読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合格点を尋ねるのはダメ

確認テストは基本だから満点合格が基本となりますが、私は確認テストでもかなりのレベルや量を課すことがありますので、必ずしも満点合格とは限りません。9割程度で合格にすることがありますね。それであっても確認テストですから、満点を目指して目指して…

折り鶴を折らせてみた

ふと、折り紙が折れることと学力には関係があるのかどうかが気になりましたので、先日、小6に折り鶴を折らせてみました。残念ながら折り方が分からない生徒が2名いましたが、他の生徒は折り鶴が完成しました。当初、気にしていた学力との関係はわかりませ…

「これ」と「あれ」の違い

先日の小6の英語の授業で生徒に「これ」と「あれ」に違いは何かと尋ねると、なんと「これは自分の物で、あれは他人のもの」という予想外の返答が返ってきてびっくりもしましたが、結構面白くて笑ってしまいました。しかし、分からなくもありません。この回…

奈良私立入試まであと二週間…

あと二週間で奈良私立高校の入試です。まさに、ラストスパートの時期ですが、何よりも大事なことは体をこわさないことですね。できる予防はきっちりとして、極端に無理はせず、今までのペースをきっちりち守ることが何よりも大事なのです。もちろん、学習の…

君の名は…、お前の名前は…、おれの名を言ってみろ…

昨日の休み時間に、中2生の間で「君の名は」が話題になっており塾生たちが楽しそうに会話をしていました。その前の日には千と千尋の神隠しがテレビで放映されており、これもまた「名前」が鍵を握る物語でした。「千尋というのかい、贅沢な名前だね。今からお…

部屋に入ってるからといって

「部屋に入っている=勉強している」 これが成立するのは一部の生徒だけです。おおむね上位層のまじめな生徒が中心ですね。もちろん成績が芳しくなくてもまじめな生徒はいますから、上位層だけではないですが、一部の生徒であることには違いありません。 大…

メーカー名などどうでもいいか・・・

今日、発覚したのですが、なんと小学生はプレステーションを作っているメーカーの名前を知らなかったのです。SONYも昔ほどの勢いはないですけど、世界企業のSONYですよ。本当に驚きましたね。更にいろいろ確認してみると、家にある家電のメーカー名も知らな…

辞めるのがたいへんな塾もあります。

レベルの高い進学塾は入るのがたいへんです。たいへん難しい入塾テストありますからね。入りたくてもその試験に合格しないと入れないのですよ。一方、辞めるのが困難な塾もありますね。退塾の意思を伝えると何度も説得されてなかなか辞めれないということも…

内申点にまつわる都市伝説…信じるか信じないかはあなた次第

「部活動をしていると内申点に有利である」といった都市伝説を信じている人とたまに出会います。誰から聞いたのか、どこかに書いてあったかは知りませんが、不安を感じておられるようですね。基本的には都市伝説つまり嘘ですから、部活をやっているやってい…

社会科ができるかどうか

社会ができる生徒の中には普段から勉強している人が多いです。これは、普段から教科書を開いているというわけではありません。日常生活そのものが学びなのです。だいたい、女子よりも男子の方が社会ができる生徒が多くなりますが、興味の方向性が全く違いま…

雪が降ると…

奈良盆地ではほとんど雪が降らないので、大人でも少しワクワク、ドキドキな気分があるものです。実際に積もったら大変ですが、「積もって欲しいなあ」なんて思う人も少なくありません。普段とは違う景色を見たいのですよね。大人でもそうですから子供はもう…

昨夜の雪と危機管理

昨夜は雪が降ったので、念のため居残りは止めて授業終了と共に生徒を全員返した。事前に残ることを約束していた生徒もいたが、状況を説明して納得してもらった。授業が終わった時点では雪はやんでいたが、道路の凍結という危険が待っている。こんな日に生徒…

