teTsu

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

昭和の大スター西城秀樹

 昭和の大スター西城秀樹が亡くなり驚いています。とにかく若すぎるのですよ。63歳ですからね。まだまだいける年齢じゃないですか。その若さもありショックを隠しきれません。今の30代までの人はほとんど知らないとおもいますが。西城秀樹と言えば昭和の大スターなのですよ。まさに「スター」と言える歌手でした。背が高く男前で日本人離れした風貌は見るものを強く惹きつける力をもってましたね。また、セクシーさも魅力的だったのですよ。70年代から90年代にかけて歌手だけでなくCMやドラマと大活躍でした。もちろん、バラエティ番組にも登場し知らない人はいなかったですよね。西城秀樹が大活躍の頃、私は小学生でした。「こんなかっこよい人がいるんだ」と心の底から思いましたし、「どうあがいても自分は西城秀樹にはなれない」と思い、もやもやしたことを覚えています。

 さて、西城秀樹のヒット曲はおどろくほどたくさんありますね。「傷だらけのローラ」「ブーメランストリート」「激しい恋」「ギャランドゥ」…などいろいろあるのですが、最も素晴らしいのはやはり「ヤングマン(YMCA)」ですよね。これに異を唱える人はまずいないでしょう。いわゆる応援ソングの草分け的存在なのですよ。力強く、陽気に、わかりやすく若者を励ますこの曲に日本中が熱狂したのです。老若男女を問わず誰もが口ずさんでいた名曲です。この曲が出たのは1979年です。この曲のヒットとともに日本は80年代へと突入していったのです。この「ヤングマン」は西城秀樹を代表する曲であると同時に当時の勢いを象徴するものだったのですよ。

 天国でもヤングマンを歌い続けて欲しいです。冥福をお祈りいたします。

f:id:kuri2013:20180401233047p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

どうして、最も大切な授業がそんな適当な扱いになるか…

headlines.yahoo.co.jp

 こも件は、大きく報道されていますので、皆さんご存知だと思うのですが、全く理解できませんね。先生が足りないとか、いないとか、授業ができない…何を言っているのでしょうか…。しかも、約一カ月も…それも4クラスですよ。しかも同様のことが全国的に起きているようですね。塾生もたまに自習が続いているといったことを言ってますからね。先生がいないのは珍しくないのでしょうね。しかし、ひどすぎますよ。生徒が大人ならこんなに放置されないし、迅速に対応するでしょう。おそらく、相手が子供ということもあり後手に回っているはずです。どんな事情があっても最も大切な授業がこの扱いということは驚くほかありません。最も大切な授業がこんな風になってしまうのですから、学校の制度や構造、やり方が破綻しているということなのす。そして、その破綻したシステムで働く教員もまた麻痺しているのです。特に校長がひどいでしょうね。だからこんなでたらめなことが普通に起こるのです。もちろん、文科省も重罪です。こんな状態の学校に子供を安心して預ける気にはなれないですよね。根本的に信頼ができなくなるのですよ。日本には言論の自由があるのですから、親・保護者は声をあげるべきですね。

 

f:id:kuri2013:20180401233047p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

問題番号に〇✖をつけることはダメなことなのか...

 昨日、中1の男子生徒が授業の中で「問題番号に〇✖を付けたら、学校の先生にダメだと言われて、丸付けをやり直しさせられたんですよ。」と言ったのでたいへん驚きました。この指導には正直なところ「はっ?」と思うしかありません。中学校の先生としてはどうやら解答に〇✖を付けさせたいようなのです。もちろん、それも丸付けの一つやり方ですし、別に否定はしません。しかし、「次から問題番号ではなく、答えに〇✖をつけましょう。理由は〇〇だからです。」でいいじゃないですか。他人に迷惑の掛かるようなことをしたのでであれば厳しく注意してその場で訂正させるのはわかります。自分のワークなのですから誰に迷惑がかかるわけでもありませんし、一言注意するだけで十分ですよね。恐らく、この先生は何かの教育的効果を狙っていると思われますが、生徒が納得してなければ教育的効果を発揮させることは難しいのではないでしょうか。

