究極が「三倍やる」なのである。二倍まではライバルがいても「三倍やる」にはライバルが不在になる。それが常に勝つ者の思考だろう。

 というわけでこの羽生結弦選手の「俺は三倍やる」という言葉はたいへん重要なのである。決して他人事ではなく身近にあることであることを心得て邁進したいものだ。

 

f:id:kuri2013:20180625140324p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

電話0742-51-6400

 

スタンダード サムシング 明光 スタンダード サムシング 明光

2020年の奈良県公立高校入試について

 2019年公立高校入試も混迷を極め、進路指導は本当に困ったのだが、2020年も非常に難しい状況にある。このまま予定通りいくと、平城高校と登美ヶ丘高校の募集はない。西ノ京高校の募集が最後となります。そして新たに国際高校の募集が始まる。国際高校は既存の高校の名前を変えたものではなく全くの別学校。普通科ではなく国際科であるから、全然違う学校となる。表向きは平城高校と登美ヶ丘高校を統合し新たな高校が生まれたことになるのだが、生まれる高校が「普通科」ではなく「国際科」なのである。国際科は普通科とは異なる。もちろん共通の部分もあるが根本的に違うのである。ということは、本来の登美ヶ丘高校や平城高校の志望者がそのまま新規の国際高校に流れるということは考えにくい。むしろ敬遠される可能性がある。だから、高校が一校減ったのではなく普通科が二校減ったと取るべきなのである。

 さて、受験者はどう動くだろうか…正直なところ読めない。昨年度も予想外の展開になったし、予想通りに事は運ぶほど簡単なものではない。生徒の希望に加えて中学校の進路指導も影響するから尚わからない。しかし、分からばいとも言ってられないので、分からになりに予想をしてみる。

 

①従来の平城高校を受験する層

 上位はかなり優秀なので郡山高校(一部は畝傍や奈良も)に流れる。

 中位以下は奈良北高校と一条に分かれるだろう。

 

これにより奈良北高校は壊滅的な人気が少しまともになると思われるし、一条は相当な数の生徒が集まりたいへん競争倍率は上がるだろう。

もちろん国際高校を目指す生徒もいるだろうが、英語を学習したい生徒は一条高校の外国語科コースもあるので、なんとも言えない。

 

②従来の登美ヶ丘高校を受験する層

 よくわからないまま国際高校を志望する生徒と、生駒高校や西ノ京高校を受ける生徒に分かれる思われる。よって生駒高校の倍率上昇は避けられないし、西ノ京高校の募集も最後になるが、意外に集まるかもしれない。そして、この学力層で考えられるのは私学へ流れること。以前からこのクラスの受験者の考えかたとして大学入試を視野に入れ私立を受ける層は多い。それが例年より加速する可能性は十分ある。昨年度の入試でも同傾向があった。

 

③国際高校

 国際という言葉は響きがいいのだが、既存の国際高校(高取国際・法隆寺国際)が大成功をしているわけでもないので、それほどの期待感はない。もちろん英語学習は大事だがその気になれば英語程学習しやすい教科はないので国際高校でなくても大丈夫だと思っている。何よりも普通に大学進学を考えるのならやはり普通科の方が良い。わざわざ国際高校を選んで日本の大学から遠ざかるのももったいない。

 しかし、新しい国際高校の魅力は国際教育資格となる「バカロレア」である。現在、このバカロレアが世界的に非常に価値のあるものとして評価されているのである。従って海外の大学に入りたい生徒や留学を希望する生徒、将来海外で活躍することを目標にしている生徒にはたいへん価値があるようなのである。高校の時から国際感覚を身に着けたい生徒にとってもいいだろう。日本でのバカロレア認定校はまだ少なくわずか38校である。希少価値は十分にある。

 しかし、奈良の人間は保守的だし(北部はまだましだが)新しいものに飛びつくようなところは少ない。どれだけ素晴らしいといわれても「国際バカロレア」の知名度もあまりにも低く、魅力的には映らない。もっときっちりと広報活動をしなければだめだろう。

 というわけで、普通に予想すると、国際高校の人気はそれほど高くなるようではないし、定員が割れる可能性も十分にありうる。受験者の偏差値も60は超えない。55前後程度ではないかと思っている。(この辺は勘です)

