厳しく怖いところ?

 ブログやチラシで堅苦しくえらそうなことを書いていると、煙たがられるというか、敬遠されるというか、きっと塾も厳しくて窮屈なところだろう、などと思われがちです。しかし、手前味噌ですが生徒はのびのびやっていますし、楽しく過ごしています。私は怖さで生徒を支配するようなやり方は好きではありません。怖さで抑えつけると運営は楽なんですが、生徒のありのままの姿が見えにくくなるので逆にやりにくいのです。何しろ面白くないですからね。もちろん、集団生活を送るうえでルールやマナーは守るべきです。教える側と教えられる側の間にも緊張感と礼節は必要です。そのあたりがきっちり理解できれば、多少は率直に物を言っても構わないと思っています。失言があればその場で指導してやればいいのです。ですから、生徒は何でもいろんなことを言ってくれます。生徒の方から情報を発信してくれますからね、ある意味楽ですね。

 ちなみに塾内にはいろんなものを掲示していますが、こんなものも貼っています。

全く勉強には関係ありませんが、掲示物一枚で息抜きができればいいですよね。

f:id:kuri2013:20160116110023j:plain

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11