 さて、正しい〇✖の付け方とはどういうやり方でしょうか。確かに番号に〇✖をつけるのは私が生徒に指導していることです。しかし、このやり方は絶対ではありません。私が指導しているのは同じ大きさの〇✖を縦に揃えてつけることなのです。一列になっていれば問題番号でも、〇✖の位置は解答箇所でもOKですし、極論は問題や解答の最後でも構わないのです。(これはさすがに不自然ですけどね…)正解と間違いが一目でわかり、正答数を数えるときに間違えないようにすることが一番の狙いなのです。もちろん、長時間勉強するときにはストレスの軽減にもなりますからね。学習効率を追求した上での方法です。実際、これができていない生徒のワークやノートはたいへん見にくいものです。どれが間違いかどうかがわかりにくく、たいへんイライラしてしまうのですよ。

 いつも思うのですが塾と学校での指導の仕方は共通の部分もありますが、異なる部分もたくさんあるのです。目指すものが違うので指導方法は異なるのは当然です。塾の方が優れている場合もあるでしょうし、学校のやり方の方が教育的なこともあるでしょう。環境によっても大きく左右されますからね。しかし、明らかに時代に合わないやり方や、非能率的なやり方、教育的効果が見られないやり方は変えて変えていきたいものです。より良いものを追求していきたいと思っています。大事にしたいのはMake the best better!です。

 

f:id:kuri2013:20180401233047p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り

定期考査 英語で高得点を取りたいのなら

英作文系問題ができるかどうか

 英語で高得点を取りたいのであれば英作文系の問題に強くなることが最も大事です。どこの中学でも英作文系の出題は多く。学校によっては問題数も多いですから相当な得点を配当されていることも珍しくありません。英語の点数がひどい生徒の多くは英作文系の問題が全くできていないのです。単純な単語の意味やスペルを答える問題はたいへん少なく、20点ほどしかありません。ほとんどは英作文系の問題と長文問題となります。英作文がきっちりできるということは単語や文法知識が身についていると言えますから長文問題にも十分対応できます。ですから、英作文系の問題を確実に取れる勉強をしなければ高得点には届かないということなのです。

 英作文と言っても様々な問題がありあす。次の6パターンがあります。 

   ①普通の英作文

 ②指示英作文

 ③場合英作文

 ④整序英作文(日本語あり)

 ⑤整序英作文(日本語なし)

 ⑥英問英答

 

一つの試験で全部の種類が出されるとは限りませんが、大体4種類は出ますよね。中でも練習で一番できるようにあるのが②ですね。「疑問文にしなさい」や「過去形にしなさい」といった指示に従うのですが、やればやるほど理解が深まります。この6種類の中では最も得点源になるでしょうね。最も困るのが③の場合英作文です。そして、これが今の流行りになっていますね。20年程前はこういう出題はなかったのです。この場合英作文は本当に難しいのですよ。

 例えば、「相手に出身地を尋ねる場合どのように言いますか」といった設定なのです。「あなたはどこの出身ですか」を英作する問題であれば、戸惑うことも引っかかることもありませんが、「相手に出身地を尋ねる場合」という具合に指示されると難易度が相当上がるのです。もちろん、上位の生徒は大丈夫ですよ。中間層の生徒くらいからこれはたいへん難易度の高い問題に見えるのです。事前に同じような問題を経験しておかないと、恐らく変なことを書いてしまうでしょうね。そして、こういった問題が10問程出る場合もありますから、注意が必要なのですよ。

 ちなみに、入試問題でも英作文は重要です。公立でも私立でも出題の仕方はことありますが、英作系の問題で合否を分けることも珍しくありません。

 あとは長文に慣れておくことですよね。教科書やワークの長文をしっかりと音読し慣れておくことが大事です。できればいろんな英文を読むのがいいのですがそれほど題材はありません。同じものでも何度も音読しておくと英文に強くなれるものです。長文では先ほどに書いた⑥の英問英答が必ず出題されますからポイントを確認しておきましょう。

