読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクエ30周年

 ドラクエが誕生して今年で30年ということらしいですね。言わずと知れたロールプレイングゲームの草分けで、一時期は社会現象にもなりましたね。このゲームが画期的だったのはロールプレイングそのものでもありますが、「落ち着いてプレイ」できるということだったのです。それまでのゲーム(インベーダーのようなゲーム)をプレイするには高い反射神経が必要でした。要するに、異常に忙しいのです。そして、たいへんしんどいのですよね。ですから、向き不向きは明らかですし、スキルが上がるのに時間も金もかかったのです。まあ、それでも多くの子供は夢中になってやってましたけどね。(私は苦手でした)しかし、このロールプレイングゲームには反射神経は不要です。スキルを求められないマイペースなゲームなのです。このゲームの登場でゲームをする層が広がりましたね。この頃からゲームは子供のものではなくなってくるのです。ですから、本当にエポックメイキングなゲーム(古い言葉ですね)の登場だったのです。

 ちなみに、30年を英語で言うと、普通は「thirty years」 ではありますが、別の表現があります。それは「generation」です。ご存知、generationとは世代と言う意味です。一世代は約30年と言われています。(親の跡を継いで子に譲るまでのほぼ30年)だからはドラクエは一世代を築いたのです。30年と数字で表現すると無味乾燥な感じがややありますが、一世代というと重みが違いますね。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町1-2-11/℡0742-51-6400