家庭教育に求めるもの

 家庭教育はいろいろなタイプがあると思いますが、私は親子で遊んだり、一緒に過ごす時間を多く持つことが最も大事だと思っています。遊びを通して物の使い方や工夫の仕方、何よりも子供よりも上のレベルをしっかりと示してあげること、大人の観点や感覚を教えてやること、そして多くの言葉を使い語彙力を与えることが大事だと思っています。いつまでも簡単な言葉で話すのではなく、大人の言葉で話してあげるのです。もちろん、言葉によっては解説は必要です。しかし、文脈や場を理解すれば、多少難解な言葉でも理解はできるものです。そして、多くの情報を与えることです。情報を与えれば刺激となり、感情や思考につながります。何よりも、幼いころは吸収力が半端ないですからね。

 家庭教育というと、机に向って時間を決めて勉強すようなものをイメージしたり、あるいは、父の前に座らせて説教をするようなものをイメージするかもしれません。(さすがに、これはないかな…)まあ、それも教育ですよ。そういう時間も必要です。しかし、一緒に時間を過ごししっかりと話を聞かせたり、聞いてやる子ことが最も大事なことだと思います。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11

電話:0742-51-6400

中間対策真っ最中です。

テスト勉強に対するご相談承ります。

自習室生も募集しております。