休んだ時に大きな差が出る

塾を休んだ時

A君「休んだからできません」と言って何もせずに来る

B君「わからないので教えてください」と言って早く来る

C君「一応やってみました。少しわからないところがあります」と言って質問する

 

この3名の成績を大雑把に示すと次のようになります。

A君は偏差値50未満

B君は偏差値50台

C君は偏差値60以上

 

A君は休んだら何もしなくてもよい、できなくてもよいと思っているのですよね。暗記さえしようとしません。これでは、いつまたっても偏差値50を突破できません。

 

B君は何もしなくてもよいとは思ってないのですが、依存心が強いのですよ。けっこうやればできることも多いのですが、何もせずにすぐに尋ねます。そこが改善されれば偏差値60を突破できるのです。

 

C君はまず自分でやってみるところが立派ですよね。そして、わからないところを尋ねるのです。無駄も少なく学習の効率もいいのです。上位を目指すのであれば、これができないと無理ですね。

 

 言うまでもなく成績と考え方や行動は関連があります。できる生徒は普段の行動ができる生徒の行動なのです。成績を伸ばしたいのであれば、自分より賢い生徒の言動をしっかりと意識しましょう。いろいろなことに気が付けば、できる生徒になれるでしょう。そういうことです。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/電話0742-51-6400