teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

来ると言ってたのに来ないのはダメですよ

 自習は自由ですから、別に来ても来なくてもどっちでもいいのです。もちろん何時に来てもいいですし、何時に帰ってもかまいません。しかし、来ると言っていたのに、来ないのはダメですよね。たまにこういう生徒はいるのですが、なぜダメか?それは単純に心配するからですよ。来るはずの生徒が来ないと「何かあったのだろうか…」「事故にでもあったのだろうか…」と、普通は思うます。それが、天気の悪い日だったら一層そういう心配は強くなりますからね。何かあることなどそうそうありませんが、どんな可能性もゼロではないのですよ。交通事故の確率は思っている以上に高いですからね。心配して同然なのですよ。ですから、塾に行くことを伝えている場合は、たとえ自習であっても「行っても行かなくもいい」と勝手に思ってはいけないのです。やっぱり気が変わったのなら、別にそれはそれでいいので、連絡するべきなのですよ。遅刻のときも同様です。必要以上に心配をさせないようにしましょう。

 そして、もう一つダメなのは自分の評価が著しく下がるということですね。そりゃそうですよ。来ると言っていたのに、来ないのですから、迎える側の人間は「いい加減なやつだなあ」と評価してしまうわけですよ。一度でもこういうこことがあればマイナスの評価が下されるのに、二度三度となればマイナスの評価は覆せなくなります。知らないうちに信用を失い、大きな損をしてしまうのですよね。そして、さらに問題は本人はこの重大性に気がついていないことですね。私は他人に心配をかけることよりも、むしろこの信用面を強く生徒に訴えて指導します。一事が万事ですからね、こういう生徒は他にも信用を落とす行動が多いものですからね。

 しかし、こういう指導が実際は直ぐにわからないのですよ。何年も経ってから、成人してからこの指導を思い出し、ようやく理解するものなのですよね。まあ、そういうものです。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/電話0742-51-6400

夏期講習の申込みはまだ間に合いますよ。

お気軽にお問い合わせください。