夏休み、忙しい塾の先生はどれくらいたいへんか

 塾の先生は夏休みはたいへん忙しい。夏休みに暇だともはや塾の先生とは言えない。そこそこ人気のある普通の先生なら朝から晩まで授業をしっぱなし、授業コマ数は一日8コマ~12コマ程度が普通。(1コマの時間にもよります)その上、質問対応もするし、宿題忘れの生徒を叱らないといけないし、保護者からの電話対応ももちろんあって、さらに、宅急便の対応さえ立て続けにこなさないといけないこともある。そして、授業のテストやプリント印刷などの準備をしたり、教材研究にもちろんそこそこ時間はかかる。そんな状況にも関わらず、授業の時に、「テストするから勉強しとけ!」啖呵を切ってしまい、そのテストを作らないといけないことになることもある。10分程度のテストなのに、ついつい気合が入ってしまい、作成に2時間ほどかけてしまったりすることもある。なんで、そこまで追い込むのかわからないが、第一線でやっている塾の先生ってこんな感じだ。だから本当に寝ている時間などない。

しかし、これでも教室や校舎移動がないとまだましだ。

 

本当に大変なのは校舎(教室)移動のある先生である。

 

大手塾の花形講師はたいてい校舎移動をして授業をする。大体、2校舎(教室)が多いだろうか、たいへんな先生は3校舎移動も珍しくないだろう。テレビの番組で、密着予備校講師の一日などというもので、「これから〇〇へ行って授業、そのあとは✖✖へ移動します」と涼しい顔をして応えている場面があったりする。それを見ている人は、「花形講師はかっこがいいな」と思うかも知れないが、本人は大変である。相当なプレッシャーの中でやっているのだ。というのも、スケジュールがギリギリなのである。ひどい場合は電車に1本乗り遅れたら次の授業に間に合わないようなスケジュールが組まれているのだから。だから、次の校舎へ移動するときに、少しでもイレギュラーのイベントが発生してしまえば、終わりなのである。例えば、チョークボックスを落としてしまったりすると悲惨。粉々に飛び散ったチョークを拾い集め掃除するのは相当な時間がかかるのだ。(経験者でないとわかりません)もちろん、誰かに任せないと仕方がないが、他の先生も忙しいので頼むのも気が引ける。もう気を遣わずにいられないので、つい、「今度ラーメンおごるから…」などと言ってしまったりすることもある。それほどこの校舎移動というのはたいへんのだ。そんな状況で一日中授業をして、帰りはもちろん終電。さすがに少しは寝ながら電車に乗りたいのだが、たいてい、電車では授業の教材研究をしている。電車の中というのは貴重な教材研究タイムなのである。不思議と集中できるしね。ほんと不思議。

 

 「夏の塾の先生はとっても忙しい」と、多くの方々から認識していただいているようですが、詳しいことはご存知ないでしょう。まあ、こういうことなのですよ。まあ、世間話のネタにでもしてください。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400

習っていないから…と言って

「習っていないからできません」と言って学校のワークに手を付けない生徒がいるのですが、塾では先にやっているので、おかしなことを言うと思って尋ねるとと、学校の先生に先に進めると怒られると言うのですよ。どうやら学校で習った直後にやらせたいようなのですよね。もちろん、学校の先生にも進め方も都合もありますからね、タイミングも大事でしょうからわからなくもありません。しかし、別に授業で解説をするわけでもないですからね。できる生徒はどんどんやっていけばいいと思うのですよ。何も一斉にlこだわることはないと思うのですけどね。それとワークはたまると面倒ですから、できるだけ早く終わらせて、やり直しに時間をかけたいのですよ。その方が学習効果は高いですからね。

 

「習ってないからダメです」と言って間違えていないのに✖にされることもありますね。随分と前ですが、中1の英語のテストで, 「No, it's not.」 と書いて✖にされた生徒がいましたね。学校は「No, it isn't.」で教えているから、「No, it's not.」はダメだということでした。何を言っているのでしょうか…理解に苦しみますね。最近はこういうことはネットがありますから、頻繁に話題になっていますね。先日も、中3の生徒が英作文の問題で「I have been studying English for three years.」が✖にされたという記事をツイッターで見かけました。中学生は現在完了進行形を学習しません。ですからすべて現在完了形で教えるのですよ。しかし、本当はstudyは動作動詞ですから、継続の意味であれば現在完了進行形を用いなければならないのです。ですからこの解答は間違いどころか大正解なのに、習っていないからと言って✖なのです。たぶんこの生徒は優秀ですよ。先に学習を進めていたのでしょうね。でも✖になってしまうとは、ショックだったでしょうね。そもそも、この継続の意味の英作問題で動作動詞を出していることに全くセンスが無いのですよ。live, know, wantなどの状態動詞にしておくべきだったのです。状態動詞は進行形にできませんからね。そうすれば、おかしなことは起きなかったのです。

 それにしても、何を目標に指導しているのかと不思議に思ことは結構あります。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

