読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題を予想

 あと僅かで最後の入試ですが、この時期は塾の先生の多くが入試問題を予想します。特に、ベテラン先生はの今までの出題傾向をしっかりと分析して、出そうな単元や問題を予想します。場合によっては予想問題という形で生徒に配ったりしますが、そんな予想をするのが塾の先生の楽しみでもあります。教科にもよりますが、たまに当たることはありますね。言うまでもなく、入試は当てものではないですし山をはるものではありません。きっちりと完璧に勉強して、何が出されても良いようにして臨むものですし、ずっとそれでやってきましたからね。ここまで来たらあとは神頼みになりますし、そうそう当たるわけでもないですが、問題を当てようとするのは自然なことです。しかし、この当てるためにいろいろ調べたり、考えたりするのですが、これが良い教材研究になるのですよね。ですから若い先生にはやってほしいですよね。しかし、教科による差異は大きいですから、英国は問題を当てることにはあまり適していません。それでも、毎年、私は英作文を当てようとしていますけどね。実際、何度か当てたこともあります。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/電話0742-51-6400

新入生・春期講習生を募集しています。