新しいNew Crownについて

 タイトルを見ると違和感があるかも知れませんが、New Crown(三省堂)というのが本の名前なので、仕方がありません。ご容赦いただきたいと思います。

 さて、先日も書きましたが、教科書が改訂されてどこがどうなったのかを、ページを繰ってみているのですが、本レッスン以外の付録部分にもいろいろな変更が見られますね。なかなか良い変更が単語を調べるページにありました。どの教科書にもある巻末のミニ英和辞典のページです。本文で使われる単語の意味が書いてあるページです。辞書を使わなくても、このページを見れば知りたい意味がすぐに見つかるのでたいへん便利ですね。多くの生徒が活用していることでしょう。そのミニ英和辞典のページに、さらに本物の辞書のように、よく似た単語の使い分けの解説が付きましたね。例えば、初期学習でよく間違える、hearとlistenやbig largeなどの違いが説明されているのです。紙面の都合上内容は十分ではないですが、これは、ありがたいですよね。(しかし、これくらいのことは、本当は辞書で確認して欲しいのですが…)

 

f:id:kuri2013:20160526160407j:plain

 他にも、BOOK3にはマイケルジャクソンの名曲、「Heal the World」が掲載されていますね。ケネディ大統領の有名な演説も掲載されていますし、巻末のリーディングのページには錦織圭の物語もあります。(でも、これは時間的に扱われないでしょうね、残念ですが…)

 改めて教科書をじっくりと見てみましたが、細部まで上手く作り込まれていますね。しかし、これを完璧に扱うとなれば、十分な授業時間が必要だと思います。現状では全く足りないと思います。そして何よりも教師のスキルも必用ですからね。せっかく良い教科書なのに宝の持ち腐れ的なところは否めませんね。勿体ないですね。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町1-2-11/℡0742-51-6400