口を滑らした大臣

 今村大臣が辞任が話題になっていますが、まさに口を滑らしたという感じがしますね。基本的に自分の頭の中にない言葉は出てくるものではありません。自分が普段考えていないことがとっさに出てくる訳がないのです。特に、人前で話すような場面では慣れていても多少は緊張はします。緊張すると、つい「地」の部分が出てしまいますからね。実際に自分もかっこ悪い言葉遣いが出てしまった経験があります。ですから、あの発言は本音なのですよ。普段から思っていることだと思いますし、多分口にしているのでしょうね。それがポロッと出てしまったのですよ。ということは、問題は、そのような発言や考え方が普段から容認されているということなのです。誰も諌めることがなく黙認されているのでしょう。それを黙認する風土があるのですよ。それも大きな問題です。残念ながら、政治家のこういった失言はたいへん多いですよね。しかし、その政治家を選んでいるのは国民ですからね。自分たちの代表がそのレベルであるのは国民のレベルもそのレベルということですよ。政治家の不祥事は糾弾されるべきですが、国民自身がどうなのかを振り返るべきだと思います。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400