teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

実力の大切さ

 昨日、公立の特色選抜の発表がありました。高倍率の割には見事な結果となりましたが、残念ながら全員合格とはいきませんでしたので、いろいろ反省をしているところです。

 さて、今回合格した生徒はほとんどが内申点が高くありません。一般的な合格者平均点を下回っています。しかし合格しました。まるで逆転満塁ホームランを打ったような結果の生徒もいました。しかも、特色選抜ですから倍率はかなり高くなります。とうことは、やっぱり実力が高いのです。内申点の低さを十分にカバーできる実力点なのです。もちろんラッキーな面も否定はできないでしょう。しかし、実力のない者には幸運は訪れないのです。現時点では実際の得点は分からないのですが、これまで塾内で実施してきている公立のテストではやっぱりその高さが現れています。

 言うまでもなく実力の高さは大事です。内申点は入試が終わると消えますが実力はそのまま残ります。高校のスタートを決めるのは実力なのです。内申点も大事ですが、そればかりにこだわった勉強ではダメです。定期考査の結果だけに一喜一憂するのではなく高校入試を突破する実力を身につけないといけません。今年の入試の結果を見て実力の大切さを再確認しました。

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

進学塾teTsuでは新入塾生・春期講習生を募集しています。

お気軽にお問い合わせください。

電話:0742-51-6400

HP:http://tetsujuku.sakura.ne.jp/index.html

近鉄富雄駅からとりみ通りを西へ約7分です。