teTsu

日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

筆箱を見ればその生徒の学力はわかる

 ノートはもちろんですが、筆箱にも学力は表れています。成績が低迷している男子生徒の筆箱はの中には決まって、赤ペンや色ペンはありません。入っていてもインク切れの状態です。消しゴムは直径一センチ程度の丸まったもの。あるいは、直方体の塊はきーぷれ来ていますが、穴があき鉛筆か何か突き刺した形跡が多数あります。そして、肝心の字を書くためのシャーペンは1本しかなく、それもかなりボロボロです。小学生の場合はシャーペンではなく鉛筆が主流ですが、大体2本程度、そして鉛筆そのものが大変短く、5cm未満の物が多いです。芯の先は丸いのは言うまでもありません。ということはあまりにも筆箱に意識が言っていません。つまり、勉強自身に対する気持ちも希薄ということです。

 一方成績が低迷する女子生徒はは男子生徒とは対極に位置しています。つまり筆箱の中はペンだらけなのです。驚く程ペンが入っています。同じような色のペンが多数、中には使えないものも混じっています。シャーペンも複数あり、もちろんそれは悪いことではないのですが、2本で十分ですね。3本も4本も要りません。そして、何よりも気になるのが、これらの複数のペン類はごちゃごちゃに入っており、必要なペンを出すのに時間がかかるところなのですよ。筆箱の構造上整理はできないですすが、その不便さに疑問を感じないことが心配です。一般的にこういう女子は書くことよりも文具に興味があり勉強そのものに対する意識は高くありません。

 しかし、女子の場合はできる生徒でも文具をたくさん持っている生徒はいるのですよ。ごちゃごちゃの筆箱を持っていてもある程度できる生徒はいるのです。一方、筆箱の中身があまりにも粗末な男子は、ほとんど全員が成績が悪いのですよ。例外はほぼありません。ですから、男の子をお持ちの保護者は、筆箱を定期的に確認したほうがいいですね。1カ月に2回程度は点検してもいいでしょうね。特に小学生男子をお持ちの保護者は要確認です。現時点での成績に問題はなくても中学に上がると突然現れるかもしれませんからね。

 ちなみに、優秀な成績を維持する生徒の筆箱の中身は適正です。多すぎず少なすぎず、必要なものがきっちりとそろっており、使いやすい状態になっているものです。機能的ですし無駄がないのです。理にかなっているのですよね。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り

高校受験/小5~中3/中学準備/自習室コース

学園前駅富雄駅東生駒駅

 

入試前に親ができることは...

 奈良県内の私立高校入試まであと19日となりました。益々緊張感が高まる時期ですが、不安なのは生徒だけでなく親も同じです。下手すると、親の方が落ち着かなく情緒不安定にっているケースも珍しくないでしょうね。子供のために何かしてあげることはないか、どんな声をかけてあげればいいのか、などと本当に悩みます。下手なことを言ってしまっては、子供の機嫌を損ねる可能性もありますし、不安を増長させてしまう危険性もあります。かといって、元気がないと放ってはおけませんからね。悩ましいところです。

 子供がちゃんと塾に行きしっかりと頑張っているのなら、基本的には何も言わない方がいいですね。頑張らないといけないことはわかっていますし、大事な時期であることも当然認識しています。勉強のことは塾でもさんざん言われていますからね。そこへ、家でも何度も言われると気持ちは安らぎませんし、確実に悪い影響が現れます。ここは黙って見守るのが一番だと思います。親は大きく構えて「がんばってこい」というだけでいいのです。もちろん、生活するうえで勉強以外の必要なことについてはあれこれ言うべきですよ。そして、返事をしないとか家族の一員としてやるべきことをやっていないとか、大事なことを黙っているようなことは厳しく指導する必要はあります。そこは勉強とは関係ないですし、受験生であろうがなかろうが関係はないですからね。受験生は勉強するのは当たり前ですが、勉強以外のことがすべて放免されるというわけではありませんからね。

 親ができる最も大事なことは食事を用意することですよね。勉強ばかりしている時の一番の楽しみは食事なのです。うまいものが食べられるとやる気が一気に盛り上がるものです。ですから、子供のために何かをしてあげたいと思うのなら、旨いものを食べさせてやることだと思います。ただ、気合を入れすぎると子供がプレッシャーを感じるかもしれないので、ほどほどでいいのですよ。さりげなくがいいと思います。あと、健康への目配せは言うまでもないことです。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り

高校受験/小5~中3/小学生英語

塾選びで自習室があるかどうかはかなり重要

 自習室がいつでも使える塾はそれほどありません。小さな塾ではほとんどスペースがなく基本的に自習ができなかったり、大きな塾は塾で生徒が多いので、自習スペースは限られるので、早い者勝ち。自習室の取り合いをしないといけないという事態も珍しくないです。少しでも集中できる場所を求めて探してみても市の図書館は基本的に自習はできないですよね。できたとしても、やはり席には限りがあるのです。時間も夜は無理ですからね。それに、図書館ってどうですか、人の動きが多いですし小さい子供もいますしね、集中できるとは思えないですね。

 となると、塾を選ぶときには自習室があるのかどうか、どの程度利用できるのかを確認した方がいいわけですよ。自習室がなくても大丈夫な人はいいですよ。家でできない人、よりよい環境が必要な人は意識しておくべきなのですよ。

