teTsu

日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

問題集をやることは勉強ではない

 問題集をやるのが勉強だと思っている間は、どれだけやっても力にはなりませんね。勉強は知らないことを覚え、できないことをできるようにすることですから、問題集をやるのは勉強ではなくて、むしろ勉強の準備なのですよ。問題集を解いてからできなかった問題をもう一度やり直し、できるようになること、わからなかった問題ができるようになって初めて勉強したといえます。大人からするとこの当たり前のことがわかるまで、時間がかかる生徒がいます。早いうちにわかればいいのですが、適切な指導を受けていても、なかなかわからない生徒がいます。中2に上がる前にこれがわかればいい方でしょうね。というか、中2に上がるまでにわかればむしろ成功パターンになりますけどね。

 これがわかると勉強の仕方や進め方が変わります。やりなおしや解きなおしする時間を確保するように勉強を組み立てることになりますから、ぎりぎりのスケジュールにはならなくなります。本当にこれはたいへん大きなことで、徹底できれば大幅に成績があがるのです。もちろんある程度の期間は必要ですけどね。逆に勉強時間をかけているのになかなか成績が上がらない人はここを点検すればいいでしょう。

 それにしても、いつも、偉そうに言ってますけど、学力を上げるためにやるべきことは特別なことではありません。当たり前のことなのですよ。当たり前のことをきっちりとすること。当たり前のことをより高い次元で行うこと。これにつきるのです。でも、これが面倒なのですよ。だから特別な方法や楽をすることを求めてしまい、失敗したり、中途半端になってしまうのです。この当たり前のことをきっちりとやり遂げたら、楽な方法や特別な方法の存在があるかどうかがわかります。そういうものです。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/とりみ通り

もうすぐ冬期講習が始まります。