teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

やはり満点は大事だと思う

 小テストであっても満点は意義のあるものである。満点とそれ以下ではたとえ1点や2点差であっても世界が全く違う。満点を取るための必死な勉強と、「1点くらいミスっても平気。」という程度の中途半端な勉強では、たとえ10点満点の小テストの勉強であっても全く内容が違うのである。勉強の方法から、集中力、もちろん勉強に対する真摯な態度。どれをとっても常に満点を取る生徒のレベルは一段上に位置している。

f:id:kuri2013:20141227194001j:plain

 また、一方ではこういう見方もある。勉強は積み重ねるものである。1回のテストや1日の勉強で全てが決まるわけではなく、それだけでは、実力を測ることも不可能である。ある一定期間積み重ねたものが学力となって現れる。だから、1回1回の小テストでの得点差はあまり目立たないし、気にならないこともある。10点と8点ではその差2点である。子供の感覚からすると、「たったの2点、2問だけやん」となる。しかし、これが100回続けば、200点での差である。(本当に1教科につき3年間で100回くらいの小テストをします。)その差は歴然としている。偏差値でいえば、5以上は開くだろう。実際の志望校も1つ、下手すれば2つくらいレベルが変わるかもしれない。

 ということである。だから満点にこだわって欲しい。必死で、満点を取る努力して欲しいし、そのために自分の勉強やできれば生活も見直して欲しいのである。

 というわけで、小テストランキング掲示をまた再開することにする。楽しみだ。

 

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain

さて、進学塾teTsuでは新入塾生を募集しています。

詳しくはHPhttp://tetsujuku.sakura.ne.jp/index.htmlでご確認ください。

 新中1中学準備も始まります。

 新中3は残席僅かとなっております。

 

奈良市鳥見町1丁目2-11

 電話0742-51-6400

    とりみ通りを西へ、ピザーラさんの上、トヨタカローラさんの向いです。

 

f:id:kuri2013:20130618093734j:plain