奈良市富雄/電話0742-51-6400/進学塾teTsu

アンケートの裏で起きていること

 大きな塾は生徒にアンケートを取り、品質を維持しようとしています。生徒が普段受けている授業や指導、あるいはその教室の状況を尋ねるアンケートです。「この先生の授業はわかりやすいですか?」や「この先生は信頼できますか?」といった内容の質問が10~20個ほどあるでしょうか。一年に二回か三回実施されますね。そして、その結果を集計して先生の成績や教室の評価が決められるているのです。基本的にアンケート結果は社内で公開され、トップの人は表彰されたりすることもありますね。もちろん、それだけではありません。そのアンケートの結果はそのまま先生たちの査定につながります。ですからアンケート結果が給料や出世などに大きく影響するわけですよ。ということは、昇給も減給もこのアンケートの結果が影響します。担当を外されたり、部署を変えられたり、最悪は退職を余儀なくされれることもありますね。

 普通に考えたら組織が大きくなれば、品質を維持するためには、このような手法は必要になるのはわかります。しかしですね、このアンケートが公正に厳密に行われればいいのですが、そうはいかないのですよ。このアンケートをめぐって様々なゆがみやおかしなことが起きているのです。いわゆる「不正」」が起きるのですよね。驚くかもしれませんが、事実です。もちろん一部の先生ですよ、そんなことをするのは。でも、先生ですからね、一部とは言えショックですよね、教育する立場の人なのですから。

 さて、どういった不正が起きるかというと、一つは「誘導」ですね。生徒に対して「〇〇番をマークしなさい」と誘導するのです。中学生には通用しませんけど、小学生なら何の疑問も持たずに従いますからね。そして、もう一つは「改ざん」です。文字通り、改ざんするのです。基本はマークシートですからね、特定の質問に対する回答をマークし直すのですよ。面倒くさい作業ですよ。結構、時間もかかりますからね。そしてね、それをしようと思えば、人目があってはダメですからね、他の先生が帰った後でこっそりとするのです。普段、遅くまで残らない先生が、アンケートの直後で残業しだすと、怪しいですね。(笑)

 他にも、生徒の人気をとるために、何かを与えたりする先生もいるようですし、アンケートが近づくと怒らなくなったり、授業を面白くしたりとかする先生も珍しくはないでしょうね。生徒は2週間程度の最近の印象でアンケートに答えますからね。こういうことはかなり影響はあると思います。

 一部とは言え、アンケートの背景ではこういったことが起きているのですよ。どこかの小学校でも同じようなことがあったようですね。アンケートに「信頼できない」と答えた生徒を呼び出して、書き直させたという記事を読みました。

 それにしても潔くないですよね。本当にせこいです。こんな狭量な先生に習って、スケールの大きな人間にはならないでしょうね。残念でならないです。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400

説明力の大切さ

 コミュ力にぶら下がってくる力だと思うが、説明力の高さは非常に大事だと思う。ほとんどしゃべらなくてもいい仕事もあるが、なかなかそうはいかない。どちらかというと様々な人と接触することはさけることはできない。そして、内部にも外部にも物事を説明しなければならないことはたいへん多い。新しい企画をや商品を考案したら、説明して、許可をもらわないといけないし、売るときは売るときで客に商品を説明しないといけない。説明力の高さは先生にだけ求められるものではないのである。どの仕事をするうえでも、説明力というのは必須となる。

 先日、エアコンを買うために何軒かの家電量販店をまわったが、お年寄りの客が非常に多いのが印象的だった。そして、店員がお年寄りに対して必至で説明しているのである。失礼だが、高齢の方は最新のものに対する理解力は乏しい。若者に説明するようにはいかないのである。きっちりと、シニア世代を納得させる説明力が求められるのだが、どうも様子を見ていると、店員もその認識は甘いようだ。なかなか伝わらない様子だった。あれでは、売れないだろうなと思った。日ごろからシニア世代の人と接触があれば、理解のツボも想像はつくのだろうが、意外に接触は少ないと思う。

 さて、こんな説明力はどうやって身につけることができるのだろうか…。それは、「実際に何度も説明をすること」と「優れた説明を聞くこと」である。日常生活の中で自分の思いや考え、いろいろなことを説明するということが日常的にあればいいのである。子供の頃からそういう機会が何度もあり、親に指導を受けていると、ある程度までは自然に伸びることができるだろう。「優れた説明」とはわかりやすい授業だと思う。そのようなわかりやすい説明を受け続けていれば、その説明の仕方が徐々に刷り込まれていくものだ。だから、わかりやすい授業は学力を形成するうえでも大事だが、この説明力の土台を作るうえでも非常に大事なのである。あほみたいな授業を受けていると大切な力は育たない。

 ということですから、「良い塾や先生を選びましょう」という結論に強引に持ってきます。(笑)

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/0742-51-6400

スランプのときは…

 老若男女、誰にでも、不調のときはある。何をやってもうまくいかなくて、やればやるほど逆効果で、徐々に自信を無くしてしまい、最終的に閉じこもってしまう。あらゆることが嫌になり自分は最も不幸かもしれないと思い始め、負のスパイラルから抜け出すことができなくなるときは、数年に一度、いや一年に一度くらいはあるだろうか。しかし、こういうときに閉じこもってしまったり、外部の情報を遮断したり、人との接所を断ち切ってしまうと逆効果である。むしろ、出歩き積極的にいろいろな人と関わりたい。そして、できれば普段、ほとんど行かないところ、久しく行ってないところ、随分と長く会っていない人と出会うと良い。あるいは、何か新しいものを購入するのもいい。つまり、一時的に自分の環境を変えてやるのである。そうすることで、異なった刺激があるし、自分を客観的にとらえることもできるし、新しい何かに気が付くこともできるのである。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400