プリントではなく、ノートに書きなさい

 解説や授業のポイントをテストの問題用紙や、配布されたプリントに書く生徒は多い。しかし、これはダメ。ノートに書くべきなのである。どうせ、プリントは失われてしまう。捨てられてしまうのである。大事なことが書かれていたことも忘れさられてしまうのである。まあ、再度活用される確立は極めて低い。だからプリントに書いてもダメなのである。しかし、ノートは違う。ノートならそのような扱いは受けないし、失われにくいし、保管もされやすい。プリントとは扱いが全く違うのである。だから私は度々注意をして、ノートに書かせる。それでも、ついついプリントに書いてしまっている生徒がいる。こういったことを何回も繰り返し言わないと分かってもらえないのである。地道に粘り強くやるこが一番である。ちなみに、プリントに書き込んでも、後からそのプリントを切りとり、ノートに貼りつけたりするのは良い。プリントに書いたことをもう一度ノートに書き写すのはダメである。本当に時間の無駄だ。こういうことをするのは女子に多い。

f:id:kuri2013:20160419152904j:plain

 進学塾teTsuは奈良市富雄にある進学塾です。

高校受験を突破する実力を養います。

大切なのは実力です。

 

奈良市鳥見町1丁目2-11

電話0742-51-6400