入試の日は特別な日だけれど

 入試の日は特別ですが、試験を受けること以外は普通です。何も特別である必要はありません。というか、特別な状態をたくさん作りだしてしまうとダメなのです。ただでさえ緊張しますから、できるだけ普段と変わらない行動で済むようにしておくべきなのです。つまり、早く起きるとか、腕時計を身につけるとか、消しゴムを二つ入れて置くとか、そういうことが普段からできているべきで、入試当日も普段と同じようにするだけにしておくべきなのです。普段からそういったとがいい加減で適当にやっていると、入試当日になると大きな失敗をしてしまうのです。入試の日はただでさえ緊張しています。その上、特別なことがたくさん発生すると落ち着かなくなります。ふだん身につけない腕時計の電池が切れていたり、使い方が分からなかったりするとパニックに陥ります。そんなことで入試を失敗させてしまっては泣くに泣けません。だから、普段からちゃんとやっておきましょう。

 ということをだいぶと前から言ってるので、うちの生徒は大丈夫でしょう。

 

 さて、出願もほぼ締め切られつつあり、緊張感が高まってきました。あと僅かですが、まだまだ伸びます。上手くやればまだ5点~10点は上げられるかもしれません。絶対にあきらめてはいけません。

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

奈良市鳥見町1丁目2-11

進学塾teTsu

電話:0742-51-6400

HP:http://tetsujuku.sakura.ne.jp/index.html