中3になって高額になる塾

「◯◯対策講座」

「◯◯高校合格講座」

「◯◯特訓」

 このような名前をつけられた特別講座があるとまともな受験生は文句を言わずに受講します。入試が近づくにつれて親も生徒も「藁にもすがる思い」になりますらね、多少高額でもお金を払ってくれるものです。しかし、その弱みにつけこんではいけませんよね。値段に見合った授業と教材であれば、まだいいのですが、中にはひどいものもあるようですからね。まあ、こういった特別講座はね、生徒の気持ちを盛り上げる狙いもありますから、全否定はしません。合宿や特別講座でやる気が急激に上がりだす生徒も実際いますからね。また、自分の限界に挑戦したりすることも受験生には大事ですからそれなりに効果はあるのですよ。しかし、問題は中身と値段、それと頻度。親からすると、「もう少し安くてして欲しい…」「特別なことをしなくても気持ちを盛り上げて欲しい…」と言うのが本音ですよね。

 ですから大きな塾は中1中2と比べると中3はびっくりするほど高額になる塾はたいへん多いです。もちろん、まともな塾は事前に示してくれますが、それでも高いことには変わらないですからね。新車のローンを払うような額面、いや、下手すると少し安い住宅ローンの返済のようなお金が飛んでいったら驚きます。

 大手塾は建物も設備もシステムも立派ですが、それを維持するにはたいへんなコストがかかります。そんあことは言うまでもないことですが、そこまで考えないで塾を選ばれる方は意外におられます。手前味噌ですが個人塾は当然良心的なところの方が多いですよ。そんなところへ目を向けられたほうが良いと思います。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

冬期講習会はまだ間に合いますよ。

転塾の方も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

電話0742-51-6400/進学塾teTsu