中学準備講座とは

 この時期になると、どの塾でも「中学準備講座」というものが開かれる。まだ、入塾していない新中1を狙った講座である。だいたい、こういう講座は「最初の中間考査で良い点数を取ろう!」というスローガンの下、中学内容の先取りを行うものである。教科は主に英数で、正負の数の計算、英語は教科書のコピーを持たせ、単語や英文を学習するのが定番だろう。今や別に珍しくすごくもない講座である。しかし、保護者や生徒にすればなんか気になる存在だ。出遅れるのは嫌だ…中学校の勉強ってやっぱり難しいのだろう…いろんな不安もあり、こういう講座に飛びつく人も多い。もちろん、ある程度効果はあるだろうし決して無駄ではない。

 

 しかし、基礎が不十分だと危険である。下手をすれば、その科目を嫌いになってしまう危険性もある。だから、とにかく先取り学習をすればよいというものではない。基礎基本をしっかりと固めた上で中学内容に入るべきである。毎年、新中1の様子を見ていると計算力はそれほど高くない。できる生徒でも少し複雑な計算になると見事に正答率は下がる。あるいは、割合とか速さなどの単元はかなりいい加減な状態の生徒は多い。学習しているときは理解しているように見えるが、実はそれほど分かっていない。確実に理解できるほどの問題演習をしていないのである。だから、方程式の文章題などをやり始めると、こういった問題が露呈する。教える側もその状況は想像はできているが、それでも驚きを隠せないことが多い。それが現状だ。

 だから、中学準備講座というと、中学校の学習内容をスムーズに受け入れ、確実にものにするための土台を作るものであるべきである。もちろん、限られた時間しかないので、厳しい現実はある。でも、それは「やりよう」である。2ヶ月あれば結構いろいろできるものである。

 

さて、進学塾teTsuでは

新入塾生中学準備講座生を募集しています。

HPhttp://tetsujuku.sakura.ne.jp/index.html