teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

長時間学習を継続させるコツ

 短い時間を上手に活用して学習することが大事だと先日書きましたが、今は中間テスト前なので、短い時間ではダメです。できるだけ長い時間勉強して学習量を確保しないといけません。では、どうすれば長時間持つのか?

 

長時間の学習を維持するコツは次の3点です。

 ①事前の計画

  内容が決まっていれば迷うこともなく、すぐに行動に移せます。

  決まっていないと、何をしようかと考えている間に時間を浪費し、そのうちやる気まで失うことになります。

 

 ②学習の組み合わせ

  例えば、「暗記ばっかり5時間」、「数学ばかり1日中」。こんなやり方だと脳が持ちません。単調になってしまい学習スピードは落ち、やる気も失われます。

  だから、計算などの単純な作業的な勉強、暗記、思考系の勉強をうまく組み合わせたほうが脳に対する刺激が維持されやすく、長時間維持しやすくなります。

 

 ③分からない問題の対処

  どうしても、分からない問題があるとスピードは落ちます。考えているうちに思考はとまり、無駄な時間がどんどん経過します。気が付けば、やる気さえ失っていることも珍しくありません。

  わからなければ、とばしてわかる勉強をどんどん進めること。ただの知識は答えを見てその場で覚え、説き方や考え方が分からないときは、解答の解説などをみて考えてみることです。それでも、わからないと先生に尋ねるとこです。

 

さあ、いかがですか?特にすごい技でも、裏ワザでもありません。

当たり前のことです。できる人は自然にやってることです。

 

大事なことは勉強を途切れなくすることです。

何事も一度止まると再稼働はたいへんなエネルギーが必要です。

だから、一度動いたら止まらないような仕掛けを組んでおけば良いのです。

さあ、ラストスパートですね。しっかりとやり切りましょう。

 

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

進学塾teTsu

 奈良市鳥見町1丁目2-11

 とりみ通りを西へ約400mです。