日本語は難しい

 大人でもそうだが、普段の会話において間違った言葉遣いは大変多い。ましてや子供なら尚更である。特に大人と話しをしようとすると、ついつい、ちゃんと話そうとするあまり、間違った言葉遣いをしてしまうこともある。

 

 ということで、今日の午後、自習に来た中3の生徒と以下の会話をした。

 私:「〇〇君、今日は何を勉強しますか?」

生徒:「数学のワークに全く手を出していないので、まずはそれをやるつもりです。」

 私:「ちょっと待って、こういう場合は、『手を出す』のではなく『手を付ける』と言うべきです。」

 

 

 ずいぶん前のことだが、こんな会話をしたことがある。

生徒:「先生、次の土曜日、実家に帰るので、塾を休みます。」

 私:「ちょっと待って、おばあちゃんの家へ行くんでしょ?それなら、母(父)の実家というべきです。実家とうのは自分が生まれた家のことを言います。」

 この会話は生徒が確か中2だったと思う。学力も高く結構しっかりした女子生徒だった。「おばあちゃんの家」と言えばよかったのだが、ちゃんと話そうとするあまりついつい間違えてしまったのである。しかし、言葉ってそうやって覚えていくものだから、決して悪いことではない。それにしても日本語って難しいですね。

 

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

進学塾teTsu

 奈良市鳥見町1丁目2-11

 電話:0742-51-6400