実力をつける

 進学塾に通う目的は実力をつけることである。入試を突破する実力、高校進学後もある程度自分で勉強をやりきる実力。そんな実力をつけることが目標である。目先のテストや通知表だけが目標ではない。もっと先の大きなものに照準を合わせること。その上で今あるべき姿や実力を追求していくべきでる。確固たる実力があれば内申点も取れる。別の次元のことではない。しかし、実力をつけるにはそう安くはいかない。結構地味な努力が求められる。意外に忙しい中学生にはたいへんだろう。でも、逃げないでやりきらないいけない。だから夏休みはチャンスである。実力を鍛える大きなチャンスである。この夏に身につける実力が2学期以降の勉強を大きく左右する。

 昨日で7月が終わった。気合を入れるために中2には「実力」ということを中心に勉強の話をしておいた。夏休みも中盤である。どれだけの生徒に変化がみられるか、見守りたいところである。

 

進学塾teTsu

奈良市鳥見町1丁目2-11

電話0742-51-6400