teTsu

塾業界や教育業界の問題に迫ります。

ワークの答えを渡さない学校の先生

昔からですが、ワークの答えを渡さない先生のことが頻繁に聞こえてきます。実際に教えている生徒から聞く場合もありますし、ツイッターのようなSNSでも頻繁に話題になっているのですよ。統計がないのでわかりませんが、そういう先生が一向にいなくならないの…

雨の歌3曲

うっとうしい天気が続いていますが、近畿の梅雨入りははまだのようです。四国まで梅雨入りしたとのことですが、もうこんな天気なのですから、早く梅雨入り宣言すればいいのにと思っています。 基本的に雨は好ましいものではないですが、歌の一つもあれば雨を…

売れれば何でもいいのか…

「うんこ漢字ドリル」なるものが流行り随分と話題になったことが記憶に新しいと思いますが、次は「ハゲ漢字ドリル」(正式名称ではありません)が発売されたようですね。発想は「うんこ漢字ドリル」の時と同じで、「ハゲ」がテーマの問題文となっているので…

平成31年度奈良県立高校入学者選抜のお知らせが発表されました

これはたいへん大きな変更です。 なんと公立高校入試の一般選抜の試験時間が40分から50分に変わります。試験時間が長くなって難易度が下がるのはありえないですよね。ですから、次の入試からは難しくなるということです。問題数が大幅に増えるということは考…

日大の件で思うこと

連日、日大の件で大騒ぎをしていますが、本当に残念な限りです。教育に従事する立場の人間、教育を行う場が腐りきっているのですから、世間も厳しく追及するのは無理もないですよ。しかし、いつも思うのですが、最近は本当に袋叩きですよね。ネットが完全に…

appleのスペルがなかなか覚えられない人へ

何度書いても「apple」のつづりをなかなか覚えることができない生徒は多いです。二つの「p」、「l」なのか「r」なのか…発音しない最後の「e」…。実はこの「apple」は中1の生徒にとっては相当な曲者なのです。相当な苦戦を強いられる単語なのですよ。ヒットポ…

努力して結果がでないとしても経験が残る

1学期の中間考査が始まりましたね。5月末まで各中学で中間考査は続きます。中1は初めての定期考査ですから、何かと不安でしょうが思い切りやりましょう。失敗を恐れていては何もできませんし、多少、点数が悪くてもいくらでもやり直しはできますから、自信を…

面倒くさがらずに調べればいいのですよ

I cannot help laughing at her./私は彼女を笑わずにはいられない。 「cannot help ~ing」で「~せずにいられない」となる有名なイディオムがあります。高1で動名詞を学習するときに必ず習います。頻出なので覚えさせられます。(動名詞の部分はbut原形とし…

昭和の大スター西城秀樹

昭和の大スター西城秀樹が亡くなり驚いています。とにかく若すぎるのですよ。63歳ですからね。まだまだいける年齢じゃないですか。その若さもありショックを隠しきれません。今の30代までの人はほとんど知らないとおもいますが。西城秀樹と言えば昭和の大ス…

どうして、最も大切な授業がそんな適当な扱いになるか…

headlines.yahoo.co.jp こも件は、大きく報道されていますので、皆さんご存知だと思うのですが、全く理解できませんね。先生が足りないとか、いないとか、授業ができない…何を言っているのでしょうか…。しかも、約一カ月も…それも4クラスですよ。しかも同様…

問題番号に〇✖をつけることはダメなことなのか...

昨日、中1の男子生徒が授業の中で「問題番号に〇✖を付けたら、学校の先生にダメだと言われて、丸付けをやり直しさせられたんですよ。」と言ったのでたいへん驚きました。この指導には正直なところ「はっ?」と思うしかありません。中学校の先生としてはどう…

定期考査 英語で高得点を取りたいのなら

英作文系問題ができるかどうか 英語で高得点を取りたいのであれば英作文系の問題に強くなることが最も大事です。どこの中学でも英作文系の出題は多く。学校によっては問題数も多いですから相当な得点を配当されていることも珍しくありません。英語の点数がひ…

自己紹介は要らんでしょ

まもなく中間考査が行われますが、毎年のことなのですが、1学期の中間考査はテスト範囲はたいへん狭いのです。範囲が狭いということは比較的難易度も低くなりますから、高得点を狙いやすいわけです。数学も計算問題が中心ですからね。一年で最も高得点を取り…

「すごい」だけじゃね…

誰しも、褒められるとうれしいものですが、「上手」「すごい」「さすが」…大人も子供もほとんどの人がこういう言葉で褒めていると思います。しかし、こういうありきたりの言葉で褒められても…と思うこともありますよね。もちろん、その時の言い方が大切なの…

やっぱりMAJORを見るとやる気がでる

GWはひたすら映画を見て過ごしたのですが、Amazonプライムビデオに野球アニメの名作「MAJOR」があったので、久しぶりに見てみたら、止まらくなってしまい、第二シリーズ26話を一気に見てしまいました。今は第3シリーズを見ているところです。皆さんもご存知…