「漢字が苦手」は漢字が苦手だけでは済まない

小学生の間は多少漢字が苦手でもなんとかごまかしは効きますが、中学生以上になると、漢字が苦手、漢字ができないと、学力全体に大きな影響が出てきます。新しい学習内容の理解や定着がたいへん困難になるものです。特に、社会や理科では苦労するでしょう。…

国語ができないと言っている生徒は・・・

国語が苦手、国語ができないと言っている生徒の多くに見られるのが、圧倒的に勉強不足だということです。恐らく、最も軽視されている科目だと思います。下手すると、実技教科より軽視されているかもしれませんね。ですから、基本的に試験勉強のときも後回し…

攻略本でもしっかりと読めば…

最近のゲーム事情には疎いので、なんとも言い難いのですが、かつてはゲームを最後までやりきるためには、「攻略本」というものが必要でした。特にロールプレイングゲームでは当たり前でしたね。それほど、ストーリーやシステムそのものも複雑だったのですが…

奈良私立入試まであと30日…

今日で30日、明日で29日…まさにカウントダウンですね。30日が過ぎると日が過ぎるのを益々早く感じますね。 「30日しかない」と思って焦るのではなく、「まだ30日もある」と思ってこの30日間の作戦を立てなければなりません。そして、「この30…

英語がまずくなってきたら…

英語がわからななくなった人を救うことはそれほど簡単ではありません。いくつかアドバイスをする程度ではどうにもなりません。基本的に独学で克服するのはほぼ不可能ですからね。だれかに指導してもらわないと基本的に無理なのです。ですから、英語で躓き始…

理科が苦手な生徒にみられること

理科が苦手は生徒は多いですが、苦手な生徒にはだいたい以下のように点は見られます。これが全部揃ってしまうとまともな点数が取れません。逆にこの8点をしっかりできれば理科が得意とまではいかんくても、いい線にはいけるでしょう。 理科が苦手な生徒に見…

プリント学習教室による先取り学習は是か非か

本当にどこにでもあるのが、コンビニとプリント学習教室ですね。普通の塾はある程度駅周辺に多いですが、このプリント学習教室は住宅地のど真ん中にありますからね。それも驚くほどの数ですよ。インターネットで検索すると本当におどろくほど出てきます。こ…

あけましておめでとうございます。

2017年がスタートしました。本年もよろしくお願い致します。 当たり前のように新しい年はやって来ますが、ちゃんと迎えられることは当たり前ではありません。2017年も無事迎えることができたことに喜びを感じております。これも皆様方のお陰でござい…

こんなんひっかけ問題や!

自分ができなかった問題に対して「こんなんひっかけ問題や」という生徒は多いですね。そして、そのあとに続く言葉は「先生はずるい、せこい…」という具合です。そして、実際には言いいませんが、『僕は悪くない。引っ掛けるほうが悪いんだ…』という言葉が生…

2016年の授業も終わり

本日で今年の授業は終わりです。ついこの間2学期の中間対策が始まったと思っていたところだったのですが、気がつけば年末です。どたばたと本当に早いものですが、毎年そんな感じで2学期が過ぎ去ります。そして、正月休みが過ぎると入試が始まりますから、…

意識の高い生徒

クリスマスプレゼントに電子辞書をもらった生徒が何名かいるのですが、大喜びなのですよ。電子辞書をもらって喜ぶ小学生、中学生って意識高いですよね。本当にすごいことですよ。その喜んでいる様子を見ていると私も嬉しくなってきます。そして、電子辞書を…

折り紙を折らせたい

プリントをきっちりと折れない生徒は結構見かけます。特に男子ですね。そういう生徒は全体的に雑で、文字も乱雑、言うまでもなく成績も普通またはそれ以下であることが、珍しくありません。ちょっとしたことが面倒に思うのですよね。プリントの角を合わせて…

Easy come easy go.

www.youtube.com 随分と昔の歌ですが、当時は大流行でしたね。この年齢になるとこの歌詞の理解も深まってきます。ご存知の通り、Easy come easy go.とは「悪銭身につかず」訳すのが一般的ですが、なるほどって感じがしますよね。「悪銭身につかず」は不正に…

