最下位クラスの運営

 最上位クラスを担当するためには圧倒的な教科力が必要です。幅広い知識や鮮やかな解法をたくさんもっていないと駄目です。できれば、他教科のこともある程度心得ておいたほうがいいですし、ものを知らないと務まりません。実は多少教え方が下手でも雑でも、最上位層の生徒は勝手にえらいですから、先生がなめられない限りそれほど問題はないのです。生徒は先生の賢さを認めれば、ひょうひょうとしていても多少頼りなく感じても、ついていきます。

 一方、最下位クラスはそうはいきません。正直、それほど高い教科の知識は必要ないですが、うまい説明の仕方や生徒のレベルに応じた多彩な教え方を持たないと無理です。そして、ひょうひょうと頼りない先生はすぐにななめられますし、逆に高圧的な先生も反発を招きますから、怖いだけではダメなのです。最下位クラスを担当するには生徒と向かい合うのではなく、生徒と同じ方向を見て生徒を引っ張る力が必要なのです。つまり、リーダー的なポジシションをとることができる先生が最もうまくいくのです。ですから、最下位クラスを担当する先生にはたいへん高いレベルの力が要求されるのです。ある意味最上位クラスを担当するよりもたいへんでしょうね。そして、そういう人が最下位クラスを担当すると盛り上がり方は驚くレベルに達します。成績も最上位にはもちろんかないませんが、一つ上のクラスに肉迫するレベルにはなるのです。なによりも楽しさが尋常じゃないのも最下位クラスなのですよ。

 しかし、そんなすごい先生に最下位クラスを担当させる塾は今時ありませんね。(私がかつて勤務していた塾はそんなすごい先生がごろごろいましたけどね。)最上位クラスを最も優遇するのが複数クラスを持つ一般的な大きな進学塾のやり方ですからね。(全部ではありませんよ。大きな塾でも理想的な塾があるでしょうから)

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

 

進学塾teTsu/電話0742-51-6400

冬期講習会募集しています。

詳しくはHP↓でご確認ください。

募集要項・授業料 of 進学塾teTsu

 

奈良市/富雄/とりみ通り/高校受験