teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

入試まで後...

本当に早い。あっという間である。

入試(奈良私立)まで100日を切っている。今日で87日前になる。どうりで寒いはずだ。今日の中3には本当に時間がないことを伝えると同時に時間の大切さを訴え、気合をいれておいた。少し緊張感も増したようだ。でも、うちの中3はすぐに忘れてしまうので油断はできない。当分、彼らにはいろななことを訴え続けて、緊張感を維持しないといけない。

 

それにしても、時の大切さを訴えることわざは本当に多い。

少し前まで「今でしょ」が大流行だったが、これに匹敵する言葉や類似の表現は本当にたくさんある。せっかくだから、今日の中3には1つだけでなくたくさんのことわざをぶつけた。以下のように10のことわざを提示した。さすがに1つだけよりも重みを感じるし、10もあれば印象的な言葉もある。どれにもひっかからない生徒はいなかったようだ。もちろん、他にももっとあるが紙面の都合でこれだけに絞った。

自分自身も改めて時の大切さを痛感した。

 

[明日の百より今日の五十]

 

[雨垂れ石を穿]

 

 

[思い立つ日が吉日]

 

[今日できる事を明日まで延ばすな]

 

[今日の一針、明日の十針]

 

[光陰矢の如]

 

[んずれば人を制す]

 

[少年老い易く学成り難し]

 

[鉄は熱いうちに打て]

 

 

[時は金なり]