クリスマスプレゼントについて

いいですよね。プレゼントを貰える子供は幸せですよね。一年のうちでは最も楽しみにしている日の一つでしょうね。しかし、実は親の方も幸せですよね。愛するものにプレゼントを贈れることほど嬉しいことはないですからね。親は子供の笑顔が見たいですし、喜…

英数の先生が揃っている塾ってそれほど無い

意外に英数の先生が安心できる塾は無いかもしれませんね。英語か数学どちらかは安心だけど、もう一方はイマイチというのは多いと思います。下手すると担任は社会で英数は両方共ダメというケースもあるかもしれませんが、こうなると詐欺に近いですね。また、…

高校へ行ったら一人で勉強ができる生徒になって欲しい

標題のように思って小学生・中学生を教えている塾の先生は多いですね。高校生になったら先生に頼らなくても、わからないことは自分で調べて、参考書もしっかりと読み、試験前には計画をしっかり立てて、ノートも美しく、答え合わせもちゃんとして、何度も反…

サンタコスチュームは要らない

この時期は店に入ればクリスマス飾りがあり、クリスマスソングが流れ、店員もサンタコスチュームで接客するのが当たり前になっていますね。確かにクリスマスムードは高まりますけどね。サンタコスチュームは不要だと思います。正直似合っていない人もいます…

中3になって高額になる塾

「◯◯対策講座」 「◯◯高校合格講座」 「◯◯特訓」 このような名前をつけられた特別講座があるとまともな受験生は文句を言わずに受講します。入試が近づくにつれて親も生徒も「藁にもすがる思い」になりますらね、多少高額でもお金を払ってくれるものです。しか…

あと一ヶ月欲しい…

入試が近づいてくると「もっと時間が欲しい」と思うのは当然のことですよね。どんどん不安が大きくなりますし、「あれもこれも…」と思うようになるものです。そして、入試2週間~10日前くらい前になると、「あと一ヶ月あれば…」と思うでしょうね。しかし…

All3で諦めてはいけない!

どれだけ頑張っても通知表の評価に「3」がつき続くとやる気も落ちるものです。特にALL3だとホンマに力が抜けますし、高校進学について絶望的になってしまいがちです。そして、早いタイミングつまり中1や中2で勉強に力が入らなくなり部活に傾いてしまう生…

通知表の3の範囲について

中学校の通知表はご存知のように5段階絶対評価です。絶対評価ですから基準を満たせば相応の評価がいただけます。相対評価の時代はどれだけ頑張ってもふさわしい評価を得られない状態だったのですが、それよりは随分と改善されています。しかし、気になるの…

650記事突破!

なんとこのブログも650記事を突破しました!(盛り上がってるのは本人だけですが…)本当に、どうでもいいことからどうでも良いことまでダラダラと書き綴ってます。おそらく、廃刊寸前の不人気雑誌のコラム程度の読み応えはあると思っているんですが、少し…

質問の順番が回ってこない…

これから入試が終わるまでは生徒の質問数が驚くほど増えます。赤本を始めると難易度が上がるので、当然のことであります。というのも、赤本の解説は適当過ぎるからどうしても先生に頼らなければならないのです。 さて、それはいいのですが、大きな塾ではこの…

答えをなくしてしまう生徒から思うこと

問題集には普通、別冊解答がついていますが、答え合わせをした後、その別冊解答を元に戻せない生徒がいます。元に戻すとはその問題集に挟み込んでおくということで、極めて単純でなんでもないことなのですが、どうしてもできない生徒がいるのです。そして、…

冬期講習生募集中です。

現在、進学塾teTsuでは、冬期講習生を募集しています。一緒に頑張れる仲間を募集しています。冬休みはそれほど長くないですから、大したことが出来ないかもしれませんが、ほんのちょっとしたことがきっかけで勉強に対する考え方が変わるかもしれませんし、や…

