中2に気合を入れた

 中2のお気楽さはには不安を感じることがある。もちろん、宿題もやり小テストもそれなりに点数を取るが、それほどの必死さを感じない。「普通」なのである。中2の夏休みが過ぎたということは中学生生活も折り返しているということを、何度となく伝えてはいるが、どこ吹く風である。今ここで必死でやっておかなければ塾に通う意味も失われる。定期考査ももちろん大事だけど、それ以上に大事なのが1年後の実力だ。この大事な時期にミスの絶えない中3、伸び悩む中3は、中2のこの時期に原因があるものが多い。この時期の勉強の質がじわじわと効いてくるのである。目先のテストで点数が取れればいいというものではない、定期考査が得点が取れることは大事だが、それだけでは意味がない。だから、中2もこの時期からは深い勉強を心掛けなければならない。小手先だけの勉強ではいけないのである。分かり切ったことを何度もしたり、面倒くさいことをしっかりこなし、時には難問にも挑戦するようなことが大事なのだ。

 ということも踏まえて、中2には厳しい話をしておいた。まずはこの1週間の様子をみて、必要であればもう一度厳しい話をするつもりだ。

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

さて、中間考査が近づいています。そろそろ準備が必要ですね。

このタイミングで入塾も悪くありません。是非、お問い合わせください。

 

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11

電話0742-51-6400