teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

ブラックジャックを読んで何を思うのか・・・

 うちの塾には手塚マンガの名作中の名作「ブラックジャック」が置いてあります。名作とは言え古いマンガですし、今の価値観とは異なる部分も多くあります。もちろん絵だって最近の美しく格好の良い絵と比べると明らかに見劣りします。内容も様々なメッセイージが込められたヒューマンドラマです。単純明解で痛快なアクションものでもギャグマンガでもありません。だから今の子供が反応するかどうかは気になっていました。しかし、生徒たちは他にも本はあるのですが、予想に反して結構ブラックジャックに手を伸ばすのです。そして、真剣にじっと読んでいるのです。だいたい、ほとんどが一話完結ものなので休み時間に読めますし、お迎えを待つ間に結構読めるのですが、放っておけばずっと読んでいるのです。尋ねてみるとどうやら面白く感じているようですね。自分の愛読書を読んで面白いと感じてもらえることはたいへん嬉しいものです。子供たちはこの名作をどこまで理解できているかは分かりませんが、名作に夢中になれることは良いことです。まともな感覚があるということです。まあ、本当に安っぽいライトノベルを読むよりは圧倒的に良いことだと思います。

f:id:kuri2013:20130618093734j:plain

奈良市鳥見町1丁目2-11

新中1募集しています。

電話0742-51-6400