teTsu

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

連絡帳を見るのを忘れました

 本当に政治家と生徒の言い訳には、いつも「そんなわけないやろー!」と叫びたくなります。この「連絡帳を見るのを忘れてました。」というのはその最たるものですよ。小学1年生ならまだしも、中学生にもなって連絡帳を見るのを忘れるなんてことはありえないし、また、それを正当な言い訳として当然のように言うところがまた情けないわけですよ。おそらく、学校でも家でもそんな調子で言い訳をしているわけですから、困るわけですが、問題はその言い訳を聞いた大人の対応なわけですよ。「連絡帳を見るのを忘れた」ということがいかに不自然でありえないことか、また筋の通っていないことなのかを教えてやらないといけないのです。そうでないと、一生わけのわからない、言い訳をして恥をさらすことになりますからね。政治家の言い訳など本当にいい恥さらしですからね。もちろん、中には部活に夢中になりすぎる生徒もいますよ。「あれだけ部活やっていたら勉強どころではないだろうな」と思う生徒もいます、でも、そんな状況は普通でも健全でもないですからね。あくまでも、わざわざ進学塾に通うのが前提の基準ですからね。自然と当たり前の基準はある程度に設定されるわけですよ。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu富雄