teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

昭和を探して

 明日香村にある、アトンおもちゃ館へ行っきた。テニスをしている人なら知らない人はいない明日香コート(明日香庭球場)の東側。本当にすぐそばである。

 さて、このおもちゃ館だが、民家なので外観はそれほどではなく、血圧にも変化はない。しかし、一歩入ると玄関ではピノキオや片手のないミラーマンが迎えてくれる。壁には古い看板もたくさん貼ってあり、いきなりただならぬ雰囲気で満ち溢れている。建物の入り口のところには大きなウルトラマンエースも立っており、本丸に入る前からワクワク感はレッドゾーンである。中に入ると、我々が子供のころ親しんだおもちゃが無数に展示してある。ブリキ、ソフビ、超合金…。なんと、天井にまでぎっしり貼り付けてあるのだ。更には、おもちゃだけでなく、当時の家電や日用品までもが所狭しと並べられている。まさか、アルミの弁当箱とか丸い水筒が見られれるとは思わなかった。

 何でもメジャーな物は簡単に時代を越えしまうので、懐かしさはむしろ感じないが、そのメジャーな物の陰に隠れたものが非常にたくさんある。そんな物と再会できる貴重な場所だと思う。

 このおもちゃ館は古い民家をそのまま利用しており、歩くと床が沈んだりするのはお約束で、古い民家と古い物が発する独特のにおいがなかなか心地よい。

まあ、短い時間だったが充実した気分だった。

f:id:kuri2013:20150913115811j:plain

f:id:kuri2013:20150913113956j:plain

f:id:kuri2013:20150913115147j:plain