質問力の高さと質問する意味

できる人は大人も子どもも質問力が高い。質問力が高いというのは、質問をする回数が多いだけではなく、質問が上手であるということ、また、的確な質問ができるということである。だいたい、下手な生徒は「先生、質問があります」と言ってやってくるのまでは…

I was born to love youを授業で聞く

不定詞の学習をするとき、あの名曲、クイーンの「I was born to love you」を聞かせたくなる英語の先生のほとんどがオーバー40であることは言うまでもない。私もこの曲は好きだから、よく生徒に紹介してやる。しかし、正直たいした内容の歌ではない。という…

面白い問題

中1のWinPassという塾用の教材に収録されている問題です。 これが、初見ではなかなか難しいのです。しかし、求められる解答は大したレベルではありません。 次の2つの英文がほぼ同じ内容になるように( )に適する語を書きなさい。 He is her son. She is …

親子間で勉強を教えるのは良くないのか…

まあ、親子で勉強を教えるとろくなことはありません。どうしてもお互いが感情的になってしまいますからね。ついつい言ってはいけない言葉を言ってしまったり、誰かと比較してしまったり、それを聞いた子どもがまた腹を立てて、言うことを効かなくなったりし…

なんか余裕ない大きな進学塾

なんか大きな進学塾って余裕がないのですよね。特に最上位を目指すような塾はそれが顕著です。いろんなことがきっちりと決められているのは、安心感があるように思えるのですが裏を返せば余裕がないのです。融通が利かないのですよね。あらゆことが目標の合…

クリスマスは嫌いですが、クリスマスソングは好きです。

気がつけば12月に入っており、世間はクリスマスモードですね。塾の先生にとってこの時期は、仕事の忙しさと世間の浮かれ具合が対極にあるのでどうしても好きになれません。家族とゆっくりとクリスマスを過ごした記憶は無いですね。というかこの時期はほと…

生徒は本当に忙しいのか…

宿題を忘れた生徒に、理由を尋ねると「忙しくてできませんでした」という返答がたまにあります。中には厳しい部活に所属している生徒もますが、わずか30分程度の宿題が出来ないほど忙しいなどありえませんよね。また、「忙しい」とはどういうレベルなのか…

塾のカリキュラム

大きな塾は達成別の複数クラスを持っています。レベルに合わせてカリキュラムも教材もテストも変えるべきなのですが、実際はそんな煩雑なことはできません。また、クラスを上げ下げするためには全員が同じ勉強をしないといけないのです。別の教材やカリキュ…

時事問題と校長のあり方について

定期考査で時事問題が出題されるのは今に始まったことではないですが、定期考査の性格を考えたら、時事問題の出題は不適切ではないかと思います。授業で十分に扱っていれば良いのですが、何の指導もなしに出題するのでニュース番組を見たり新聞を読むように…

塾の教材について

ほとんどの塾は塾専用教材を使っています。これがまたよくできていて、市販のものとは全く違いますね。何が違うかというと、問題数の多さと解説の充実ですね。また、経験のない先生でもある程度の授業の質が維持できるようになっていますら、本当にすごいで…

形容詞は名詞を修飾、副詞は名詞以外を修飾する

「形容詞は名詞を修飾、副詞は名詞以外を修飾する」という名フレーズがある。今やどの先生でも使うようになったので、業界的には新鮮味が薄れてきた。それにしても、これは見事に本質を突いた美しいフレーズである。こういう言い回しが自然に出ると「おっ、…

1+1=?

実は1+1の答えは実はいろいろあって、人によって違うものです。 だいたい、以下のようになるでしょうか。 ・1+1=2:普通の生徒 ・1+1=2くらい:一部のできない生徒 ・1+1=本当に2なのか?:だいぶと賢い生徒 ・1+1=2以上:敏腕のビジ…

教師の犯罪

残念ながら、教師の犯罪が跡を絶たない。本当に頻繁にニュースを賑わせる、特にセクハラや児童ポルノに関する事件が多いような気がする。これだけ、頻繁に起きるということは何かがおかしいのである。然るべき責任のある人間はそれに気がついているだろうか……