テストの後

 昨日は中3に実力テストの成績表を返却した。教室では笑顔にあふれている者、厳しい表情の者、中には表情に出さない生徒もいたが、それぞれの様子が見られた。成績表が返されるといろいろな思いが駆け巡る。「あれだけがんばったのに…」「ダメだったと思ったが…」「もっとやっておくべきだった…」「次こそは…」「あともう少し…」などである。いろいろと思うことは誰にでできるが、大事なことは次の行動だ。受験生は試験の結果を見てすぐに行動するべきである。無駄にできる時間などは一切無い。結果を踏まえてこの数日以内に、できることやするべきことを考えて行動することが大事なのである。早速、先生に相談する者、質問に行く者が見られた。その行動力が今後に繋がるのである。悪かった成績をくよくよしていても始まらない。悩んでいる間にいろんなことができる。そういうものである。

 ちなみに、最近の業者実力テストの成績表は驚くほどよくできている。それなりの価格ではあるが、十分値打ちがあると思う。志望校の合格判定は当然、正答率や勉強のアドバイス、何をすれば良いかまで記されている。この充実した成績表を使いこなすことがまた大切である。成績表1枚からいろんなことが分かるし、いろんなことができるのだ。

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11

電話0742-51-6400

10月に入りました。

中間考査が近づいています。