TETSU JUKU

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

抜け目のない生徒の行動とは

抜け目なさとは

 できる生徒は抜け目がない、抜かりがないです。ようするにしっかりしてるわけですよ。大人顔負けの抜け目のなさには感心します。向け目がないということは機会を逸さないわけですし、つまりロスが非常に少ないということです。言い換えれば無駄がないとも言えます。或いはは無駄を有益に転化させることができる、或いは無駄を無駄のまま放置しないということでもあります。

 例えば、テスト前は提出物のワークをやらなくてはけません。結構な時間がかかりますから、試験前は学校のワークを塾に持ってくる生徒も多いです。そして、休み時間に解くのです。わずか5分でも1、2ページやそこらはできますから、うまくやれば1週間で結構進めることができます。さらに、上を行くのは、授業中の隙間時間でもワークをやる生徒がいることです。例えば、問題を早く解き終わったときなどですね(私はこれを許しています。特に中3生は基本的にこのスタイルですね。)5分でも1分でも無駄にしたくないという思いがあれば自然とできるのです。

 抜け目ないというはこのレベルです。これが当たり前になると抜け目のなさはどんどん鋭くなってきますから、自分でも新しい工夫を生み出すのです。もちろん学力も上がってくるわけです。こうなったらある意味安心です。

 他にも、こんな生徒がいます

 ある生徒(○○君)が私のところへ、プリントを貰いに来るわけです。それを見ていた別の生徒が、私のところへ来て、「○○君にあげたプリントを僕にもください」と言うわけです。(実はこの生徒と○○君はライバル関係です)これも大変大事なことです。受験勉強の狙いというのは、目標のレベルの学力を突破することにあります。でも、もう一つ大事なことはライバルに負けないことですよね。ライバルが自分と同じレベルなら目標学力に到達するだけでは喜べないのです。ですからこの感覚はものすごく大事なんです。こういう感覚も抜け目ない感覚と言えるでしょう。

 

 こんなこともあります

 自習室で質問対応をしていると、少し離れたところから視線を感じることがあります。他人の質問を全く別の生徒が遠くで聞いているです。気になる問題だったのでしょうね。これも抜け目なさですよね。別に他人が聞いてはいけないことはないですからね、(実は私はこういうことを狙って、オープンに質問対応をしているのです)周囲に気を配ればいろんな気付きもあり、得するのです。

 

夏期講習説明会は7月3日

お問い合わせは0742-51-6400まで。

 

 

進学塾TETSU/奈良市富雄/とりみ町/とりみ通り/富雄駅学園前駅東生駒駅

奈良・郡山/奈良北・一条/夏期講習/夏期特訓/小学生英語/読書/稲田塾/能開