受験校を下げること

 直前になって受験校を下げることはたいへん辛いことである。勇気もいるし、決断力も要るし、他人の目も気になる。もちろん敗北感もあり、正直穏やかではない。直前になって受験校を下げることはその学校が不合格になったようなものである。そりゃあもう言葉にはあらわえない悔しさがある。しかし、冷静にならないといけない。自分のおかれた状況、学力状況をかんがえれば、下げるということも意味のある大切な決断なのである。悔しさはもちろん噛みしめるべきだが、むしろ、次の3年後に対する気持ちを明らかにして、自分の人生を大局的に捉えることが出来たほうが価値がある。今この瞬間だけを考えれば敗北感は漂うが、実はそうではない。むしろ、冷静な大人の選択を誇るべきだとも思う。むしろ貴重な体験として人生の肥やしにするべきだろう。

 県外私立の発表が昨日から始まっている。結果によっては公立受験校の変更も十分にありうる。毎年、様々な思いが駆け巡る時期である。しかし、とにかく冷静であること、感情的に衝動的に決めてはいけない。そんなことを学ぶときもである。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/電話0742-51-5400