teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

筆箱が語る日本の豊かさ

 昔からいろいろな筆箱があるのだが、この筆箱をみるだけでも本当に日本の豊かさが見事に現れている。シンプルなものから複雑なものまで実に多彩だし、最近は異常に大きなものもある。中3の男子生徒が持っていたのだが、一瞬弁当箱かとと思うほどの大きさの筆箱があった。なんか筆記具だけでなく文具を一通り収納できるお道具箱的な感じなのだ。便利だとは思うのだが、どうしてもかさばるのがネックとなる。 

 一方、中1の男子はぬいぐるみ型の筆箱を持っていた。10年ほど前に一度流行したのだが、また流行りつつあるのか、定番商品になったのかは知らないが、久しぶりに見た。↓こういうタイプです。(これは実際生徒が持っていたものではありません)

f:id:kuri2013:20170910122248p:plain

なかなかかわいいが、価値は感じない。何よりも結構な値段が付いている。安いものは1000円程度だけど、有名キャラクタ者だと版権がつくので3000円以上になっている。さすがに高額と言わざるを得ない。筆箱に3000円もかけるのなら漫画を買った方がいい。

 

さて、ネットでいろいろ検索してみると、このぬいぐるみ筆箱の商品も非常に多く面白いもがあった。

このジンベイザメタイプには惹かれた。笑

f:id:kuri2013:20170910122923p:plain

 

 

笑ったのが、これ。↓イカですよ、どうやらダイオウイカのようですが。これもかわいいと言えば、かわいいけど。本当に何でもありで驚いた。

 

f:id:kuri2013:20170910123100p:plain

 

いやあ、実に豊だ、豊かすぎる。日本は豊かすぎるのだ。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/高校受験