teTsu

日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

問題番号にしるしを付けるだけで勉強の質が変わりますよ

 後で見直すために問題番号に印をつけておくと、たいへん便利なのですよね。答えが出ても、自信がないときや不安なときはありますよね。そんな問題にはちゃんとしるしをつけておいて、後で確認するのですよ。しるしがないと忘れてしまったり、もう一度全部読まないといけなくなったりするかもしれませんからね。そうなるとたいへん無駄ですよね。しるしがあるだけで、随分と楽だけでなく効率がいいのです。〇でも△でも✔でもどれでもいいのですよ。自分だけがわかる記号でいいのですよ。

 慣れてくると、もっと細かく記号を使ってもいいのですよ。

 

例えば、次のような感じです。

 ◎:先生に質問する

 〇:後で調べる

 △:もう一度考える

 ✖:後で絶対に覚える

 ◇:自信がない

 ✔:勘で答えた

 

まあ、こんな感じですよね。別に難しくも面倒でもありません。

3学期の期末考査で試してみるといいでしょう。勉強の質が一気に高まります。

ということは、学力も上がるのですよね。是非、やってみましょう。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り/富雄

高校受験/小5~中3/中学準備/冬期講習会