 というわけで、うちの塾は自習室は毎日使えます。試験前は日祝も開いています。席を取り合うすることもありません。変な気を使わずにいくらでも使えます。ちなみに、自習室だけのコースもありますよ。というわけですから、是非、進学塾teTsuへお越しください。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り

高校入試/小5~中3/小学生英語

富雄駅東生駒駅

太陽が東から登ることをわかっていない生徒は意外に多い

 太陽が東から登り西に沈むことをちゃんと認識していない子供は意外に多いです。「そんなアホな」と思われる方が大半でしょうが、そんなアホな状態なのですよ。全ての成績が芳しくない生徒ならわからなくもないのですが、標準レベル以上の学力を保有していても、理科の苦手な女子にはこういう生徒は珍しくありません。なぜそうなるのか、先生が悪いのでしょうか…それとも生徒が悪いのでしょうか…。まあどっちも悪いとは思うのですが、実際、太陽が東から昇り西に沈むことを知らなくても日常生活に問題はないのですよ。また、それを日々の生活の中で話題にすることもありません。天気の情報も何も考えなくても簡単に手にが入りますし、そもそも日常生活で方角を意識しないですからね、それはもう無理もないわけですよ。普段から、もっと方角を意識した生活をしていれば太陽は東から登るということを覚えなくても済むのですけどね。ということはやはり教育が悪いということですよ。教育というのは学校教育だけではありません。しかし、こういうとんでもない発言をする生徒をバカにする大人がいます。先生にもいますから衝撃です。「生徒が悪い」としか思っていないのでしょうね。これについては、当然、生徒自身の問題もあるでしょうけど、大人の責任ですからね。生徒を責めることはできないですし、バカにもできませんよ。

 先日も、ある生徒が「月って地球より小さいの?知らんかった!」ということを言ったので、一瞬驚きましたが、太陽が東から登ることもわかってないのですから、当然とも言えます。いちいち驚いてるのではなくしっかりと教えてやらないといけませんし、そうならないようにあれこれ考えないといけません。

 まあ、こういうことは義務教育に従事される方と親は強く意識するべきなのですよ。部活や行事にばかり力をかけるのではなくて、根本的なことを見直すべきでしょう。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り

高校受験/小5~中3/小学生英語

新入生募集しています。

級取得が目標ではない

 入試制度の改革に伴い英語検定が注目ですが、果たして本当に学力を計れるのでしょうか?例えば3級は中学卒業程度ということになっていますが、中1・中2で英語が得意な生徒は取得できますし、中3で英語の学力はそれほど高くなくても、少し勉強すれば1学期で取れますよ。もちろん、中学生の間に準2級まで取得することもそれほど難関ではないわけですよ。しかし、2級はやはり難しいですね。高校卒業程度となっていますし、いい加減な勉強では無理ですね。

 では、4級、5級となるとどうか。ズバリ簡単です。4級は中2の内容までとなっていますが、ある程度絞り込んで勉強すれば取得できます。試験はすべてマークシーとですし4級、5級はライティング問題はないですからね。単語のスペルを覚えていなくても、英文が書けなくてもなんとななるのです。選択問題もある程度パターン化されていますし、リスニングの練習をすれば十分合格点には達します。

 ということですから、必死で英単語のスペルを暗記する必要はなく、英作文を書いて冠詞や複数形のS,ESを忘れることに悩まされるような勉強をしなくてもいいのです。そんな勉強でなんとかなるのですよ。つまり、いい加減な勉強でもなんとかなってしまうのが3級までの問題です。やはり、書くことを取り入れない勉強はごまかしがきくのです。曖昧なまま続けることができますからね。ですから、小学生や中学生が英語検定に挑戦するのは悪いことではないのですが、英語検定の問題に合わせた勉強だけをしてしまうと具合が悪いのです。いい加減な勉強で適当な勉強で級が取得できてしまうのですから、勘違いをしますし、そんないいかげんな勉強の仕方が普通だと思ってしまう可能性もありますからね。実際に英語検定を持っていても中学の定期考査で高得点は難しいです。うまく行くのは中1の1学期くらいまでですね。2学期以降は歯が立たないのです。もちろん、ちゃんとした勉強した生徒は優秀な学力を保持していますよ。私の経験では英検もっていてもその3分の2はダメな感じです。

 理想はしっかりと「書くこと」を通して単語スペルも暗記し、冠詞や複数形などの文法理解も深め、しっかりとした学習を通して学力をつけることなのです。そして、ある程度勉強してから、「英検でも試してみるか」と挑戦するようなやりかたがいいと思っています。

 英語検定協会としては受験者を増やしたいという思いがありますから、下の級はあえてそういう方針だとは思いますが、級取得だけを目的にするようなことがないようにしたいですね。大事なことは英語の力を付けることなのですからね。

 今後、小学生でも英語検定取得を売りとした塾も増えます。実際、教材業者はその方向で英語検定教材をたくさん作っていますからね。とにかく、英検取得だけを目標としたことを売り文句にするところでは学力は尽きませんので、注意しましょうね。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町1-2-11/とりみ通り

高校受験/小5~中3/小学生英語/自習室コース