冠詞の重大さ

 昨日の中2には冠詞のことをしっかりと教えておいた。日本語にない冠詞は理解しにくいものだ。さらに、問題は学習者が冠詞を軽んじていることである。普通名詞の単数形にaもtheもつけないと、どういうことになるか。その重大性が分かっていないのである。だから、生徒はこの冠詞ミスを「凡ミス」というカテゴリーでくくり適当にごまかしてしまう。冠詞ミスは「凡ミス」ではない。深刻で重大なミスなのである。軽く済ませてはならないのである。昨日の授業ではその重大さがしっかりと認識できるものにした。(授業ネタは勿体ないので秘密にしておきます。)ただし、1度きりの授業で完璧にできるほど甘くはないので、今後の継続的な指導が重要なのは当然である。当分、冠詞を強く意識した授業をします。

f:id:kuri2013:20150525134214j:plain

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11

電話0742-51-6400