teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

国語ができないと言っている生徒は・・・

 国語が苦手、国語ができないと言っている生徒の多くに見られるのが、圧倒的に勉強不足だということです。恐らく、最も軽視されている科目だと思います。下手すると、実技教科より軽視されているかもしれませんね。ですから、基本的に試験勉強のときも後回しです。国語の勉強よりも英数が大事、国語に時間をかけるのであれば社会にかけたほうが効果があるとどの生徒も思ってるでしょうね。ですから、最低限の漢字と提出物だけをなんとか仕上げてお茶を濁したような勉強が現状です。それでは得点が取れるはずがありませんよね。まあ、ほとんど勉強をしていない状況で国語ができないと決めるのはどうなんでしょうね。国語も英数と同じくらいの時間をかけてみれば必ず得点はとれます。実際にちゃんと国語で得点できている生徒はある程度の時間をかけているのです。よく言われますが、定期考査の国語はあくまでも暗記教科ですからね。大事な箇所を覚えるのですよ。「ここを問われたら、こう答える」と覚えるべきなのですよ。違和感を覚える人もいるかもしれませんが、その積み重ねが最終的に読解力や解答作成力を身につけることになるのです。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/電話0742-51-6400

現在新入生を募集しています。

お気軽にお問い合わせください。