 しかし、この国際教育とか国際感覚って何なんだろう…日本のことをほとんど知らないで国際も何もないんだが、うわべだけの心地よい響きの言葉に惑わされてはいけない。

 

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

後期生募集しています。

お気軽にお問い合わせください。

 

一分一秒を無駄にしない勉強法

 私は昔から単語カードは好きで、よく使っていた。何がいいのかと言えば、あの大きさだ。掌にすっぽりと収まるコンパクトな大きさが本当に素晴らしい。だから、二つ三つポケットに入っていても邪魔ではないし、私は高校生の時はテスト前にはかならずポケットにいくつか入れていた。そして、その掌に収まる大きさだから手に持っていても不自然ではないし、どこででも取り出せ、どこででも勉強でききるのである。覚えるべきこと、覚えたいことをまとめておき、ちょっとした空き時間に勉強できる。ノートや教科書を開かなくても、わざわざ辞書を引っ張り出さなくても勉強はできるのだ。だから、本当に短いを時間を活用することができる。一分一秒大切に無駄にしないということさえ、この単語カードがあればできてしまう。非常に優れた代物だと思う。

 さて、この単語カードだが、多くの人が先入観を持っている。単語カードは別に英単語を覚えるためだけのものではない。漢字はもちろん、社会や理科の基本的な用語を覚えるために使ってもいいし、数学なら定理や公式の確認に使っても良い。何にだって使えるし、そういう柔軟な発想を持って勉強しないことには、いつまでも勉強は上手くならない。実際に、できる生徒はいろんなことを単語カードに書いているのだ。だから大きな視点をもてって単語カードを使いたい。しかし、問題はこの単語カードの作成に時間をかけすぎるのはいけない。それこそ無駄というものである。勉強にはどうしても作業は伴うが極力その作業を小さくするのことが大事なである。短い時間を有効に使うために単語カード作るのに、その作成に時間がかかりすぎれば、何をしているか分からない。

 ではどうすればいいか?簡単である。授業中に作ればいいのだ。授業を受けるときに単語カードを準備しておき、先生が言う大事なことや板書することの一部を単語カードに書いていく。もちろん、全部書く必要はないしそんな時間も意味もない。自分にとって大事なこと、覚えたいこと、間違えたことなどを書いていく。そうすると授業終了後には素晴らしい教材が出来上がっているのだ。自分専用の教材ができ上がっているのだ。

 実際、「我々は一分でも大切に…」などとは言うが本気でそれが実践できている人は少ない、というかまずいない。しかし、こういうものを使いこなすことができるとそれが可能になる。

 この単語カードの活用は万人受けするもではないとは思う。向き不向きもあるだろう。しかし、現状の勉強法に行き詰まりを感じたり、もっと時間を有効に使いたいという人はやってみる価値はあるだろう。

 

f:id:kuri2013:20180807165044p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

現在新入塾生を受け付けています。

体験授業もあります。

電話:0742-51-6400

 

どうして「鳴くよウグイス平安京」を教えないのか

 時代とともに様々なものが変化しているが、教育の世界でもいろいろ変化している。変化するべきものが変化するのは構わないが、変化してはいけないものが変化したり、だれかの都合で変化させられてしまうのは誠に遺憾であると言わざるを得ない。特に、最近では、小学生に英語とプログラミングの授業を入れるようになったことと、大学入試のセンター試験の廃止はとんでもない改悪であり、このために一部の人や企業が潤う一方で、教育全体が路頭に迷うかもしれない危機に差し掛かっている。もし、ハングマンがいれば、文科省の大臣を始め、政府の関係者も処分をしてもらいたいくらいだ。

 さて、教科の内容も随分と変化している。例えば、歴史はどんどん新事実が明らかいなり、40年前と比べれば相当な変化がみられる。その代表は、鎌倉幕府の開始年である。昔は1192年、「いいくにつくろう」のごろ合わせで覚えたのだが、今は1185年である。1185年と言えば源平合戦の最後の壇之浦の戦いだ。もうあの「いいくに作ろう」は使えないのである。これは、残念。そして、世界最大の墓は仁徳天皇陵でははなく大仙古墳と呼ぶようになったし、挙句の果ては「聖徳太子はいなかった?」などという説が頻繁に聞かれるようになった。(聖徳太子は今の教科書にはあります。)だからアラフォーアラフィフの方は今の歴史教科書がどうなっているかは知っておくべきで、知らないと子供にバカにしまうかもしれない。

