ものを大切にすることは良いことだが・・・

 豊かな時代でなおかつ裕福な家庭の子供も多いが、意外と物を大事にする生徒は多い。公私とも良い教育がなされている証だと思う。たいへん素晴らしいことだと思う。しかし、いただけないのが「短すぎるえんぴつ」である。手の大きさにもよるが、5センチ未満になるとかなり書きづらいはず。でも、そんな短い鉛筆を大事に使っている生徒は意外に多い。それで、いい文字が書けているのであれば、構わないのだが、そうでもない場合もある。明らかに書く文字に影響が出てしまう場合は、長い鉛筆に持ち替えるべきである。そういう時は、必ず注意をするのだが、指摘されて気が付く生徒もいれば、気にしない生徒もいる。しかし、そういうことに敏感であることもできる生徒の条件だと思うので、口うるさく言うようにしている。今、理解できなくても、しばらくしてわかるようになる生徒もいる。ねばり強く言い続ければきっとわかるだろう。

 

さて、進学塾teTsuでは夏期講習募集中です。

まだ、間に合います。お電話お待ちしております。

TEL:0742-51-6400

f:id:kuri2013:20130619093320j:plain