teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

言い訳が多い

子供は言い訳が多い。

英語に関するものであればいい訳の代表が

「リスニングわからへん」である。

しかし、リスニングの配点は10点程度、(多くても20点)

50点程度になってしまった言い訳に「リスニングわからへん」は使えない。

 

 中3になると、「関係代名詞わからへん」で逃げようとする生徒が現れる。

確かに、難しい単元である。親としても関係代名詞にいい思い出はない。

ついつい譲歩してしまいそうになる。しかし、関係代名詞の出題も10点~20点である。やはり、50点しか取れなかった理由にはならないのである。

 

 こんな感じで生徒は自分の勉強不足やダメなところを認めずに責任を転嫁する。一度言い訳を認めてしまうと、常に言い訳が続く。決して反省しなくなってしまう。と同時に常に責任を転嫁し続けることになるのだ。だから、大事なことは言い訳を聞いた時の大人の対応である。確かに、正当な理由として受け入れるべきものもたまにある。しかし、テスト後の言い訳は本当に言い訳であり、情状酌量の余地がないものが多い。そのあたりをズバット切り込まないと成長はない。言い訳を許さない大人がいれば、子供も覚悟ができるもの。一生言い訳をして生きていくことがないよう、子供の時に厳しく指導しておきたいものだ。