宿題ができない時の言い訳

 随分と前のこと、15年ほど前だっただろうか…、ある生徒が「テキストを犬にかまれたので宿題ができませんでした。」と言ってきた。最初、なんという言い訳をするのだろうかと思ったが、本当にかまれてボロボロになったテキストを見せてもらって驚いた。本当に思いがけないことがあるものだ。ここまでは笑い話で済ませていいのだが、少し掘り下げてみよう。

 そういうわけだからこの生徒は宿題をしないで塾に来たのである。確かにこの状況では、宿題はできないが、かと言って宿題をしなくてもいいということにはならない。ある意味緊急事態なのだから誰かに相談して然るべき対応をとらなければならなかったのである。勝手な判断をしてはいけないのだ。仮にベストな判断を下せたとしても、報告して許可をとるべきなのである。中学生でこいういう対応がきっちりできる生徒は少ない。それもそのはず、教えられていないことはできないものだ。そしてある程度の精神年齢に達していないと難しい。こういうレベルの指導は家庭における教育という解釈もあるが、子供に関わる全ての大人が意識しなければならない。もちろん親が中心であるべきだが、どこか一つに押し付けるものではないと思う。

 

f:id:kuri2013:20150525134214j:plain

さて、進学塾teTsuでは夏期講習生を募集しています。

募集学年は小5~高1です。

詳しい内容はHP=TOP= 進学塾teTsu of 進学塾teTsu

お申込みは、電話0742-51-6400までお願いします。

夏期講習会説明会は7月5日です。