見落としはないか…

 これで、かなりいい線行くはずですが、高得点を目指すならやはり教科書の隅々に目を通す必要があります。中心となるページや物語の本文だけでなく、中心から外れたところにも頻度の高い大事なところがあります。英語の教科書がNew Crownの場合「Idea Box」という囲みの部分があって、イディオムやフレーズが書いてあるのです。その部分の出題頻度がたいへん高いのですよね。特に1学期の中間考査のような試験範囲が狭いテストでは必ず出されますね。これを無視したり、適当に扱ってしまうと、確実に10点は失います。下手するとそれ以上の失点もありうるのです。

f:id:kuri2013:20180515162815j:plain

それともう一点注意すべきところが、各レッスンのGETの右隣のページにある「Speak」という欄です。短い会話になっているのですが、そこにたいへん重要な表現や英文があるのですよ。出され方は様々ですが、チェックしておいて損はありませんよね。

f:id:kuri2013:20180515162929j:plain

ここまできっちりやれば高得点間違いなしです。基本的な勉強をさっさと終えてきっちりと照準を合わせた勉強が必要なのです。やはり高得点は簡単ではないのです。でも、ここまできっちりと勉強して取った得点はちゃんとした学力として実力として定着していますから相当な価値があるのですよ。

f:id:kuri2013:20180401233047p:plain

進学塾/奈良市鳥見町/とりみ通り

自己紹介は要らんでしょ

 まもなく中間考査が行われますが、毎年のことなのですが、1学期の中間考査はテスト範囲はたいへん狭いのです。範囲が狭いということは比較的難易度も低くなりますから、高得点を狙いやすいわけです。数学も計算問題が中心ですからね。一年で最も高得点を取りやすいテストになるのです。実際に年5回の定期考査の5科目の平均点を見ていると1学期中間考査が最も高く3学期期末考査が最も低くなるのです。ですから、この1学期中間考査の得点を見ると一年の様子がだいたい想像できるのです。

 さて、試験範囲が狭いのは別に悪いとは思いませんし、得点しやすいテストもたまにはいいですよね。難しすぎて高得点を取ることができないテストばかりだと生徒のモチベーションは上がりませんし、自信を喪失しかねません。中学生は未熟ですし、できる生徒ばかりではないですから、がんばりがきっちりと反映できる難易度のテストも時には必要です。ですから、1学期の中間考査のような範囲の狭いテストは悪くありません。できれば、2学期の中間考査もそういうレベルでやって欲しいですね。

 しかし、この1学期中間考査は驚く程範囲が狭い場合があるのですよ。このペースでいけば教科書が終わらないだろうと思えるような遅さの場合があるのです。そもそも十分な数の試験問題さえ作れないかもしれないと心配することもあります。生徒に遅い理由を尋ねると、言うまでもなく一年の最初にあるいろいろな行事が原因ですよね。その中には、家庭訪問もあるのです。家庭訪問期間は授業は半日で4,5日間はありますからね。これがたいへん大きいのですよ。さらに、GWもありますからね。普通に考えると進むわけないのです。しかし、こんな状況にも関わらず「自己紹介」という謎の時間があるのですよ。どういうわけは知らないのですが、各教科の初めは必ずといっていいほど、1時間丸々自己紹介に費やしているようなのですよ。生徒全員が一人一人自己紹介するのです。自分も経験がありますけどね、この自己紹介は一体なんなのでしょうね。全否定するつもりはないですが、どの科目でもする必要はないでしょう。各クラスのホームルームの時間だけでいいじゃないですか。もちろん、先生自身が自己紹介と指導方針を説明するのは必要ですよ。それでも、10分もあれば十分ですよね。貴重な授業時間を無駄にするのはあり得ないです。でも、こういうのは学校の文化なのですよ。貴重な授業時間を自己紹介でつぶすことは問題ではないのでしょうね。このために試験範囲が狭くても、生徒の学力を計測できる問題が作れなくても気にならないのでしょうね。本当に不思議です。しかし、このロスはどこかで埋めなければならないはずです。そうなると必ず生徒の方に迷惑がかかるのですけどね。恐らく、こういうことを改善しない限り学校は良くならないでしょうね。

 

f:id:kuri2013:20180303170032p:plain

進学塾TETSU/奈良市鳥見町/とりみ通り