 そんななか、教え方も変化している。授業にパソコンやタブレットを導入し、より分かりやすい授業が提供され、先生のスキルが低くてもなんとかなったりする。最低レベルが保障されているので、決して悪いことではない。さらに上手く活用すれば昔の生徒よりも学力を上げるととができると思うし。(現実はそう簡単ではないが)

 

 おっと、無駄なことを書いてしまった。本論に入る。もちろん「変化」がテーマである。最近、気になっていることは、歴史の授業で「鳴くよウグイス平安京をどうやら教えていないようなのだ。生徒に尋ねると「聞いたことがない」「教えてもらったことがない」という返答である。最初はうちの生徒がたまたまなのかと思っていたが、いろいろな先生にも尋ねると「最近はあまり教えてないようです」という返答だった。えっ?なんで?としか思わない。「鳴くよウグイス…」って語呂合わせの代表でしょ。語呂合わせ界の神様みたいな存在だと思ってるんだが、なんで教えないのだろう。なぜなのかが本当にわからない。もちろん語呂合わせは勉強の中心ではないし、正統なやり方ではない。しかし、学習を効率的に進めるには有効だし、暗記を補助する上ではなくてはならないはず。多くの生徒はこの「鳴くよウグイス…」と出会って初めて、語呂合わせのすばらしさを知り、勉強で遊ぶということができるということも知る。そして、その後の学習にも使っていき、オリジナル語呂合わせを生み出したりする凄い生徒も出てくる。なのに…

 そして、これについては、もう一つ思うことがあって、「鳴くよウグイス平安京」というフレーズの美しさである。「いいくに作ろう鎌倉幕府」もよくできている。しかし、それほど美しくはない。語呂はいいが、言葉そのものに美しさを感じない、「鳴くよウグイス…」の方は言葉自身も美しいが、美しい平安京が目にぱっと浮かんでくるのである。本当に美しすぎる言葉なのである。私は、この言葉は年号を覚えるためではなく、美しい言葉として教えたい。そんなふうに思うくらいだ。だから、このフレーズを教えないことがいろんな意味で不思議だし、残念だと思う。生徒に学力をつけたい、美しいものとは何かも教えたい。そんな思いが普通あればこのフレーズを避けることはまずないはず。

 しかし、何かあるはず。いろいろと探っていきたいと思う。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

天気予報は相当な教養番組

理科で「天気」の単元を学習していると、

シベリア気団」「小笠原気団」「梅雨前線」「西高東低」「高気圧」「低気圧」「移動性高気圧」「季節風」「ヘクトパスカル」…こういう用語がたくさん出てくるのですが、これって全部天気予報で言っていますよね。天気予報を見ていると必ず言っている言葉なのですよ。でも生徒は知らないのです。さすがに「高気圧」「低気圧」程度は分かってますが、「西高東低」などは知らない生徒は非常に多くなります。理科の授業で初めて聞いたという生徒もけっこういます。そういう生徒に天気予報を見ているかどうかを尋ねると、決まって「見ていない」あるいは、「明日の天気のことしか聞かない」と答えるのです。もったいないですよね。ちゃんと話を聞いていればある程度のことはわかりますし、天気予報を見ることで下地を作れますから、理科の「天気」の授業も随分と楽になるわけですよ。

 

 さらには、天気予報では、暦や季節に関する話題が非常に多く、二十四節気の解説があったり、季節を謳った和歌を紹介してくれたりもしますから、実は相当な教養番組なわけですよ。ですから、毎日も見る必要はないですが、毎週2回3回程度でいいので、きっちりと見ておけば相当な知識が身につくのですよね。こんな素晴らしい番組をちゃんと見ないとはなんて、これほど勿体ないことはないですよね。できれば、家族で一緒に見てもらうといいと思いますし、共通の話題にしてもらうといいでしょう。こういう日常生活での学び程大切なものはないのです。