自宅の場所をきっちり説明できる子供は生きる力を持っている

先日、小6の生徒に自宅の場所を説明させてみました。数秒間、考えたあと説明をしてくれたのですが、なかなか上手く説明してくれたので嬉しくなりました。学力は当然大事ですが、様々なことを相手にわかりやすく説明する力は文科省がよく言う「生きる力」の一…

最強のパワーワード「gorilla」

「gorilla/ゴリラ」という単語は小学生に英語を教えているとちょこちょこ登場します。 別に珍しくもなんともない単語ですが、実はすごいパワーワードなのですよ。この単語が出てくるだけで生徒たちは笑うのです。フラッシュカードなどにイラストが描いてあ…

「Let It Be」は教養の一部

先日、高校生に使役動詞を教えていたときに、ビートルズの代表曲の「Let It Be」を知っているかどうかを尋ねたのですが、反応はいま一つで、「聞いたことあるような、なような…」「たぶん聞いたらわかるかもしれない...」という様子でした。それならば、聞か…

小学生の頃はできたのに…

小学生の頃はできたのにどうしたのだろうか…。小学生の時は全然心配しなかったのに…どうして。と思われる保護者の方はこれからどんどん現れると思います。中間・期末とテストが行われるたびに点数を見ては驚き、そして戸惑います。 問題はどこにあるのでしょ…

鉛筆かシャーペンかで思うこと

シャーペンよりも鉛筆の方が脳に対しの刺激が良いとはずいぶん昔から言われているのです。私が子供の頃には既に言われていたので、確実に一世代以上前のことなのですよ。しかし、これは本当でしょうか?私はこういうことに常に懐疑的なのです。なぜか、と言…

塾ならばカリキュラムが終わらないのは大問題

意外に多いカリキュラムが終わらないということ 中1・中2の場合、1学期の始めの方の授業内容は前学年で消化しきれなかった単元を扱っているようなことが意外にあります。特に理科が多いような気がしますね。たまに、英語でもありますね。社会は地理・歴史を…

優秀な人を認めることができる人は学びの姿勢ができている

自分よりもできる人を見たとき、特に自分よりはるかに上回る場合だと、二つの評価があります。ひとつは、素直に「えらいなあ、素晴らしい」という肯定的なもの。そしてもう一つは「おかしいよね」という否定的なものです。あまりにも失敗することなく常に高…

アニメの教育力は侮れない

先日、といってもだいぶと前ですが、アニメ「プリキュア」を少し見てみました。見るつもりはなかったのですが、居間へ入ったときにテレビに映っていたのです。「プリキュアってまだやっていたのか、人気やな」などと思って画面を見てました。ちょうど主人公…

そんなことがよく言えますよね

今朝から100マス計算でお馴染みの影山先生のツイートを見て驚いたのです。そのツイートがこれです。 影山先生のツイート *************************************** 学校にお願いをして、漢字の定着調査をしてもらう…

教育は「北風と太陽」

「北風と太陽」~wikiより あるとき、北風と太陽が力比べをしようとする。そこで、旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負をする。 まず、北風が力いっぱい吹いて上着を吹き飛ばそうとする。しかし寒さを嫌った旅人が上着をしっかり押さえてしまい…

みやぞんの言葉

コメディアンのみやぞんの言葉がネットで話題になっており、大反響ですね。ツイッターにも流れてきました。その言葉は「自分の機嫌は自分で取って、人に取ってもらおうとしない」というものです。なるほど、その通りですよね。大人であれば、この言葉を多く…

自宅までの地図を毎年提出するのは謎すぎる

小中学校では、毎年、春先には決まった提出物があります。それは自宅と学校間の略地図です。通学路の把握が目的でしょうか、それとも家庭訪問のために使うのでしょうか…。通学路の把握はたいへん重要なことです。登下校時に、万一何かがあれば通学路を中心に…

親にはことわざや慣用句を使って欲しい

「足が棒になる」や「目から火が出る」のような慣用表現はたくさんあり、それらを用いることで的確に情報を伝えることができますし、また会話を楽しくすることさえできるので、たくさん知っていると何かといいのですが、このレベルの慣用表現を知らない子供…

朝課外に関して

部活問題に似ている 最近、九州全域に見られる公立高校の「朝課外」が話題になっています。ゼロ時間目とも言われており、正規の授業の前に一コマを設けて勉強する時間を確保するものであるようです。7時30分からの45分間がその時間になっているようですね。…

自分の価値を上げようとしたことで価値が下がるとは…

有名な人や実力のある人との関係をアピールすることで、自分の価値を高めようとするのは誰にでもあることだと思いますので、全否定はしません。しかし、過剰にアピールする人や、これ見よがしに自慢されるといい気はしませんし、むしろ、不快感さえ与え、下…