 

f:id:kuri2013:20180526111414p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

凄い神社がある

 趣味が神社巡りと古代史の研究なので、すっかりオッサンなのですが、別に悪いことではありませんし、気にもしていません。多分、死ぬまで古代史と神社、そして大和言葉の研究をしていることだと思います。

 さて、夏休みですから仕事は忙しいのですが、神社巡りは続けています。気軽に行ける有名な神社はほぼ達成しているので、最近は本当に無名に近い小さな神社にも参拝をしています。しかし、小さい神社でも侮れない神社も多く、たいへん興味深いわけですよ。

 ちなみに、この3カ月程の間に参拝したのは次の通りです。

 

・山口神社(平群町

・船山神社(平群町)※苦労しました

・石床神社(平群町)※苦労しました

・火幡神社(王寺町

・久度神社(王寺町)※かまどの神様

柿本神社(葛城市)※柿本人麻呂がご祭神

・小北稲荷神社(広陵町

斑鳩神社(斑鳩町)※天神さん

大神神社桜井市

狭井神社桜井市)※病気の神様

・久延彦神社(桜井市)※知恵の神様

・笠山荒神桜井市

・葛城水分神社(御所市)

都祁水分神社奈良市

・美具久留御魂神社(富田林市)

 

 この中で最も良かったのは、もちろん大神神社ではありますが、都祁水分神社は想像以上に立派で、鳥居をくぐると小雨が降り出し、手水舎には雨蛙がたくさんいて、さすが水神なのですよ。かなりの樹齢がある檜もありたいへんいい雰囲気でしたね。

 そして、優劣はつけられないですが、美具久留御魂神社も良かったですね。下調べして行ったのではなく、グーグルマップで名前を見て興味を持ったのです。そんな気軽な気持ちで参拝したのですが、たいへん立派で、境内も非常に広く、雰囲気も相当なレベルで、びっくりするほど素晴らしい神社でした。まさに神奈備です。祭神は大国主命の荒御魂です。そして水分神社でもあり、水の神様でした。春や秋のいい気候の日にまた参拝したいですね。

f:id:kuri2013:20180625140324p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

消しゴムシャーペンを突き刺しているうちは賢くならんぞ

先日中1の生徒たちに言った大事なことは次の言葉です。

「シャーペンを消しゴムに突き刺してるうちは賢くならんぞ」

 これは低学年、低学力になれば見られる現象です。できる生徒や高学年の生徒はまずしませんからね。消しゴムに突き刺した形跡があれば、まず、学力は低いとみていいですから、注意した方がいいですね。もちろん、不安定な子供のことですから学力以外のところでこの現象が現れることもありますが、概ねこれで判断はできるでしょう。

 まあ、こういうことを言うと「先生の授業がつまらないからだ」という言葉がどこからともなく飛んでくるのですが、授業以外でもやってますからその指摘は全く意味がありません。

 

 消しゴムと学力の関係を明らかにするものがもう一つあって、それは消しゴムのケースというか紙のカバーですね。使っていると消しゴムが減りますからカバーの紙がどんどん余ってきます。そのうち消しゴムよりも長くなってしまい消しゴムがすっぽりと隠れてしまいます。そうなれば、紙のカバーなんてバッサリ切って短くすれば問題ないのに、そのまま使っていると、余った紙がだぶついて汚く不細工になり、消そうとするとカバーが干渉してちゃんと消えなくっていらいらするのですよ。でも、問題はなのはカバーを切らずに使っている生徒はそのことに違和感を覚えていないということなのです。気になれば切りますよ。しかし放置しているということは、多少汚くてかっこ悪くても、消しにくくてもお構いなしなのです。そんな大雑把な感覚では精度の高い思考も学習もできないわけですよね。これも明らかに勉強に課題がある、あるいは学力が低迷しているということの表れなのです。

 ですから、ちゃんと学力を上げるためには、まずはこういうところに目を向けて改善しなければならないのです。何度も何度も指導し、場合によっては力づくでも変えてやらないといけません。この状況で勉強時間を増やしてのざるで水をすくっているようなものですからね。

f:id:kuri2013:20180629222141p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り